今注目のニュース
鹿児島県の一漁協が、日本一の養殖ブリ、「鰤王」で世界に挑む
井上芳雄「ヒロアカ」悪人役は息子の声が後押し
インフルエンザ予防に最適な食べ物が判明 「なんで?」「聞いたことない」

成金ゴブリン単語

ナリキンゴブリン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

成金ゴブリンとは、遊戯王OCGカードである。

概要

Magic Ruler -魔法の支配者-」(2000年4月20日発売)でOCGに登場。

通常魔法
(1):自分はデッキから1枚ドローする。
その後、相手は1000LP回復する。

相手のライフ回復と引き換えに1枚ドローする。

すぐに発動できる便利なカードであるが、相手にライフ回復を与えるため、ダメージ勝利を狙うデッキでは勝利が遠のいてしまう。そのため、このカードを利用する場合は、多少の回復など視できるほどのオーバーキル級の大ダメージを与えて勝利する1ターンキル(1ショットキルデッキか、ライフが関係ない特殊勝利デッキとなる。

あるいは、回復をダメージに変換する「シモッチの副作用」を利用する場合は、「ソウルテイカー」共々採用されることになる。その他、相手とのライフポイント差を要する「活路への希望」とも相性が良い。

発動条件も特殊召喚やバトルフェイズの制限もない便利なドローカードということもあって、【エクゾディアデッキなどで利用されたためか、2002年5月1日制限改訂で制限カード定されたが、環境の変化もあって、2005年3月1日に準制限カード2007年3月1日制限カードとなった。


マジカル・エクスプロージョン」を利用した1ターンキルデッキ(【マジエク】)で、カードをドローしつつ相手ライフを回復させて「ライフチェンジャー」の発動条件を満たすために利用されたこともあった。「ライフチェンジャー」の発動に成功すればどれだけ相手ライフが多くとも3000にしてしまえる。このデッキを抑制するために、日本では「ライフチェンジャー」を禁止カードにしたが、海外ではこのカードを制限カードにして対応した(2016年4月11日。ちなみに同様の使われ方をされていた「チキンレース」は禁止定)。


デュエルでも便利なカードではあるが、このカードはほかのさまざまなカードイラストに登場していることで有名。

名前の通りの成金としての登場に始まり、「バブルクラッシュ」、価の「大暴落」で貧乏になり下がったことで、物乞いをしたり[1]、盗みを働く[2]が見つかって罰則を科せられたり[3]、店の不を買ったのか「強欲な瓶」を投げつけられたり[4]、なんだかんだでまじめに働いていたり[5]、でも働き先でも盗み見をしていたり[6]と、一つのストーリーができあがっている。

他のカードイラストに初めて描かれることになったのは「Mythological Ageりし魂-」で登場した2枚だが、それが「バブルクラッシュ」と「セカンドチャンス」であり、スタッフの間でも没落は既定路線だったことがうかがえる。

成金時代は人から恨みを買うことも多かったのか、黒蠍盗掘団に襲撃され品を盗まれたり[7]、刺されそうになったり(未遂に終わったのかは不明だが、その後も様々なイラストに登場していることを考えると致命傷ではなかった様子)[8]している。

上記の盗みの対など、「強欲な壺」をはじめとするカードとも縁が深く、特にものすごい形相で「強欲な壺」と「強欲な瓶」を手にしている「強欲ゴブリン」のイラストは見物。

また、「闇霊術-「欲」」のイラストは、マスターガイド2によると「強欲な壺」で儀式を行わせているらしく、「パニックシャッフル」のイラストではその影か「強欲な壺精霊」に吸い込まれそうになっている。
パニックシャッフル」のイラストには「闇霊使いダルク」も描かれており、ほかの霊術を考えても、「闇霊術-「欲」」で儀式を行っているのはダルクと考えられる。ダルクには他のいわゆる四霊使いには見られない枷のようなものを腕にはめられていた跡が残っており(「霊使いライナ」にも同様のものが見られる)、「闇霊術-「欲」」を行わせているのが「成金ゴブリン」だとするならば、枷をはめて拘束していたのもまた彼ではないかということになる。各イラストからの推測でしかないため、確はないのだが。

近年では、いわゆるノーマルレアノーマル仕様でありながら封入率が異様に低いとされるカードの通称)のイラストでの登場頻度も高い。「罰則」(PTDN-JP080)、「盗み見ゴブリン」(GENF-JP062)、「キャッシュバック」(ABYR-JP078)、「見世物ゴブリン」(CBLZ-JP067)、「一点買い」(JOTL-JP069)、「おねだりゴブリン」(NECH-JP044)、「臨時収入」(CORE-JP079)、「検問」(TDIL-JP080)が該当する。

初登場時から今まで、数多くのカードイラストに描かれ続けてきた存在であり、「ゴブリン突撃部隊」、「戦士ダイ・グレファー」などと並んで、イラストレーターデュエリストされ続けている1枚。

その他の作品において

アニメ5D'sではガロメが使用。ジャックライフを回復させつつ、ライフポイントが相手より少ないときに特殊召喚できる「ヘル・トレーダー」につなげた。
このカードによる回復を「ジャックに貸した」、「地獄徴収官トイチ」のダメージを「借の取り立て」と表現していることから、相手のライフが増えることよりも、くトイチローントークンえてしまい、回復を上回るダメージを与えることを優先していたのだろうが、ライフ回復があだとなりライフを削りきれなかった(使用しなかった場合「ヘル・トレーダー」が特殊召喚できず、ダメージ効率が落ちるため、一概にプレイグミスとは言えないが)。

OCG化しているカード以外に、アニメZEXALに登場した「パニックシャッフル」、漫画ZEXALに登場した「報復の隠し」、アニメARC-Vに登場した「バーバリアンの呪術」のイラストに描かれている。

関連商品

 

関連項目

脚注

  1. *セカンドチャンス」(MA-35)、「おねだりゴブリン」(NECH-JP044
  2. *盗み」(303-037)、「盗人ゴブリン」(308-045
  3. *「罰則」(PTDN-JP080
  4. *「キャッシュバック」(ABYR-JP078)
  5. *「闇の量産工場」(SOD-JP037)、「ゴブリンのやりくり上手」(FET-JP054
  6. *「盗み見ゴブリン」(GENF-JP062
  7. *必殺!黒蠍コンビネーション」(305-045
  8. *「報復の隠し」(漫画ZEXAL第42話)

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/07(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/07(土) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP