今注目のニュース
「海に行きたかったエビフライ…」 麦わら帽に浮き輪姿で窓の外を眺める“エビフライ”の哀愁漂う姿に注目集まる
これは……一酸化二水素!? 劇薬風デザインの「事実しか書いてない水筒」がネットで販売中
「やっぱり田舎感が否めない」 建設中のスタバを見て肩を落としたワケとは

徳川光圀単語

トクガワミツクニ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

概要

寛永5年(1628)~元13年(1700)。第2代水戸水戸黄門と知られる人物。謚は義

水戸初代徳川頼房の子として産まれる(次男説と三男説あり)。に頼重がいたが、頼重は尾・紀州に跡継ぎがいないうちに産まれたため遠慮した頼房は頼重を後継者とせず尾・紀州に後継者が産まれた後に産まれたを後継者とすることにした。

若い頃の問題児であった。小かうという小うるさい世話役がいたが、ある日が降ったので「ふるがおしろいならば手にためて小かうが顔にぬりたくぞある」という歌で仕返しをしたりしていた。しかし十代後半に史記で伯夷・叔斉がの跡を譲り合うという逸話を読んで感動して心を入れかえ、督を継承してから「大日本史」の編纂を臣・佐々十・安積澹泊などの臣らと共に始める。十は史料収集、澹泊は編纂に大きく貢献した。佐々十先各地で何度か騒動を起こしたらしく、これが水戸黄門漫遊記を産んだ元とも言われる(佐々十→助さん、安積澹泊→格さん)。

自分がを差し置いて督を継いだことについてはかなり遠慮していたようで、自分に男子が産まれたときには「にせよ(殺せ)」と命するほどだった。この時は臣が従わなかった上に、それを知った・頼重がその子を養子に引き取ると言いだしたため殺す理由がなくなり結局子の命は救われた。後に讃岐高松となった頼常である。は代わりに頼重の子を養子にして水戸を継がせた。

徳川綱吉将軍就任に協したものの、諸政策全てに賛同したわけでもなく、生類哀れみに反発して綱吉への毛皮を献上したこともあった。

の死とほぼ同時期に佐渡金山が枯渇したことから「が下 二つの宝 つきはてぬ 佐渡金山 水戸門」と歌われるほど惜しまれた。

水戸学は(斉昭に大きく変されていたが)幕末の尊王攘夷思想にも大きなを与えた。

うどんとラーメン

客人が来るとよく自らうどんを打っていたという。明より亡命した儒学者、朱にもふるまったところ、朱はお礼にラーメンを作った。これが日本へのラーメン伝来とされている。

関連商品

関連項目

 

この記事を編集する

掲示板

  • 17ななしのよっしん

    2015/09/07(月) 20:56:45 ID: bq+ZRq7tBw

    アホ斉昭によるDQN水戸学の風評被害

  • 18ななしのよっしん

    2017/05/03(水) 19:35:28 ID: fJSx0zNeCN

    水戸江戸地理的にも近いし街道も整ってるから、やろうと思えば一日で農民は逃散、士は
    が出来る。つまり、騒乱が起きれば幕末のように簡単に江戸に波及してしまう地勢。

    斉昭期ほどではなかったことを考えると、そこまでの圧政ではなかったのではないかと…。

  • 19ななしのよっしん

    2018/06/30(土) 22:51:20 ID: H3m7hErkH/

    圧政が「あった」という事にしたい人はいるかもね

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/15(土) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/15(土) 17:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP