愛染国俊単語

アイゼンクニトシ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

愛染国俊とは…

  1. 鎌倉後期刀匠俊作の短(重要文化財)
  2. 1を元にした『刀剣乱舞』のキャラクター愛染国俊(刀剣乱舞)

本稿では1を取り扱う。


愛染国俊とは、来派刀匠俊(通称・二字俊)作の日本刀である。

概要

茎に染明王が彫られていることから、現在称がついた。現在は重要文化財に定されているが個人のものとされている。

元々は豊臣秀吉が所持していたが、後に徳川家康の手に渡り、元和2年(1616年)に大坂の役で戦功のあった美作守忠政に下賜された。 忠政の死後、は遺物として三代目将軍となった徳川家光に謙譲された…が、前田の贈り物にしたという。染明王に恨みでもあるのか、この将軍

二字俊の特徴として、身幅たっぷりとして首切先の壮な姿に丁子の立つ賑やかな乱れを焼くというものがある。愛染国俊も例に漏れず身幅広く、重ねもしっかりとしてよくつき、ズシリと重く、山伝特有の輪反りとなり、美しく強いとなっている。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/18(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/18(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP