徳間書店単語

トクマショテン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(38)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

株式会社徳間書店とは、日本の出版社。

概要

1954年に芸やゴシップ記事をに取り上げる『アサヒ芸』を発行するために創業した「東西芸出版社」をルーツとする企業。元々は出版社ではなく新聞社であった。
だが、その後に出した一般が商業的に失敗してしまい経営難に陥る。一度会社をもうとしたものの、その際に創業者の知人であった徳間康快が残務処理に尽した。その姿を見た関係者から気に入られ、彼を新たな社長として出版社で再出発を図ることとなる。
1967年現在の徳間書店となった。 「徳間」という名前はこの徳間康快に由来する。

上記のアサヒ芸のみでなく、多くの雑誌や書籍・文庫を発行している。中でもアニメ情報誌『アニメージュ』は、徳間書店と宮崎駿との繋がりが生まれ、同社の支援によりスタジオジブリが設立されるきっかけとなった。ジブリ現在では徳間下を離れているが、昔からの関係もあって現在でもジブリ関連の書籍の出版は徳間書店で行われている。

アニメ銀河英雄伝説」「電脳コイル」等の製作も行っている。

一般的に日本で初めてメディアミックス戦略を行った企業角川書店とされているが、自社の書籍を原作とする映画製作する事業は徳間書店のほうが先であり、こちらが元祖とする説もある。

最盛期には映画会社の大映やレコード会社の徳間ジャパンコミュニケーションズを抱え、新に自社ビルを所有していたが、経営悪化でリストラを行ったためすべて手放している。

かつてはパソコンゲーム関係にもを入れており、子会社として徳間書店インターメディア株式会社を設立し、『テクノリス』『ファミリーコンピュータマガジン』などのパソコンゲーム情報誌を複数発行する傍ら、パソコン家庭用ゲーム機でゲームソフトの販売も行っていた。
2001年1月に発売された『Nintendoスタジアム』(この後毎日コミュニケーションズに移籍)をもってゲーム情報誌からは長らく撤退していたが、2010年11月より『Nintendo DREAM』(Nintendoスタジアムを吸収合併)の発行を毎日コミュニケーションズから引き継いでいる。

削除状況

他の削除情報をGoogleで検索するexit

動画 詳細
銀河英雄伝説 第001話 「永遠の夜の中で」exit_nicovideo
[PV] 銀河英雄伝説exit_nicovideo
なんとか伝説外伝 白銀の谷 Kap.Iexit_nicovideo
小椋 佳 「歓送の歌」exit_nicovideo
ネオ アンジェリーク Abyss ~財団へようこそ~exit_nicovideo
獣神RAVE 出張版exit_nicovideo

関連商品

関連外部リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 36ななしのよっしん

    2018/12/07(金) 17:09:57 ID: JnqSVwU/p0

    結局子会社落ちしたのは思った以上に喧売ったダメージがでかかったんだろ
    ただでさえ過去遺産で食いつないでただけだったのに

  • 37ななしのよっしん

    2019/06/09(日) 08:18:14 ID: 6vXeSoZImA

    アニメージュのグランプリでガンダムの汚点こと鉄血のオルフェンズ1位にしやがった事への怒りは一生忘れないからな
    あれでどれだけの男性ガンダムファンを怒らせたかあそこの編集部共はわからないんだろうな、頭オルガだから

  • 38ななしのよっしん

    2020/07/11(土) 13:50:44 ID: d+ohrj9iGA

    かつての逸話を見るとすごかったんだろうけど
    今はあんまパッとしないよなあこの会社

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/27(金) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/27(金) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP