今注目のニュース
策士ここにあり! 寝たフリをしながら虎視眈々とご飯を狙う猫ちゃんが賢い
『笑点』、視聴者離れが止まらない? 原因は「バラエティ化」とあの出演者か
梶裕貴、宮野真守に憧れ「彼こそがエンターテインメント」

必殺剣劇人単語

ヒッサツケンゲキニン

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

必殺剣劇人とは、朝日放送(現・ABC制作1987年8月7日9月25日までテレビ朝日系列で放送された時代劇必殺シリーズ』第29弾である。全8話。

オープニングナレーション

あのこの、陽が暮れて 世の中、闇に沈む時
間隠れたお化けども、大きな顔で歩き出す
の亡者たち
、土地を喰ってる赤鬼、権欲しい
どこかのおに似ています
あまりと言えばあんまりな 百鬼夜行どもを バッタバッタり倒す
ゲゲゲの鬼太郎桃太郎
今度の必殺剣劇人 大人のお伽噺です

ナレーター加賀まりこ

概要

1972年から15年の長きに渡って放送された『必殺シリーズ』だが、ついに終了が決定。本作はその最終作となり、以後は単発のスペシャル番組(必殺ワイド)が放送されることになった(ただし1991年2009年にはテレビシリーズは復活し、『必殺仕事人 激突!』『必殺仕事人2009』がそれぞれ放送されている)。

それ以外にも本作の特徴として、

が挙げられる。

わずか8話で終了したものの、本作の作ラストの大立ち回り(と大ガマ登場シーン)はインパクトが強い。
当時のシリーズ最後の作品ということで、最終回では中村主水ゲスト出演したほか、「幻の世直し三人組(劇人のこと)」が過去シリーズ殺し屋コスプレをするなど、ファンサービスも用意されている。

なお、本作は前作『必殺仕事人V風雲虎編」』のある意味続編で、『風雲虎編』最終回で起こった江戸城の御蔵破りの下手人が実は本作の「幻の世直し三人組」であり、盗んだ一万両の半分を井にばらまき、残り半分で々自適に暮らしているという設定となっている(同じ長屋の別のの中をくり抜いて、同じにしている)。

ちなみに近藤正臣、田中健あおいというキャスティングは、当時、日生劇場で行われていたミュージカル三銃士』と同じである。

登場人物

剣劇人(幻の世直し三人組)と関係者

カルタ太郎演:近藤正臣
決め台詞:「寄らばぁ……るぞぉ!」
一応、三人のリーダー格。普段は賭場でカルタ札撒きをやっている。
八丈島からやってきた「」お七の願いをえるために「劇人」を結成。装束を身にまとい、二刀流で大立ち回りを行うが、事件と関係な人達は峰打ち、事件の黒幕のみり捨てるという技を披露する。
最終回では、への口止め料を五千両から使うつもりだったが、五千両は突然起こった地震で失ったために使えなかった。また、いつもの衣装火事で失ったため、最後の仕事の時は仕事人三味線屋の勇次と同じ衣装をどこからか調達し、殺しの際も「恨みを断ち切る仕切人~殺しのテーマ~」をBGMに、勇次と同じ技を使っている(一応、カルタを飛ばして糸を切るといった技を披露している)。
その後は、清次、坊主と共にお七を連れてお七の故郷・八丈島へと立った。
なお、EDでは通常はトップクレジットだが、最終回ではトメになっている。
縄の清次演:田中健
決め台詞:「あ、おととい来や~がれ~!」
三人の中では最年少。普段は火消しをやっている関係で、裏稼業では口で立ち回り、鉤縄を投げて悪人の首に巻き付けて絞め殺したり屋根から投げ落としている(口で刺し殺す事も)。その際、『遠山の金さん』のように諸肌を脱いで彫り物を見せているが、実は彫り物は襦袢に描いているだけである。
なお、お七とは年齢が近いせいか、お七のよき相談相手となっている。
また、中の人と同じく、南楽器ケーナ趣味にしている。
最終回では、仕事人飾り職人の秀と同じ衣装をどこからか調達(頭部は少し違う)。殺しの際も「闇に仕掛ける」をBGMに、秀と同じようにかんざしを回して悪人の首筋に刺して絶命させている。
その後は、太郎坊主と共にお七を連れてお七の故郷・八丈島へと立った。
すたすた坊主演:あおい
決め台詞:「ふっふ~ん…ば~~か~~め~~」
普段は健康を祈るための「すたすた踊り」というよく分からない踊りを披露している坊主体も表稼業も三人の中では一番ふざけているが、性格は一番まとも(なはず)。
裏稼業では棒術を駆使して立ち回り、悪人に対しては棒の先端を状にして刺し殺している(投げ飛ばすことも)。また、最後に製の大ガマに空気を入れて膨らまし、他の人達を驚かせている間に逃げるという役もある。
最終回では仕置人念仏と同じ衣装をどこからか調達するが、殺し技はの技ではなく、仕留人・村雨の大吉の心臓掴みを披露している(レントゲン+心電図も再現)。また、その際のBGMは「仕留めて」ではなく、「旅愁ブラウンバージョン~」だった。
その後は、太郎、清次と共にお七を連れてお七の故郷・八丈島へと立った。
お七演:工藤
決め台詞:「夢みたい!カモノハシみたい!」
八丈島へ遠となった盗賊・お(故人)ので、の言葉で江戸父親がいることが分かり、江戸へとやってきた(父親は三人のうちなのか分からないため、それぞれを「ちゃん」と呼んでいる)。
性格は世間知らずで。しかし正義感が強く、虐げられた弱者のを取る(=悪人をやっつけたい)という「夢」を持っている。悪事が起こった際は、怒って包丁持って飛び出すが、直後に変なコスプレをした三人組がその悪人をやっつけている場面を見て、はしゃぎながら上記の決め台詞を言うのがお約束となっている(実は、そのコスプレ三人組の正体が三人の「ちゃん」であることは最初から知っていたが、最終回まで知らない振りをしていた)。
なお、三人と対面した際に顔をシーンがあるが、それがお七を演じた工藤アドリブであるのは有名な話。
最終回では、「三途の川の渡し賃」に対するの態度にいらつき、説教して絶句させる場面も。その後は、太郎、清次、坊主を伴って生まれ故郷の八丈島へ帰っていった。
ある意味、本作の主人公なのかもしれない。
お歌演:二宮さよ子
三人組行きつけの飲み屋の女将で、裏稼業の際に三人組に「三途の川の渡し賃」と称して4文銭を一枚ずつ渡している殺しの仲介役(本来は三人組は大持ちなのでお金は必要ない)。
職業柄気っぷがよく、お七にとっては的立場である。また、仕事人中村主水とは旧知の間柄でもある。
最終回仕事後、八丈島立つ4人を見送った。

最終回ゲスト

中村主水演:藤田まこと
最終回に登場した南町奉行所同心で闇の仕事人
奉行所に乱入して大立ち回りを演じた挙げ句に要人物を仕置した三人組に対して怒りを露わにしており、彼らの正体を知るために旧知の間柄であるお歌を問い詰めたことで太郎達と知り合った。
三途の川の渡し賃」や「殺し」の見解の違いでお七にやり込められるという一幕もあったが、結局「三途の川の渡し賃」を「仕事料」だと言いって仕事に臨んだ。その際のBGMは、おなじみの「中村主水テーマ」であり、殺し技も悪人を油断させて刺し殺すいつものアレであった。
最後は何故か中村コントで締め、EDでもゲストなのにトップクレジットであった。そのため、本来はトップクレジットである太郎近藤正臣)が、最終回ではトメ扱いとなっている。
筆頭同心・田中演:山内としお
演:西田
おなじみのの上コンビ
2人とも番組冒頭で奉行所に乱入してきた劇人相手に立ち向かうが、あえなくやられてしまった。
りつ演:白木万里
せん演:菅井きん
おなじみのと義のせんりつコンビ
番組ではラスト中村コントに登場。りつは「必殺が始まって15年」といきなり訳の分からない事を言い出したが、せんが言っていたのは中村の跡継ぎという切実な願いだった。

主題歌

ついて行きたい
作詞作曲:たきのえいじ 編曲桜庭伸幸 歌:テン・リー
元々は前作『必殺仕事人V風雲虎編」』の挿入歌で、本作では2番の歌詞が使われている。
また、『風雲虎編』が放送された頃に開された映画『必殺4 恨みはらします』の主題歌でもある。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/23(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/23(月) 10:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP