今注目のニュース
奇跡の実話。死ぬ運命の子供6500人を1人で救った「ニセ医者」
網タイツをあえて封印した生脚仕様!『冴えカノ』加藤恵がメタリック仕様のバニースーツ姿でフィギュア化!Amazonで予約受付中
アパ社長カレーというパワーワード商品に隠された意外すぎる真実が明らかに!

志村けん単語

シムラケン

  • 13
  • 0
掲示板をみる(61)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

志村けんとは、東村山が生んだ日本を代表するコメディアンである。

本名は「志村康徳(しむらやすのり)」

概要

ドリフターズメンバーであり、正式なメンバーの中では一番若い(2019年現在、69歳。最高齢は高木ブーの86歳)

ドリフターズのボーヤ(今で言うところの付き人)を経て「8時だョ!全員集合」「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」「志村けんのだいじょうぶだぁ」などに出演、民的人気を得る。自身の出世作ギャグ東村山音頭」のおかげで「東村山=庭先には多摩」とインプットされた日本人は少なくない。

現在じゃんけんにおいて一般的な掛けである「最初はグー」を世に浸透させた人物でもある。
また、視聴者投稿による面VTRというテレビ番組のジャンルを発案し、日本のみならず全世界にこのジャンルを広めるきっかけを作ったのでも知られている。 

出演番組は中国台湾インドタイイランなどでも放送されているため、海外でも知名度は高い。

あだ名は「ケンちゃん」、「ケン坊」、「しむけん」など。

コントにおけるスタイルなど

全員集合」や「ドリフ大爆笑」における彼の立ち位置は他のメンバーべても明らかにねじが一本抜けているような役柄が多かった。(母ちゃんコントなど)また、加藤茶と二人してボケをしていかりやにそろって突っ込まれる事が多かった。ドリフターズの中では一番年下なので他のメンバー的な位置で演ずる事も多かった。加藤の付き人であった事もあり、ゲストが出るコントでは加藤相方である事が多い。これがその後に「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」につながるとされる。

一方で「志村けんのだいじょうぶだぁ」など自身が冠を務める番組内においては共演者に突っ込みを入れたり、そうかと思えば酔っ払い婆さん役などのボケ役を恰も本物の如く演ずる事に定評があった。ここ数年はダチョウ倶楽部暴走に対して、強に突っ込みを入れるなど、師匠であるいかりやのような立ち位置になってきている。

彼がコントにするテーマは「全員集合」以来、一貫して日常を大きく逸脱しない範囲での事上にすることが多く、非現実的なテーマを取り上げることはほとんどない。この辺りは他のドリフメンバーにも大なり小なり言えることであるが、彼の場合はそのこだわりを維持するため、ネタとするにはあまりに難解かつ非日常の描写が多い漫画の部分を飛ばす、もしくは破り取るほどである。その一方で床が抜ける程に集めた映画をもとにコントの研究する事が多く、これらの成果をもとにコントを練っていったともいわれる。

そして喜劇人としての演技の高さに加えて、割合にシンプルな言い回し・身振り手振りで容易に意味を解する事が出来るコントが多いため、海外の人からの人気も高い。これをたどると、師であるいかりや長介の実体験に行きつく。いかりやが駆け出しのバンドマン時代、言葉のがある兵相手にコミックバンドをやっていた経験より、ドリフにおいてもそのノウハウをスライドさせていた。このため、志村の番組がほとんど放映されていないアメリカにおいても彼の人気があるといわれている。

さらに原点をさかのぼると、志村が大きく影を受けた俳優としてアメリカの喜劇俳優の「ジェリールイス」にいきつく。ジェリーの「底抜けシリーズ」などが多感な時期の志村の感性を刺し、今に続くスタイルの原となった。また実家父親が非常に厳格な人物であり、庭内の雰囲気も重いものであったが、落語などのお笑い番組を見ている時だけは父親も笑いをこらえていたり、雰囲気も明るくなったのでその経験がお笑いすきっかけとなった。

このようにお笑いに対する姿勢は非常にストイックであり、志村を尊敬、あるいは芸で影された芸人は多い。

海外における志村けん人気

海外においても志村けん人気は高く、日本に赴任している米軍関係者より高評価を得るほどとなっている。アメリカでは志村の番組が本放送されてはいないので、この評価は注される点である。なお「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の「おもしろビデオコーナー」はある意味youtube流の一つとも言われている。

台湾ではドリフ関連の番組は志村爆笑とひとくくりにされるほどに志村けん人気が高い。ウィキペディアも各種言で記事が作られている所にも人気の高さがうかがえる。

志村と音楽

ドリフターズが元々はコミックバンドという音楽出身である為、彼もまた音楽に対する造詣が深い。後述するが、ビートルズの影所ジョージの親戚とバンドをやっていた経験もあり、映像ではあまりおにかかる事が少ないが、ギターを担当してる場面が存在する。これがあってか近年のライフワークの一つである津軽三味線に繋がっている。以前より三味線コントの中で披露する事も多かったが、若手実上妻宏光から導を受けて本格的に舞台などで披露している。上妻が思ってた以上に上達がく、志村センスの高さがうかがえる。なお、弦楽器全般に通じているようでコントの中でを弾く場面も存在する。この際、ギターテクニックの一つであるチョーキングを用いている。

ビートルズソウルミュージックの大ファンとしても知られ、「ドリフ早口言葉」「東村山音頭1丁」「ヒゲダンス」などにその影を見ることができる。特にヒゲダンスは、志村の提案でテディペンダーグラスというソウルミュージシャンの楽曲「Do Me」のイントロからのフレーズ引用されている。ちなみに志村ビートルズ来日の際にコンサートを見に来ており、写真撮影が禁止されている中で隠し取りを決行、その日の映像は収録されていなかった為、結果的にその写真は非常に歴史的価値の高いものとなった。なお、志村がいた日には担当していなかったが、ビートルズ日本演において前座を務めたのが後に自身が所属する事になるザ・ドリフターズである。いずれにしても、志村の冠番組でビートルズの楽曲が流れるというように彼がビートルズから強い影を受けているのは明である。

経歴

本名の「志村康徳(しむらやすのり)」は、徳川家康のような大物になるよう父親から命名された。芸名の「けん」は父親の名前「」に由来している。

父親は軍人上がりの教育者であり、非常に厳格な人物であった。母親は芸事をたしなみ、志村自身は母親似と言っている。母親は後に「志村けんのバカ殿様」など息子の番組に何度か出演している。3人兄弟の末っ子であり、らは公務員であり、以外は二つな姿が話題となった。

庭の方針で都立久留米高校(当時)に入学。この高校サッカーの強校で非常に有名であり、志村自身もゴールキーパーをしていた。また、当時は大卒者を多く輩出することでも知られ、難関校として知られた。なお、志村が合格することはないだろうといわれてたのが、いざ蓋を開けてみると合格者は志村のみであり、自頭の良さが垣間見える。

これと前後して父親交通事故に遭遇、その後遺症により認識障となり、物事の判断がつかない状況となった。後にじいさんコントで見られる「めしゃ、まだか?」「婆さんの姿が見えねぇんだけどな」の繰り返しの問答父親のその時の姿をモデルとしたと言われる。

1968年ドリフターズリーダーであったいかりや長介の自宅に押しかけ付き人となる。その後脱走したり、付き人仲間お笑いコンビを組んだりと紆余曲折を経る(なお、芸デビューは前述の付き人コンビを結成し初舞台を踏んだ1972年とされており、芸歴はビートたけし笑福亭鶴瓶同期扱いとなっている)。この際、出席日数が足らず高校卒業が危ぶまれたが事に卒業しており、この際に大学に行かなかったのは志村だけといわれている。その後志村はかなり時代を下った後に放送大学卒業している。

脱走劇ののち、付き人をしていた加藤の口添えによってメンバーに復帰する。なお加藤の付き人をとしてなると運転手もやるのだが、志村運転免許を持っておらず(2019年現在も所持していない)、運転は加藤が行うというものであった。

 1974年荒井注ドリフを脱退したのと入れ替わりで正式メンバーとして加入。当初はいかりやは自分と同世代の人間を迎えようとしたのだが、加藤茶が自分と歳の近い志村の加入を強く推したため採用された。なお、当初は名前が「志村ケン」とカタカナ表記になったり、「志村健」と漢字表記になったりしていた。

しかし、ドリフメンバーとなってからすぐに人気者になったわけではなく、1976年の「東村山音頭」のヒットまで泣かず飛ばずの苦難の時代を経験する。世間からは荒井注べられ、準メンバー扱いの付き人・すわしんじの方が良かったのではないかという意見も強かった。だが、「東村山音頭」をヒットさせると状況が一変。立て続けに「カラスの勝手でしょ」「ディスコ婆ちゃん」「ヒゲダンス」「バカ殿様」とヒットギャグキャラを連発させ、加藤茶をもドリフ最大の人気者にまで上り詰めた。金田一コントでは背後に気が回らない金田一耕助役を演じ、観客の子供から志村ー!うしろ!うしろ!」とツッコまれる定番ネタも生まれた。

1981年競馬のノミ賭博容疑で書類送検をされ、仲本工事とともに約1ヵ活動を自粛志村は賭けが少額であったため、起訴猶予処分が下された。しかし、復帰後はにまつわる自虐ギャグセルパロディにしてみせる器の大きさを見せつけた。なお、現在志村は自身のを何頭か所有している。有名どころはアイーンベル」である。

1985年の「8時だョ!全員集合」(TBS)終了後からソロ活動を本格化させる。「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」(TBS)、「志村けんのだいじょうぶだぁ」(フジテレビ)で個人としての人気を不動のものとさせ、「だいじょうぶだぁ太鼓」変なおじさんなど独自のキャラギャグ確立させた。

満帆のように見えたが、1996年に突如死亡が流布される(後述)

この当時、出演番組が一時的に減り(当時出演していたレギュラー番組は深夜の冠番組1本だけであった)、なおかつ他の芸人のメインの番組にはあまり出演しなかった活動が裏に出て、「宇都宮のがんセンター栃木県立がんセンター)で死んだ」「亡くなったことは四十九日を過ぎてから発表される」などという具体的な内容の噂が流行した。

最終的には志村本人が登場して全くのであると発表する奇妙な事態にまで発展した。これは 芸名と同じ「しむらけん」さんと言う方が実際に亡くなり、それが「志村けんが死んだ」と言う事につながったものと思われる。

この反からか、以降は自分のメイン番組以外へのゲスト出演もこなすようになり現在に至る。

死亡説について

前述のとおり、1996年突然出てきた死亡説は当人の出演によって、否定されたわけだがここまで大きくなった要因はいくつか存在する。

出演番組の減少

最盛期(1990年代前半)における志村けんの番組は…

という具合に1週間の間でテレビで見かけるケースが多く、また季節の折々に「志村けんのバカ殿様」が放映されていた。この他、これらの番組とは別に単発でコント番組が放映されており、放映もゴールデンタイムであったので子供から大人まで広く周知されていた。

しかし、1992年から1993年にかけて大人気を誇った「志村けんのだいじょうぶだぁ」と「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」が終了、「だいじょうぶだぁ」の後継である「志村けんはいかがでしょう」→「志村けんのオレがナニしたのヨ?」→「けんちゃんのオーマイゴット!」まではゴールデン時間帯での放映であったが、1996年9月からの「志村X」は24時20分からの放映になった。

またこの当時の志村バラエティ番組への出演は極めて少なかった。実際、憑依芸人と例えられるほどに印深く、そして卓越した演技があったが、演技を離れると非常に照れ屋で、口数も少なかったと言われ、この手のトーク中心の番組を敬遠していた。実際、「笑っていいとも」で桑野信義が出演した際、テレフォンショッキングの出演依頼を拒否するという具合に底していた。

その為、放映が中となり、ゴールデン時間帯で志村を見るとなると不定期のドリフ大爆笑バカ殿様となり、急な露出の減少が死亡説の要因の一つとなった。

噂の混同

この手の噂は尾びれ背びれがつくのが常である。

まず志村けんと殊更言われたのは実在する「しむらけん」さんという人物が亡くなったからと言われる。「志村けん」とは芸名であり、本名は「志村康徳」である。新聞で芸名を持つ人物が死去した場合は、本名が乗るのが常である。しかしながら、今のように芸名か本名を一発で調べられるような時代ではなく、また本名についてそこまで周知されているとは言い難かった。

次に「亡くなったことは四十九日が過ぎてから発表される」の出どころであるが、同じ年に渥美清が死去しており、この際に荼毘に付してからの発表がなされたため、これがなぜか志村けんと結びついたとされる。

このほか「今放映されている分は生前取り貯めたもの」というのは詳細は不明である。ちなみにこの手の急逝の場合、放映中に「※このドラマは○×日に収録したものです」というテロップが流れるのが常となっている。

直接関係あるかどうかは分からないが、「志村けんのだいじょうぶだぁ」では視聴者を泣かす意味でコントとしては全く例を見ない笑いを排除した、死別などをテーマとしたいわゆる「シリアス無言劇」が放映されたこともあり、この手の話題付けしたとも考えられるかもしれない。

宇都宮のがんセンター死亡」、「尾瀬死亡」、「群馬ゴルフ中に死亡」など北関東での死亡に集中しているのは志村姓が北関東に多いことが挙げられている。

いずれにせよ、人気の高さゆえに様々な憶測を呼んだということは確かである。

パソコン通信の勃興

直接的ではないのだが、この時期Windows95爆発的に広がり、パソコン通信も急速に広がりを見せてきた。それまではこの手の噂は口伝えのようなものが常であり、噂の広がりは限定的で地域も限定されていたのだが、パソコン通信の広がりによって噂が容易に広範囲に伝わる要素ができた。

髪の毛について

ドリフターズの中では一番の最年少(2019年現在69歳、最年長は高木ブー86歳)にもかかわらず、ぶっちぎりで薄毛となっている。デビュー当時の70年代はやや癖毛気味のふっさふさであり、割合に2枚で売り出す事も多かった。ジュリーこと沢田研二とのコントにおいても彼の人気に負けずに黄色援を浴びる事も多かった。

だが、志村人気が出てきた80年代頃から徐々に後退が始まってきた。この時、まだ志村30代半ばである。この頃、彼は後ろを縛るヘアスタイルにしていた。これはとある俳優(ミュージシャンと言う説もあり)から影受けたと言われる。

その後は順調に後退が進み、2018年現在は前半分近くにまで至っている。その状況を自らネタにする事があるが、コント内ではカツラ等のかぶり物率が極めて多く、地毛で出演するコントは少ない傾向がある。

故郷・東村山

彼の出身は東京都東村山である。志村の自宅は別にある為、本人が東村山に戻る回数はそれほど多くはない。それでも、志村けんの出身地として東村山は多くの人々に知られている。東村山音頭が大ヒットした当時は多くの子供たちが、今で言う所の聖地巡礼の如く、歌詞に出てくる1丁~4丁を探していたが、実際には存在しない住所である。

東村山東京都の北西部に位置し、歌詞にもある多摩(村山池)は人口ながらも非常に明美である。また、沿線を走る西武新宿線によって、都心から30分圏内という地の利の良さからベッドタウンとしての発展を遂げてきた。しかし、東村山音頭リリースされた当時1964年の北多摩からの分離、制の設置から時期が経っておらず、所ジョージの歌にもあるように、まさに「東京の外れ!大外れ!!!!」というイメージであった。そうでなくとも、そんなを知らないと言う人が多くいた状態であった。

8時だョ!全員集合」で「少年少女合唱隊」でオチの場面で東村山音頭を披露、バレエ衣装を身にまとい、股間に卑な物を連想させる頭部といういでたちに代表される衣装や、割合につかみやすいテンポでたちまち大人気となった。当時、志村は正式メンバーになって数年が経過したものの、鳴かず飛ばずの状態であったが、たちまちにそれを払しょくした。

論、東村山の地名も全区へと知れ渡ることとなった。これにより当時の市長より感謝状を贈られているが、よく言われる名誉市民に選ばれたという事はない。なお、感謝状を贈られた際に前にケヤキの木が植された。その名も「志村けんの木」である。その他、地元の商工会の称は「あい~ん」といい、また志村幼馴染が経営する和菓子屋には「だいじょうぶだぁ饅頭」などが販売されている。

他の芸人との関係

半世紀近い彼のキャリアの中においては数多くの芸人との絡みや噂が存在した。

ドリフターズ関連を見れば、いかりや長介との不仲説がたびたび囁かれた。80年代における「ドリフ大爆笑」においてはコントコーナーでも「加藤志村」と「いかりや・高木仲本」と言う組み合わせが多かった。志村もいかりやに対しては一時期、「あの人のコントは面くない」と批判ともとれる発言をしていた。当のいかりやは逆に志村の才を高く評価していた。ちなみにいかりやの死でいの一番に駆け付けたのは志村加藤であり、憎相半ば的なものがあったとされる。加藤茶は元々付き人であった事やドリフ脱走から復帰までの末よりプライベートを含めた親密な付き合いがあり、共に番組を持ったり、志村の番組にもたびたび出演していた。加藤以外のメンバーでは高木ブーとの共演が近年多くなっている。

歌謡界では沢田研二とは全員集合以来、共にコントをしてきた事もあり、仲が良い。しかし、プライベートで絡む事が少なく、近年は徐々に交流を深めている。吉幾三志村の著書において「また飲みに行きましょう」と言う程の仲であり、を含んだ状態コントでたびたび出演している。その際はピー音がたくさん入れられ、まともに意味が通らない状況にもなる。研ナオコとは夫婦コントCMで昔から共演しており、仲の良さがうかがえる。

俳優の柄本明は怪優の誉れが高い個性俳優であるが、志村と共演する時は喜劇俳優と言う普段見せない姿を披露する。特に芸者コント明らか志村が押され気味であったり、ツッコミに集中したりと非常に異色かつ方々からの評価の高いコントであり、個性俳優のキャリアをいかんなく発揮する狂気の役どころは必見である。なお、柄本は常々志村さんとしかコントはやらない」と言っている。

ビートたけし80年代から90年代において互いの番組を競い合ってきたライバルであるが、「タケシケン」という番組で共演した事で尊敬しあう仲となった。本来はお互い同期なのだが、たけしからは志村の方が先に売れていたこと、また志村からはたけしの方が年上であること理由として、お互いの立場を尊重し合う間柄となっている。なお、ネット上に流布しているフライデー襲撃事件後における美談はデマであると断言されているが、たけし軍団のメンバーたけしの事を「殿」と言うのはバカ殿様の影があると言われるように互いに何らかの良い刺を持っているのは確かである。そして志村たけしの間で決して欠かせないものとして志村三味線ビートたけしタップダンスコラボレーションがある。バンドマンとして弦楽器を得意とする志村と、師匠・深見千三郎ゆずりのタップダンスは一見の価値がある。ちなみに今ではたけし軍団に所属していないがジョーダンズの山崎まさやは志村であった。タモリ明石家さんまとは芸の違いから、あまり共演は見られないが決して険悪という事ではない。

また所ジョージとは近年共演が増えている。二人は出生地が近い事(でいえば1隣)やお互いに好きである事、志村が所の親戚とバンド組んでいた事から実は浅からぬ縁が存在している。後述のように歌をこさえている。

後輩関係で見るというちに桑野信義田代まさしセンスをつけて、自らの番組に出演させている。二人とも志村を「師匠」と呼び、実質師関係ともいえる。なお、田代に関しては数々の犯罪行為より断絶状態となっている。ダチョウ倶楽部は共通の友人の紹介から関係が始まり、今では志村の番組においては欠かす事の出来ない存在となっている。特に上島竜兵志村を深く敬愛し師匠と呼んでいる。より師匠と言って憚らないほどである。志村もかなりにかけているようで、志村誕生日において、周りを女性タレントが囲む中で志村と言う一番おいしい位置にいた所からもそれがうかがえる。またタカアンドトシの芸も高く評価している。彼らが芸について悩んでいたところ、志村が一したらしい。ところが近年は千鳥の大悟を懇意にしており、上島竜兵がやきもちを焼くレベルと言われているとか言われてないとか。

女性関係ではいしのようことは結婚寸前までの仲であった事が知られる。それ以降も何人かの女性との浮名が今でもと噂され、もうすぐ古希を迎えるにもかかわらずどの女性とも結婚には至ってはいない。これには慰謝料絡みなど諸説流れているが、志村が根っからの芸人であり、仕事の方にリキを入れてしまい想を尽かされてしまうからであると言われている。売れていないころに付き合っていた女性妊娠させて周りから大反対を喰らったという過去を持つ(子供は認知したが、その後は行方知れずになったらしい)。

海外をやると、アメリカ俳優レスリー・ニールセンと何回か日本の番組で共演した事がある。「裸のを持つ男」の俳優として絶大な人気を誇っていた彼が日本コメディ番組に出るというのは非常に異例であり、伝説となっている。90年代後半、「ミスター・ビーン」の人気が高まると演者のローワン・アトキンソンとの共演を熱望するがあった。結局は方向性のずれなどの問題から共演には至らなかったが、志村が自身のコントにおいてミスタービーンネタを取り入れた場面があるように与えた影は少なからず存在する。

東八郎と志村

芸人として影を受けた人物の一人に「東八郎」がいる。Take2の東MAXこと東博の父親である彼はバカ殿においては桑野信義以前に爺役を務めた人物である。

若き日の志村は東が子供たちから笑われることに対して思うところがあったようで、その疑問を東にぶつけたところ、コメディアン子供に笑われるのは当たり前であり、その人が馬鹿でないことはわかる人にはわかる。むしろ変に文化人ぶったらおしまい(要約)」志村に説いた。

志村はこれに強な感銘を受け、今でも事あるごとに説いているほどである。

お笑い一筋

お笑いにおけるキャラクター性や演技の高さから、ドリフターズメンバーはピンで活動する際には、お笑い番組だけに、留まらずテレビドラマ映画などに出演することもよくある。
しかし、志村けんはお笑いだけにを入れる方針から、ドラマには出ておらず、人生において一度しか映画に出演したことがない。
しかもその出演作は鉄道員(ぽっぽや)だけで、「高倉健オファーされたから断りようがなかった」という理由から。

だが2012年では割合考えが軟化していったのか、どういうわけか『ロラックスおじさんの秘密の種』というCGアニメ映画吹き替えで、演を務めている。また、これまたどういうわけか2014年妖怪ウォッチ映画では大妖怪マスターニャーダのの担当もしている。

とはいえ、基本的にはお笑い一筋であり、トータルであってもドラマなどへの出演は極めて少ない。

コミカライズ化

志村人気がピークであった1990年代前半、コロコロコミックにおいて竹村よしひこによってコミカライズ化されて「わ~お、ケンちゃん」として連載された。学校コントそのままにいかりや長介モチーフとしたおこりや先生やその当時のタレントイメージした同級生が多数出演した。何故か板橋区の設定になっているが、これは同区内において「志村」と名のつく地名があるからであろう。アニメ化こそされなかったが、割合に人気があった。

この他、いくつかの漫画においてパロディ化やネタを使ったものがある。

キャラクターグッズ

古今東西人気タレントは自身をモチーフとした商品が多く登場していた。古くは真理であったり、ピンクレディーであったり。

喜劇俳優として一時代を築いた志村も例外ではない。1987年PCエンジン用のソフトとして「カトちゃんケンちゃん」が販売された。これはその当時に放映されていた「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」をモチーフとしたものであり、この当時におけるテレビゲーム明期にタレントを模したゲームは「たけしの挑戦状」や「さんまの名探偵」が知られている。今もってその難易度の高さはとなっているが、行き過ぎた理不尽さはないので玄人筋の評価が高いゲームとなっている。

一番有名なのはサンヨー食品から販売されていた「ケンちゃんラーメン」であろう。1980年代より販売されており、かなり長い間販売されてたので自身も「8年たっても新発売」とだいじょうぶだぁでネタにしたほど。CM「おーい、ケンちゃんラーメン、新発売だよーだ!」365日新発売であったり、ケンちゃんパズル(時期によってはケンちゃんボールペン)があったりでリアルタイム世代には結構知られている商品である。現在は残念ながら製造されていない。

持ちネタ

志村関係の歌

全員集合時代でいえば「東村山音頭」が非常に有名であるが、その他にも「七つの子」の替え唄を歌い、これまた全子供たちが真似をした。その人気PTAから苦情が来るほどであった。

その後、時代が下って「志村けんのだいじょうぶだぁ」になると兄貴分の「クレージーキャッツ」の歌である「ウンジャラゲ」をカバー、これもまた大人気となり「だいじょうぶだぁ」内で視聴者投稿があるほどであった。番組末期においては「爺さん婆さんコント」の中からも歌を出した。

近年では研ナオコとのコンビで歌を出したりと、ちょくちょく歌を出している。

また、所ジョージ志村モチーフとした歌を制作している。「長介が嫌いですぐ辞めた―♪」という歌詞の「志村けんの歌」と「東京の外れ!大外れ!!」の「東村山ラプソティー」が知られている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 59ななしのよっしん

    2018/04/10(火) 03:14:01 ID: el+kDKnyiV

    志村けんといえば、ハゲスケベというイメージを定着させた人物

  • 60ななしのよっしん

    2018/11/01(木) 07:26:12 ID: 0beKnrndSm

    前から芸が下品なのは知ってたけどちんぽし事件でやっぱりそういう人なんだなと確信した

  • 61ななしのよっしん

    2019/06/20(木) 14:10:25 ID: usEnQDcqa0

    >>58
    大悟がワンチャンあるぐらいか?
    なお志村並みの普遍性はない模様

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP