戦艦経済単語

センカンケイザイ

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

戦艦経済(economia da corazzate)とは、第二次世界大戦当時のイタリアドゥーチェニート・アミルカレ・アンドレア・ムッソリーニ(Benito Amilcare Andrea Mussolini)が発案した経済の一形態である。

また、その元となる考えは15世紀のフランス国王であったシャルル7世の御世まで遡ることが出来るらしい。

 

im@s架空戦記シリーズにおいて、物語の中で戦艦を建造する際に、自内の経済圧迫する事など、下の概要に含まれるエピソードを含む場面が存在する場合、このタグが付けられる。

生系として、戦艦に限らず視した戦車の大量生産や大要塞線の構築などの提案が起きた場合には「戦車経済」「要塞経済」などのタグが付けられることもある。

概要

戦艦経済とは、戦艦の生産・運用が他のあらゆる全ての経済・生産・軍事方策に対し優先される経済体制をす。

理想的な戦艦経済体制であれば、

内総生産(GDP)=戦艦建造費+戦艦運用費

が成立する。

現実的な戦艦経済では、内総生産の30%以上を戦艦に充てることが望ましいとされている。

全な統制経済が行われている国家であれば内総生産の50%以上を戦艦に充てることも可ではないかと研究が進められている。

戦艦経済における利点 

戦艦に多大なを傾けることにより以下の利点が生ずる。

 

戦艦経済における欠点

これに対し、戦艦に多大なを傾けることにより生ずる不利は以下のとおり。

  • 航空に対しては不利な上に、コストパフォーマンスも劣悪な軍艦を量産しなければいけない。
  • 空軍陸軍の拡充はほぼ不可能となる。
  • 戦艦経済発動から効果が現れるのに非常に長期間を要する。
  • 艦隊維持費も飛躍的に増大する。
  • 建造時間が長期にわたるため、正直いらいらする。
  • 造る物すべて戦艦だらけに感じ、新鮮味がなくなる。

 

関連動画

 55%(工業(IC)というあいまいな表現ではあるが)ほどを戦艦に充てている国家の例。
左が建造中、右が完成時。引渡 された後には加えて維持費がのしかかるはずである。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/04(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/04(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP