徳川秀忠単語

トクガワヒデタダ

2.4千文字の記事
掲示板をみる(247)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

徳川秀忠とは、(とくがわひでただ 1579-1632)は、戦国時代の武将で、徳幕府二代将軍。もっと評価されるべき人物である。

概要

1579年、徳川家康の三男として生まれる。母親はおの方(西郷局)。幼名は長丸(長とも)。

松平信康)は謀叛のかどにより1579年に切腹、次結城秀康)は豊臣へ養子へ行っていたため実質的な世継ぎとして扱われた。(しかし家康は迷っていた部分もあったらしく、譜代の臣らに「世継ぎはが相応しいか」と尋ねたりしている。この時秀忠を推したのは大久保忠隣だけだった)

関ヶ原の際には、榊原康政本多正信土井利勝大久保忠隣などのそうそうたる面々の軍を与えられるも、真田昌幸・信繁(幸村)らの上田城攻めに手間取り、関ヶ原本戦に5日も遅参してしまった。家康激怒し、しばらくの間秀忠と対面することも許さなかったという。

関ヶ原に勝ったが幕府を開くと、その2年後には征夷大将軍に就任し、27歳で徳代将軍となる。が、元和二年(1616)に家康が亡くなるまでは家康が実質的な権を握っており「大御所政治」と呼ばれた。

慶長十九年(1614)に大坂の陣が起こると、今度こそ遅参すまいと全速で軍を大坂に急がせたため、逆に家康に叱責を受けた。秀忠は関ヶ原での恥をごうと考えており、強気な策を献策したが、その意見が容れられることはなかった様子。

大坂の陣が終わり、家康が死ぬと、今度こそ自身で政務を行う。武諸法度を制定し、大名・公家ともに取り締まり、江戸世界有数の都市になる礎を作った。
元和九年(1623)にはに倣って隠居し、嫡男・征夷大将軍とした。しかし幕府内での権は持ち続け、「大御所政治」を行っており、寛永三年(1626)には後水尾天皇二条に行幸させることに成功。しかしこの上中に正室・お江江与)が死去している。

寛永九年(1632)、江戸城西の丸にて死去。享年53。

評価

上記の通り関ヶ原に遅参したこと、生涯を通して大した武勲を挙げたことがないこと、恐妻家であったこと、父親が偉大すぎることなどから、とかく地味で、あまり注されることのい人物である。
が、公家諸法度・武諸法度を制定し、(家康には出来なかった)豊臣恩顧の大名を次々に易して幕府の基盤を固めたことは評価すべき点であり、決して「バカ息子」ではない。むしろ偉大すぎる父親に追いつこうとクソに頑っていたらしく、そんな点に人間らしさを感じたりする。

あまり知られていないが、実は家族関係の苦労がかなり多い。

そんな中でもめげずに頑った秀忠は、もう少し評価されるべきである。

そもそも今日秀忠の武将としての評価を貶める根拠となっている関ヶ原の遅参自体も、一概には秀忠の武将としての評価を落とすものとはいえない。

第一に、秀忠が上田城を攻めた期間はわずか3日である。西軍に対して慣れない2000足らずで2週間保った鳥居元忠をはじめ、細川幽斎京極高次の例をとっても籠側が3日間優位を保つのは当たり前である。

第二に、それでも幸は秀忠を素通りさせず上田に足止めさせたかもしれない。だがそれも家康上田城攻めを示していたともいわれているし、そもそも上田で足止めされていても、氾濫による使者の到着や行軍の遅れがければ秀忠に責任が帰される潮もかっただろう。

つまり秀忠は武将としても決して無能ではないのである。秀忠

子女

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/20(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/20(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP