今注目のニュース
6ボタンと方向ボタンどっちから食べる? 「メガドラパッド焼」がセガのたい焼き・秋葉原店にて期間限定で販売
「セガ狂っている(ほめ言葉)」 メガドラタワーミニに隠された遊び心
ほうれい線ができないようにするためには

必殺橋掛人単語

ヒッサツハシカケニン

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

必殺橋掛人とは、朝日放送ABC)の制作1985年8月2日11月8日までテレビ朝日系列で放送された時代劇必殺シリーズ』第24弾である。全13話。

オープニングナレーション

十月十日に生を受け 七五三なら祝い事
もめ事・泣き事・勝負事
 さらに加えて弔い事
裏切り・騙され・棄てられる

疲れ果てたらおいでなせえ
この世とあの世掛けに
そーっと送って さしあげやしょう

ナレーター中村之助

概要

第1弾『必殺仕掛人』から第7弾『必殺仕業人』までの7作品で個性的な悪役を演じた津川雅彦役にした作品。

第1話で殺された元締が残していた13本の仕事を、元締配下だった3名+元締のの新人元締、そして過去に裏稼業を引退していた男を加えた5名のメンバーで行うという話だが、本作では過去必殺シリーズオマージュ的な要素がいくつか見受けられ、

などが挙げられる。
ちなみに第6話に登場するお母親の名前はお清(おすが)だが、お役の西崎みどり(現・西崎)は前々作『必殺仕切人』ではお清(おきよ)という仕切人を演じている。

また、仕置のテーマ曲は新曲ではなく流用で、おくらと新吉の時は前作『必殺仕事人V』の「土のか、地獄~殺しのテーマ~」が、次の時は『必殺仕業人』の出テーマ「いざ行かん」が流れている。

物語自体はこれまで続いていたソフト路線からハード路線へと回帰しており、特に後半は同業者との闘を描いた話が連続する「闘編」であり、これが次作『必殺仕事人V闘編』へと繋がっていくものと思われる。
ただし、後期シリーズでいう中村コントのような一家の微笑ましいやりとりも随所に見られるため、必ずしもハード一辺倒ではない(シリアスの中にコメディもある)のも本作の特徴だと言えるだろう。

登場人物(橋掛人)

紹介はEDのキャスト順。

演:津川雅彦
後妻と先妻のに囲まれて暮らしている担ぎ商人。
5年前にのために裏稼業を引退していたが、多助の事件に少なからず関わっていたことから、裏稼業に復帰することになった。餓刺繍が付いた反物から糸を取り出し、それを標的の首に巻き付け絞め殺すというのが仕置技だが、これは昔仕えていた元締・火の重蔵に教わったもの(その重蔵は第4話で実は生きていて外道になっていたことが発覚、次が仕置した)。
普段はちょっとした賭け事が趣味の穏やかで調子がいい性格だが、裏では万が一の時は自分が粛正されることも厭わないほど掟に厳格な男である。
逃げた先妻とは、と一緒に定期的に会って食事をするなど仲がいいところも見受けられる。最終回では、前話で出戻ってきた先妻の他、仕事で対決した浪人との約束でその息子も引き取り、最終的には5人家族となりますます賑やかになった。
新吉演:宅麻伸
暗闇の多助の配下だった掛人で、表稼業は刺し(を捕獲する職業)。
普段は寡黙だが、メンバー一番の若手ということもあり、反発したり暴走したりすることもある。
裏稼業では装束を身にまとっているが、仕置の際は羽織をガトゥラ(アラブ人帽子)のように頭にかぶり、吹き矢悪人間や首筋に刺した後、近づいてそれを押し込んで絶命させている。回によっては、水中から飛び出したり中回転したりした後に近づいて矢を押し込むいうダイナミックかつ地味な殺しを見せている。
演:斉藤清六
屋根職人で後述するおくらの夫。新吉同様、多助の配下だった。
見るからに頼りなさそうな男だが、おくらがこの男のどこに惚れて結婚したのかは不明である。
裏稼業ではおくらが使う武器を研ぐだけではなく、おくらのサポートも行う。
尼)演:西崎みどり
元締・暗闇の多助ので「尼」という名を持つ尼僧。当初は多助が裏稼業の元締であることを知らなかったが、多助の死後に絵図を託されたことでそれを知り、仕事を遂行するために遺志を継いで掛人の元締になった。
な役割は囮役および仕事の監視役。第1話でを失っているばかりではなく、第6話では実は生きていて悪人となっていた母親の仕置を決意、次がを仕置するところを見る(監視する)というつらい場面も経験している。
おくら演:萬田久子
新吉、同様に多助の配下だった女性で前述のの妻。女性ながら屋根職人でもある。
性格は明るくてしっかり者。裏稼業の掟も次同様に厳格に受け止めている。
仕置の際はサポートを受け、標的に向かって鋭く研いだ瓦を投げつけて首を切り裂き絶命させる(投げた瓦はぶつかって砕けることも)。なお、出の前には、研がれた瓦で自身のの一部を試し切りしている。

主題歌・挿入歌

さよならさざん
作詞山清太郎 作曲平尾昌晃 編曲竜崎孝路 歌唱:藤田美子(現・EMIKO
前作と同じ主題歌
もどり
作詞野菜摘 作曲童 編曲入江純 歌唱:西崎みどり
仕事料を受け取る場面で流れる本作の挿入歌。ちなみに作曲童は、第7弾『必殺仕業人』のオープニングナレーションを担当している。

関連動画

殺しのテーマ

動画は全て『仕事人V』名義のものだが、『掛人』も同じなので貼り付け。

挿入歌

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 18:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP