志摩スペイン村単語

シマスペインムラ

5.2千文字の記事
掲示板をみる(145)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(19)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

志摩スペイン村とは、三重県志摩市にある複合リゾート施設である。

Hola!な概要

パルケエスパーニャと呼ばれるテーマパークを中心に、ホテル志摩スペイン村と天然温泉ひまわりの湯を併設したリゾート施設。ナガシマスパーランドと並んで、三重県内最大規模のテーマパークの一つである。

スペイン村と言う名前の通り、アトラクションイベント土産物はスペインにちなんだ物が多い。

PARQUE ESPAÑA

スペイン村のメインとなるテーマパーク名前を直訳すると「スペイン公園」である。そこ、まんまとか言うな

ウダード(都市)、ティエラ(大地)、マール)、フィエスタ祭り)の4つのエリアに分かれており、そのエリア毎に雰囲気ががらりと変わるのが特徴。

シウダード

エスパーニャ通り、シベレス広場、マヨール広場で構成されるエリアモデルとなった地はマドリードバルセロナの繁実在する。

エスパーニャ通りはエントランスえてすぐのアーケード土産物屋やレストラン等が並んでおり、特にエントランス間近にある土産物屋、『チャチャラ』と『アスタ・ラ・ビスタ』は閉演時間1時間前程度から大混雑する。

ベレス広場はパレードの出発地点にもなっている大広場。屋内コースターマタドール』が玉。どの客はこの広場を左方向に進んでフィエスタ広場方面に向かう。(主観

ベレス広場をそのまま直進した所にあるマヨール広場は小ぢんまりとした広場だが、本格的スペイン料理が味わえるレストランがここの広場に集中しており、食を楽しむならここを外す手はいだろう。筆者のオススメは、レストランアルハンブラ』のパエリャ。ちょっと高いがマジ感動する美味しさである。

ティエラ

カルメン通り、サンタクルス通り、ハビエル周辺で構成されるエリア

結構まったりとした空気が流れているのが特徴。ハビエル周辺にはキャラクターショー等を上演するコロシアムがあり、上演時間は混雑するが、それ以外は閑散としている。

このエリアメインである『ハビエル博物館』は、かの有名なフランシスコ・ザビエルの生誕の地をモデルにした博物館であり、スペイン史やフランシスコ・ザビエルの事を知りたいならここを外さない手はい。

カルメン通りは本格的フラメンコショーが観られる『カルメンホール』や、キャラクターアニメスペイン紹介する映画を上映している『カンロン劇場』が玉。

サンタクルス通りはスペインの日用雑貨を販売している店等があり、ここで日用雑貨を買いえるディープなスペインファンもいるとかいないとか。いかにもスペイン並みなため、メディア等の露出も多い。

ここからに入ると『クエントスの』というスペイン童話が聴ける散歩がある。本気でまったりと癒されたいならこの一帯エリアがオススメ。

マール

コロンブス広場のみで構成されるエリア。パルケエスパーニャの最もに位置するので、較的いているエリアである。

玉のアトラクションであった『アドベンチャーラグーン』が営業終了してしまったため更に閑散としてるんじゃなかろうか...サンタクルス通り、ハビエル周辺の二ヶ所からここに来る事ができるが、行きは前者、帰りは後者を経由すると楽である。
理由?行きゃわかるさw

フィエスタ

フィエスタ広場のみで構成されるエリア
いわゆる遊園地的なアトラクションはこのエリアに大半が集中しているため、パスポートの元を取る気で遊ぶならここ。ただし、結構混んでいるエリアでもある。

筆者的にはり下げ式ジェットコースター『ピレネー』が一番のオススメ。世界最長最高最速(営業開始時の話。今はどれか抜かれてるはず)のスリル伊達じゃないぜ!

他にも楽しいアトラクションは満載なので、いつまで居ても飽きないエリアである。

主なアトラクション

グランモンセラー

バルセロナ近郊の岩山「モンセラー山」をイメージしたジェットコースター

スプラッシュモンセラー

モンセラー山をイメージした急流すべり。グランモンセラーに隣接しておりコースが交差する場面も。以前はライドフォトの販売が行われていた。

キディモンセラー

バルセロナのアートをモチーフにした、身長制限90cm以上の子供向けジェットコースター精霊サラマンダーったカラフル体が特徴。2016年2月登場。

ピレネー

スペインフランスにそびえるピレネー山脈をイメージしたり下げ式ジェットコースター。開業当時はり下げ式コースターとしては世界最長、最速、最高なのが売りだった(コース全長1234mは現在でも日本一)。こちらも以前はライドフォトが販売されていた。1997年登場。

アルカサルの戦い

レーザーの矢」を操作してシューティングゲームが楽しめるライドアトラクション廃墟と化したアルカサル内にうごめくモンスターを撃破していくというストーリースコアランキングが発表され、大いに盛り上がる。得点が稼ぎやすいため、ガチ勢は一人で乗る。

何度かステージマイナーチェンジが行われており、2014年3月にはプロジェクションマッピングを導入した「アルカサルの戦い”アデランテ”」に全面リニューアル

スウィングサンタマリア

大航海時代コロンブスを載せて航した帆船サンタ・マリア号をモチーフにした、バイキングアトラクション

フィエスタトレイン

フィエスタ広場を一周する機関車グランモンセラーやスプラッシュモンセラーと交差しながら進む。

ガウディカルーセル

建築家ガウディの作品をイメージした回転木。そのな造形にも注したい。

アミーゴバルーン

気球のライドがをきってぐるぐる回るアトラクション年齢制限がなく幅広い層が楽しめる。

トマティーナ

バレンシア州のトマト祭りイメージしたティーカップアトラクション2014年3月登場。トマトの形のライドが8の字に動くのが特徴。ちなみにアトラクションスポンサーはカゴメ

ドンキホーテ冒険の旅

スペイン村のキャラクターたちの冒険が描かれるライドアトラクション1997年登場。かけるとの周りに「パルケ」などの文字が映し出される「チョッキー不思議メガネ」が同時期にパークを楽しむグッズとして登場。花火などの演出がより鮮やかに楽しめた。

ピエロ・ザ・サーカス

移動遊園地モチーフにした全屋内アトラクション子供でも楽しみやすい「サーカスアドベンチャー」「ファイヤーシュート」「アニマルジャンピング」などの小規模アトラクションを備えている。2008年3月登場。

かつて存在したアトラクション

幻のイベリア超特急

屋内ローラーコースター。暗いためコースが読めないことが売りなのだが、ただただ暗くてよくわからない、乗ってると痛いと評判であった。2004年3月に「闘コースター マタドール」、2017年2月に「スチームコースター アイアンブル」としてリニューアルされた。

ドンキーズシェリー

シェリーライドに乗ってロバたちが暮らす世界を覗き見するアトラクション

宴にじるロバフラメンコを踊るロバ、怪しい魔術師ロバなどを撃したゲストを投げつけられ、巨大なロバカス」の怒りを買って普通ロバが暮らす現世に帰ってくる...というのような展開に多くのちびっこがトラウマを植え付けられた。

2004年に「の宮殿」という、電飾でられてたフラメンコ人形などのイルミネーションの中を進む当たり障りのないアトラクションリニューアル。手をたたくと電飾が反応してるという仕組みがあった。

2010年に「イルミネーションライド くるみわり人形」に再びリニューアルバレエ音楽くるみ割り人形」とその原作童話「くるみ割り人形とねずみの王様」の世界を体験するアトラクションなのだが、原作ドイツの作品、バレエ音楽作曲チャイコフスキーロシア音楽家である。スペインとの関わりは...? 一応「スペインの踊り」という題名の楽曲が流れたりはする。

フライングドンキホーテ

円盤の展望アトラクション。持ち上げアームで45mまで上昇し、座席が360度回転して色を楽しめる。2008年1月をもって終了。跡地にトマティーナやキディモンセラーが造られた。また、パーク外のピクニック広場では一時期「ドンキホーテバルーン」という遊覧気球が運行されていた。

同じ三重県内にある「なばなの里」にアイランド富士というほぼ同アトラクションが残っている。

ミュージカルサーカス

アニマトロニクスをふんだんに使った、ミュージカル仕立てのライドアトラクションゲストは移動式客席に座ったまま、4つの円盤舞台で展開するストーリーを鑑賞する。3Dメガネをかけて特殊なスクリーンに映る映像を楽しむ場面も存在した。アトラクション出口グッズショップに直結している。

2009年ダルファンタジーワールド360という3D映像を楽しむアトラクション修された。

アドベンチャーラグーン

日本初の屋内と屋外が連なるタイプウォーターライドアトラクションゲスト海賊たちの砦から呪われた域に入り、ポセイドンなどと遭遇する。座礁したガリオンアルナ号」を通る整理歩も凝っている。人気は高かったが2012年1月に終了。

屋外部分は修され、2013年3月スペイン並みのミニチュアを眺めながらボートで周遊するフェリクルーズというアトラクションに再利用された。

ロストレジェンド

炎やを使った大規模なステージショー1999年登場。500トンが大洪水となって舞台になだれ込むのが見どころだったのだが、2011年東日本大震災をきっかけに休演。その後何度かリニューアルされ演が行われたが、2018年を最後に終了している。

キャラクター

スペインを代表する文学作品「ドン・キホーテ」を元にした動物キャラクターマスコットになっている。パレードやキャラクターグリーティングで触れ合うことができる。デザイン原案を担当したトビー・シェルトンexit氏はディズニー作品でアニメーター監督を努めたアーティスト

ドン・キホーテ舞台となった世界からタイムトンネルを抜けてやってきたという設定。元の世界ではドンキホーテ村、ガート村、ローボ村というそれぞれの村で暮らしていた。園内で上映されるアニメキャラクターショーでその一端を観ることができる。

ドンキホーテ(CV:山崎たくみ)

みんなのリーダー的存在。ドンキホーテ村の領っ直ぐな性格で思い込みが強く、ダルネアのこととなると周りが見えなくなってしまう。公式称はドンキーだが、あまり称で呼ばれることはない。初代CV富山敬

サンチョパンサ(CV:桜井敏治)

ドンキホーテの従者。いつも笑顔食いしん坊人の行動ハラハラさせられている。称はサンチョ

チョッキービビート(CV:冬馬由美)

いたずら好きの元気な男の子トロヴァールと知り合って大工見習いとしてドンキホーテ村にやってきた。ドンキホーテ代わりを努めている。称はチョッキー

トロヴァール(CV:銀河万丈)

物静かで持ち。ドンキホーテ村で大工をしており、チョッキー方にあたる。かつては乗りとして世界を制していた。称はトロ

ダルシネア(CV:冬馬由美)

紅一点。由緒あるガート村領の一人ドンキホーテを筆頭に皆が憧れる君で、爛漫、好奇心旺盛な性格。称はダル

フリオラニャーナ(CV:三ツ矢雄二)

ダルネア友人で、リュートを携えた吟遊詩人美しいで場を盛り上げる。ダルネアといっしょにガート村で暮らしていた。称はフリオ

アレハンドロ(CV:置鮎龍太郎)

ローボ村の領するダルネアを巡ってドンキホーテといつも争うトラブルメーカーだが、実は照れ屋で寂しがり屋なだけらしい。偉大な魔法使いを先祖に持ち、自身も偉大な魔法使いと思っている。

交通アクセス

近鉄志摩線から専用直通バスで13分程度。
トライパルツアー三重交通グループ)みえ美しエクスプレス名古屋駅から4時間程度。
伊勢自動車道伊勢西ICからで40分程度。

ちなみに2007年2月までは志摩磯部駅からバスが出ており、同はそれに合わせてスペインアンダルシア地方建物モチーフとした舎となった。これは磯部町(当時)に志摩スペイン村を作ったことによる見返りだったが、2004年の合併で志摩市となったことで、バス会社側に都合がいいに変更された経緯がある。
現在志摩磯部駅は乗降客が大きく減り、売店スペースはシャッターが降ろされ、エスカレーターも使われなくなっている。周辺の環境も相まって「生きる廃墟」と化している。

関連動画

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 143ななしのよっしん

    2022/08/24(水) 13:24:04 ID: yyMjKxPqY6

    ンゴちゃんの前にも、日雇お姉さんもここの動画つくっとたんね。

  • 144ななしのよっしん

    2022/08/25(木) 15:53:12 ID: Uhvqe85TZR

    >>140
    夏休みでも例年は…
    これ以上る必要もないか

  • 145ななしのよっしん

    2022/09/19(月) 21:54:04 ID: ri/hJDBWKX

    >>142
    バブル崩壊から3年後に開園したんですがそれは…。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/29(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/29(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP