今注目のニュース
「うなうなディスコ~♪」 スーパーで流れる謎のうなぎソングは何なのか? 制作元に聞いた
Netflix「13の理由」 2年越しに自殺シーン削除を決定
【ナニコレ?】「視力検査に使われる“C”みたいなマーク」の、意外と知らない名前

必殺からくり人単語

ヒッサツカラクリニン

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

必殺からくり人とは、朝日放送(現・ABC制作1976年7月30日10月22日までテレビ朝日系列で放送された時代劇必殺シリーズ』第8弾である。全13話。

OPナレーション

が降ったら、をさす
つらい話は、胸をさす
十八、をさす
魔がさす、棹さす、将棋さす
世間の人は、をさす
許せぬ悪に
とどめさ

ナレーター:上から山田五十鈴屋雁之助、ジュディ・オング森田健作緒形拳山田五十鈴緒形拳

概要

かつて八丈から抜けしていた罪人たちがいた。現在は表では芸者置屋の他、売り、花火職人董品商人として活動している一方、裏では弱い者のらせぬ恨みをらす「からくり人」として暗躍していた。

実は「からくり人」は二つの組織があり、一つは弱い者の味方である兵衛を元締とする組織、もう一つは権にすがりつきどんな外道仕事も辞さない曇りを元締とする組織。やがて兵衛一味の行動を快く思っていない曇りは、兵衛を暗殺することに成功するが、チーム吉が新たな元締となり、曇り一味に対抗するのであった。

シリーズ初の1クール(13話)作品。
舞台となる保時代と現代(1976年)の世相をたびたびリンクさせており、物語冒頭では現代シーンにからくり人が登場して会話する(例えば第1話では時次郎が銀座アナウンサーに「緒形拳」に間違えられながらも小僧がしょっ引かれるシーンを見物する)など様々な試みが描かれた。

役者スケジュールの都合のためか、メンバー全員が勢いすることは最後までなかった。

決して「からくりん」と呼んではいけない。

からくり人

夢屋時次郎ゆめや ときじろう)
演:緒形拳
表稼業は小舟をこぎ、歌いながら安眠を売る「夢屋」を営む男。
裏では殺しだけではなく潜入捜から情報収集までなんでもござれの、チームの行動隊長と言った方が相応しい。
その殺しの時は、作りに使う製のヘラを不敵な笑みを浮かべながら回し、悪人の首筋に刺す・のど元を切るなどしている(余談だがこの時のヘラを回す音は『必殺仕事人』の秀の簪を回す音や、『美少女戦士セーラームーン』でセーラームーン変身の時のティアラ装着の音に流用されている)。
第12話では、かつての人にそっくりな女郎に肩入れするも、その女郎を助けた医者が蛮社の自決したために復讐を決意、曇り鳥居耀蔵を狙うがその復讐は失敗し、時次郎はその場で自爆死した。
仕掛の(しかけのてんぺい)
演:森田健作
川辺にある埋立地の小屋に住んでいる花火職人青年。ぶっきらぼうで熱血だが心優しい性格。
時次郎の分といった感じで、コンビを組んでいることが多い。
殺し技は、点火させた花火悪人の口の中に入れて体内で爆発させるというもので、爆発する様子はレントゲンのようなもので映し出されていた。
最終回では曇り一味の襲撃で小屋が爆発し、それによって視を失う。そして終盤には点火させた花火爆弾?)を持って「曇りを出せ!」と叫びながら曇りの屋敷に突入するも、曇りを倒すことが出来ずに爆死してしまう。
とんぼ(はなのやとんぼ)
演:ジュディ・オング
吉の実の。読心術が得意で、悪人たちの会話を読み取り悪事の内容を知る。
基本的に殺しは行わないが、最終回では屋を襲ってきた曇り一味を、兵ヱから事前に手渡されていた短で刺し殺した。に想いを寄せているが、とんぼは実は兄妹らしく、さらに死亡したため結ばれることはなかった。吉の言いつけ通り上方へ行き、そしてのちの清元延寿太夫になるが、その姿は山田五十鈴そのもの吉にそっくりであった。
八尺の兵ヱ(はっしゃくのとうべえ)
演:屋雁之助
屋の船頭であり、吉の用心棒も務める。とんぼ兄妹であることを知っているようではあるが、それを吉に確認しようとした時にははぐらかされていた。
後年の屋雁之助キャラ同様に怪力の持ちであり、そのをも破壊しかねないほど。殺し技は手ぬぐいで首を絞めるなどそのを利用したものが多いが、短を使うこともあった。
最終回ではとんぼに「お守り」として短を渡し、曇りとの会談に行った吉を迎えに行ったが、途中で曇り一味の襲撃に遭い、奮戦するも何発もの弾に倒れた。そして最期のを振り絞り吉の元へ船を届けてから尽きた。
八寸のへろ(はっすんのへろまつ)
演:間寛平
兵ヱの実の息子。当初は初代元締の兵衛が営んでいた董品の店を手伝っていたが、兵衛死後はきそば屋や金魚売りなど色んな職を転々としていた。
生まれつき頭が弱く、寝小便のくせもあるため、たびたびを怒らせていた。
最終回では兵ヱが死んだ夢(上述と同じシーン)を見て兵ヱが死んだのではないかと思うも、直後に曇り一味に襲撃されて小屋が爆発。へろ事だったがが失明、へろサポートが一味の一人を殺した後は、曇りの屋敷までを送り届け、そこで示により現場から走り去る。そしてとんぼと再会するが、とんぼが上方へと渡った後の消息は定かではない。
吉(はなのや あだきち)
演:山田五十鈴
兵衛配下だったが、兵衛死後は後を受けてからくり人の元締となり「屋」を立ち上げた。
は深三味線を教えており、兵ヱが船頭を務める屋形船で流しで三味線を弾いている。この悪人の密談が行われていることが多く、流しをしながら悪事の手がかりをつかんでいる。
とんぼは実ので、とんぼ兄妹らしいのだが、吉の息子かどうかは分からない。
八丈に送られる以前は「おえん」と名乗っていたが、この名前は『新必殺からくり人』等に登場する泣き節(出雲の)お艶(演:山田五十鈴)と同じ。両名は同一人物ではないが、殺し技がのちの山田五十鈴キャラと同じく三味線の撥でにのど元を切り裂くというものなので説得がない。
最終回ではに遅れて曇りの屋敷に乗り込み、そこで曇りと対峙、撥を投げつけ曇りを倒すものの、自身も弾に倒れ、八丈から抜け出した時のことを思い浮かべながら絶命した。

放映リスト

話数 サブタイトル 放送日
第1話 小僧に死化粧をどうぞ 1976年7月30日
第2話 津軽じょんがらに涙をどうぞ 1976年8月6日
第3話 賭けるなら女房をどうぞ 1976年8月13日
第4話 息子には婿をどうぞ 1976年8月20日
第5話 粗大ゴミは闇にどうぞ 1976年8月27日
第6話 秘めごとはい素肌にどうぞ 1976年9月3日
第7話 佐渡からお中元をどうぞ 1976年9月10日
第8話 私ハ待ッテル吉報ドウゾ 1976年9月17日
第9話 食えなければ江戸へどうぞ 1976年9月24日
第10話 お上から賞をどうぞ 1976年10月1日
第11話 私にも父親をどうぞ 1976年10月8日
第12話 に豆をどうぞ 1976年10月15日
第13話 終わりには殺をどうぞ 1976年10月22日

主題歌

負け犬の唄(ブルース
作詞荒木一郎 作曲平尾昌晃 編曲竜崎孝路 歌唱:拓三
本作と次の『必殺からくり人血風編』の題歌はこの曲が使われている(本作は1番、『血編』は2番の歌詞)。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP