志摩国単語

シマコク

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

志摩国とは、かつて日本にあった令制国の一つである。東海道に属す。

概要

制前は、島津造の領域で、制施行にともない、当該地域を含む伊勢が出来た。700年頃を前後して、伊勢から分立された。も、志摩国は他のべ領域は狭く、その上平野の割合も少なかったため、農産物はど取れず、様々な点で伊勢や周辺の依存するような形となる。

当初の領域は、志摩半島に限らず、南伊勢町から尾鷲まで、現在三重県を領域としていたが、戦国時代伊勢国司北畠信雄と紀伊宮城堀内氏善によって、荷坂として分割され、志摩国自体は志摩半島のみ、現在鳥羽志摩の領域となった。

江戸時代はその領域は全て鳥羽領となっていた。

明治維新後、置県で1871年に鳥羽の管轄となる。後に、度会県に管轄とされ、最終的に現在三重県の領域となった。

方言

旧志摩国領域(志摩半島に限らず)では、大正時代以前までは明確な区別が出来る志摩弁が存在した。現在は、伊勢弁との同化が進んでいる。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/29(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/29(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP