怪談白物語単語

カイダンハクモノガタリ

1.5千文字の記事
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

怪談白物語(かいだんはくものがたり)とは、同人サークル・ないつおが制作したTRPGである。

もしかして怪談物語 - フジテレビ系列にて放送された時代劇番組。

概要

ゲームマーケット2012にて同人サークル・ないつおが頒布した合同誌『TRPGおまじな大饗宴』に収録されているTRPG制作担当者は缶コーヒー

ゲーム物語の最終盤、99話怪談が話し終わったところから始まる。物語完成すると世にも恐ろしいことが起きるという。そんななかゲームマスター(以降、GM)が100怪談を話し始める。世にも恐ろしいことを回避すべく、プレイヤー(以降、PL)は100怪談を怖くない話にしようと横を入れる。

ゲーム名前の由来は、「」に「一」足りない「」から来ている。物語完成阻止するルールから来ているのだろう。

ゲームの進行

詳細はルールブックを参照のこと。

GMはあらかじめ怪談を用意し、そのなかに登場する単から10つのキーワードを選ぶ。また「話し手の特徴」を1つ選ぶ。「話し手の特徴」は全部で4つあり、キーワードを12つまで拡できる「おしゃべり」や、稲○淳二に話し続けなければならない代わりに、PL1人の恐怖耐久値を1度だけ3減らせる「稲川」など、GMが有利になるようなスキルが用意されている。基本的に「話し手の特徴」をPL側に明かす必要はない。

PLは6つある職業のうちの1つと1~6までの好きな数字を選ぶ。あとはフレーバーとして年齢や容姿、好きなファンタの味(実際にルールブックに記載されている)などをお好みで決める。職業にはそれぞれスキル恐怖耐久値が設定されており、1度に2つ単を修正できる「科学者」のようなものから、プレイング中ずっといじられ続ける「無職」のようなものまで、様々ある。基本的にスキルが役に立たない職業ほど恐怖耐久値が高く、怪談の修正に何度も挑みやすい。

ここまで決めたらゲーム本編スタートGM怪談を話している最中、PL側はキーワードだと思った単定し、「○○じゃなくて××じゃなかった?」「の聞いた話だと○○じゃなくて××だったけどなぁ」などと横を入れる。その後ダイスを振り、そのPLが決めた数字以外の出が出たら修正に成功。以降、○○ではなく××と話が修正される。一方、ダイスの出とPLの数字がかぶった場合、修正は失敗。○○のまま話は進み、なおかつそのPLの恐怖耐久値が1減る。恐怖耐久値が0以下になったPLは、それ以降怪談の修正に参加できなくなる。

例:GM学校トイレ幽霊が出たんだけど~」 PL「それって幽霊じゃなくて財宝じゃなかった?」

成功:以降、財宝が出た前提で怪談が進む。キーワードだったら、それをPL側に伝える。
失敗:修正されず、そのまま幽霊が出たとして話が進む。失敗したPLは恐怖耐久値が1減る。

これを繰り返していき、すべてのキーワードを修正することができたらPL側の勝ち。PL全員恐怖耐久値が0になるか、怖い話のまま100怪談を終わらせられればGM側の勝ちとなる。またいずれかのキーワードを修正できなかったものの、100怪談が怖くなくなった場合は引き分けとなる(一応物語完成阻止できたため)。


PL側の無茶振りな修正ワードに応え、場合によってはアドリブ怪談を修正しつつ、すべてのキーワードをPL側にばれないよう自然怪談に織り交ぜなければならないため、基本的にGM泣かせのTRPGである。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/30(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/30(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP