悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス単語

アクマジョウドラキュラギャラリーオブラビリンス

掲示板をみる(75)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンスとは、コナミから2006年に発売されたニンテンドーDS用のゲームソフトである。

ニコニコ動画上では「ギャラリーオブラビリンス」タグに使われている。

ギャラリーオブラビリンスでのタグ検索 ⇒ こちらexit_nicovideo キーワード検索 ⇒ こちらexit_nicovideo

名前が略しにくい。GOL、ギャビリンス、ギャオスなどと呼ばれることもある。

概要

蒼月の十字架』に続く探索スクロールアクション1944年ヨーロッパ舞台に、突如復活した悪魔城で起きた戦いを描く。
1917年が舞台の『VAMPIRE KILLER』の設定を多く使っている。

新たな敵ブローネルの登場で入り組んだストーリー独立した絵画のマップの数々、2人の主人公による豊富なアクション、大量のコレクション要素、異常に多い裏モードにより、シリーズ最大規模のボリュームを獲得した傑作
難易度もかなり高い。

ゲームシステム

2人のキャラクターを共闘させる独自のシステムを採用している。
主人公物理タイプジョナサン魔法タイプシャーロットの2人組。それぞれを切り替えるだけでなく、自動で動くパートナーに協してもらうことで、従来になかった特殊な仕掛け、強しないと打破できない強敵に立ち向かう。
2人の性も大きく違い、前作以上のバラエティ豊かなアクション完成させている。

ふたりの主人公

ジョナサンモリ
VAMPIRE KILLER』の主人公ジョニーモリスの息子ヴァンパイアハンター父親からムチに頼らない戦闘技術を伝えられ、前作のと同様に剣、、そしてといった多数の武器を使用可
そして多数のサブウェポンを使いこなす。ゲームは前作同様、MPハートが統合されており、サブウェポン魔法と同じく一度取得すれば「装備」の一つとして保持される。

シャーロット・オーリン
ジョナサン幼馴染天才魔法使い。とにかく天才でありゲーム中の多くの問題を解決していく。
戦闘では物理攻撃が聞きにくい敵の相手を得意とする。装備できる武器は少ないが、通常攻撃自体はなかなかの性で。相手によってはジョナサン不要な場合もよくある。
魔法はその場に停止して発動する。時間がかかるがいずれも強。攻撃魔法だけでなくサポート魔法も多数習得し、彼女の存在をうまく使うことが重要となる。

異常に多いクリア後要素

伝統通りクリア後にサブキャラクターが解禁されるが、条件を満たすと最終的に3モードで5人も登場する。
全員経験値レベルが上がるが、アイテムはない。

ライバルキャラステラとロレッタを使うモード。2人とも攻撃をタッチペンで行う特殊なキャラクターで、十字キーで浮遊移動する。
一応ストーリーがある。ロレッタのシューティングゲームみたいな性のため難易度は低い。

時代を越して参戦したリヒター・ベルモンド主人公モード物理タイプリヒター魔法タイプマリア(ギャビリン本編には一切登場しない)の2人組で戦うモードで、ストーリーはない。も2人とも原作と違う人っぽい。
リヒターベースに、没ドットから復活した新技も習得しており、コマンド技が非常に多い。
回復アイテムがないため、終盤の難易度が非常に高い。
あとモードスペルが間違ってる。正しくはRICHTER。

ザコ敵オールドアクスアーマー(『血の輪廻デザインアックスアーマー)が主人公という意味不明モード。もちろんストーリーはない。
ジョナサンの使いまわしなのに、ボス戦の都合か女性として設定されている(敵のセリフが変わる)。
は悪くなく、攻撃ボタンを押さなくてもに攻撃判定が発生する特性を持つ。さらに攻略用に小さい隙間に入れるようになっており、に対して理不尽な接触判定を持つ。
回復アイテムがないため、終盤の難易度が非常に高い。

またクリア後はハードモードが追加される。
2周クリアデータを引き継いでも普通に死ぬほど難しい。

ブローネルの人物像

本作の敵ブローネルドラキュラとは独立した吸血鬼ルーマニア出身の画ヴィクトル・ブローネルから名前を取っていると言われる。外見は映画吸血鬼ノスフェラトゥ」のオルロック(Orlok)伯爵モデルにしているっぽい。

ゲーム後半の話題になるが、ブローネルにはただの悪役と切り捨てがたい動機がある。ドラキュラ魔王になる経緯とも類似が摘される。
彼の人物像はバッドエンドのほうがより明確なので、未見の場合は見ておくことを勧める。
また彼の起である第1次世界大戦VAMPIRE KILLERストーリーとも大きく関わっている。

彼は生まれ変わりについて言及しているが、外見が似ているとは一度も言っていないことに注意したい。
彼のする事実については、作中で反はされておらず、実際にその通りだった可性がある。
重要なのは、それが事実だったとして同意できるわけではないことである。

ロードオブシャドウ』に登場するヴァンパイアのブローナー(Brauner)はブローネル英語版の名前。日本版ではブローナーと訳されてオマージュとわかりにくくなっているが、名前だけ使っているまったく違うキャラクターなので、わざとかもしれない。
この相方オーロックス(Olrox)が悪魔城シリーズのオルロック英語版の名前。

関連動画

本作は難易度が高かったせいもあってか、公式サイトボス攻略が掲載されていたが、
そこに解説と別に奇怪な動作でボス攻略する動画が混入しており、「公式がホァイ」といわれた。

公式PVサントラなど

プレイ動画など

初期のTAS

TAS

その他、これを元ネタとした動画

関連商品

かなり高騰しているが、糸目をつけなければ入手自体はできる状況。
英語版(Portrait of Ruin)も出回っているようだ。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/31(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/31(土) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP