憎しみ単語

ニクシミ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(58)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

憎しみとは、

概要

人間の感情の一つ。人が人を殺す理由は大抵の場合、かこれである。犯罪行為に至る感情。
ストーリー物において、キャラ付けや物語を進めるのに非常に便利。

自分の中にある負の感情を、他人や世界にぶつける事でなくそうとする。
怒りや嫉妬から生まれる。

憎しみが犯罪行為を生みだすのは、「相手や世間が間違っている」という思考に陥いり、それを解決しようとするからである。
しかし大抵の場合、憎しみによる行動根本的に解決手段を間違えている。
他人をむやみに傷つけた所で、自分の傷が癒えるわけではない。同じ傷を負って等になったと思いたいのかもしれないが、相手は自分を傷つけるという考えが互いに残り禍根となる。痛みを知れば悪人は悪をなさなくなるとでも考えているのかもしれないが、痛みを知っているからこそ悪は他者を絶しようとする事もある。
罪に罰を与えるのは、憎しみをらすためではない。罰は罪人の再教育および、他の犯罪をおかそうとする者たちへの見せしめとしての側面の方が強い。
討ちというものがあるが、あれは憎しみからというよりも義務感からきている。

説明したとおり、憎しみは罪を犯す感情でありい方がいいと言えばそうなのだが、それでも人は憎まざるおえない。
感情は自己表現のほかに、自分を守るためにも存在する。
そのなかでも憎しみは、飲み込み難い苦しみ・受け入れれば自殺発狂すらあり得る状況、それらの責任を他方に向ける事で自分の精を守る効果がある。
憎しみからの行動は間違いが多いが、憎しみを抱くのは人としては当然なのである。

と憎しみは似ている」という言葉が様々な作品で出てくるが、喜びや幸福・どれだけあなたが大切か、などの正の感情を伝えたい情とは全に逆である。

ニコニコ大百科に記事のある、憎しみが主目的になってるキャラクター

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 56ななしのよっしん

    2022/04/18(月) 23:47:24 ID: HX1UapR6IW

    例えば、が相談や話を聞いたり見て来たケースとしては祖系で
    祖母から教育や節約について怒られたり、小遣いを取られる事が有った」のが原因で、好きにを使いやがってと祖クレジットカードの暗番号を覚え更に実際に持ち出して使うようになった。(…ちなみに子間で銭の事件が起きた場合、刑事事件には成らない)

    あとは「教師虐待子どもの進路を勝手に決めようとしたので、隣人や統合失調に成りモンスターペアレントと化した祖学校不祥事や教員の発言を報告して地位を失墜させた男子生徒」あとは「虐待イジメ復讐として、体育時間や外出中に生徒家族の所持品、あとは札束を盗んで遊んだり貯てる子ども」とか…(しかも紋や監視カメラで付けられない様にしてる手の入れ様)

  • 57ななしのよっしん

    2022/04/18(月) 23:50:56 ID: HX1UapR6IW

    この様に喩え、怒りや憎悪で弁護士仕事で成功したとしても、どこかで被虐心や暴行及び犯罪行為に対しての知識を立場や環境で身に着けて行き犯罪や立困難に近い状態で物事を動かしたり他人に対して押し付けたり、復讐を美談にして犯罪まで正当化する人が増えると治安が悪くなるから、復讐には憧れないで欲しい。柔道の扱いに詳しくなると事故を装ってパワハラ正当化してるのと同じになる

    子ども虐待イジメを受けたから、その相手や家族の命を奪ったら、命を奪えば人生が上手くいくと勘違いする手段に成る

  • 58ななしのよっしん

    2022/05/11(水) 23:42:45 ID: alJMOk3SKw

    どんな喜びも楽しみも、怒りや憎しみの前では薄っぺらい感情として扱われてしまう

    負の感情はこの世で最も強く、悪な存在だから

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/17(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/17(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP