今注目のニュース
『スーパーロボット大戦』シリーズがPCに進出。『V』および『X』がスイッチとSteamに移植
自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化

憤死単語

フンシ

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

憤死とは、

  1. 怒りのあまり死亡すること。
  2. 野球で、ランナーが惜しいところでアウトになること。
  3. 憤慨した人を罵ること。ネットスラングの一種。

本記事では1.について説明する。

概要

ウィキペディアでは突然死の一種と位置づけられているが、憤死の原因は多岐にわたり、どこまでを憤死とするかは曖昧である。具体的には、以下のような最期が憤死とされる。

  • 憤慨や嘆きが原因で、病に倒れたり身体を崩して亡くなる。
  • 怒りが限界に達して、卒中などを起こしてそのままぽっくり逝ってしまう。
  • 憤怒のあまり、自らの命を絶つ。

但し、自殺は自らの意志で死ぬため、憤死に該当しないという意見も少なくない。

憤死した人物一覧

世界史では、アナーニ事件で死亡したボニファティウス8世が特に有名。
また、どう言うわけか、歴史書「三国志」には憤死の記述が非常に多い。小説三国志演義」でも登場人物が憤死する事態が多数起きているが、その原因の半数近くは諸葛亮が原因だったりする。

日本史

ヨーロッパ

中国

三国志(正史)

三国志演義

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP