今注目のニュース
【台風15号】停電の千葉県の信号機用の発電機を盗んでいた男が逮捕される!自宅から10台の発電機が発見される!
『凪のお暇』で話題となった“毒親” 凪の母のように毒親化してしまう人の“心の闇”は
エヴァ芸人・稲垣早希、第1子妊娠を発表 35歳の妊活に「自分の中で焦ってた」

悟り単語

サトリ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

悟り

悟り又は覚りとは、

  1. 理解すること、知ること、気づくこと、感づくこと。
  2. 迷いの世界え、真理を体得すること。涅槃解脱とも同義[1] 仏教

概要

仏教の教えを表する代表的な仏教の一つである。対義は「迷い」「迷妄」。日常としても使われるが、同義の代替が多く、敢えてこの言葉が用いられた際は、仏教思想を強調した意味合いを含有することがある。それほど仏教と縁の深い言葉である。

「悟りを開く」「開悟する」「大悟する」という表現がよく用いられる。これらは仏教いて「真理を体得する」という意味である。仏教では教えを説く際に譬喩例話(たとえばなし)を多用するという特徴があり、この「悟りを開く」にも御多分に洩れず譬喩例話を用いた説法が多数ある。以下にその一例を示す[2]

 老師は、こんな夢を見たという。
 はじめに地獄に行かれた。地獄でも、食卓には山味があふれんばかりに載っていた。地獄に堕ちた人は、与えられた長い箸で食べようとしている。だが、箸が長すぎて、自分の口に入らない。ご馳走をの前にしながら、焦るばかりで食べられず、痩せさらばえていくばかりだ。
 つぎに極楽に行かれた。意外なことに、極楽では、長い箸を与えられているのは同じだが、ご馳走は地獄ほどではなかった。けれども、極楽に往生した人は、みな、ふくよかで、にこやかに談笑している。
 どうしたわけかと眺めていると、長い箸を使って、食べ物を相手の口に入れている。地獄の人は自分の口へ。極楽の人は相手の口へ。極楽地獄のちがいは、ここだったのだ。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

脚注

  1. *中村元ほか(編)『岩波 仏教辞典 第二版exit_nicoichiba岩波書店2002年10月、第二版、370-371
  2. *高田明和『心がスーッとなる禅の言葉exit_nicoichiba 』成美文庫、2007年10月、161-162

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/07/23(火) 06:40:17 ID: 2Ma3syN8yN

    小五ロリ

急上昇ワード

最終更新:2019/09/22(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/22(日) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP