単語

  • 1
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、十干の第5位である。は別の字。

五行では土で陰陽は陽。山岳を徴し、情・奉仕・回転財を意味する。

漢字として

Unicode
U+620A
JIS X 0213
1-42-74
部首
画数
5画
意味
十干の第5位。(と通じて)茂る。
字形
・鉞などの長柄の兵器形。
説文解字・巻十四〕には「中宮なり。六甲五、相拘絞するにる」「戊はを承け、人の脅(むね)にる」とあって、五行説を受けた解説になっている。[1]丁字の条には「丁はを承け、人心にる」、己字の条には「己は戊を承け、人る」とある。
音訓
音読みはボ(音)、ム(音)、訓読みは、ほこ、つちのえ。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。2004年に人名用漢字に採用された。
部首
戊は〔説文〕では部首で、戊のほかに成を収める。
戊を符とする漢字がある。

関連項目

脚注

  1. *中宮は、戊が十干の中位にあることに対応し、六甲は干支60日のうち甲が6つあることをいっている。五は五ののことでは戊と同じ土性。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/28(木) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/28(木) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP