今注目のニュース
「アストラギウス銀河に新たな通信機が目を覚ます」 「どう見てもボトムズ」な新iPhoneの手作りPVが“むせる”
『Call of Duty: Mobile』が10月1日に配信決定。マルチプレイヤー主軸の基本プレイ無料ゲームとして大人気FPSシリーズがモバイルに登場
オール巨人さんがUFOを撮影!? 公開した写真にTwitter上で大きな反響

戦闘機単語

セントウキ

掲示板をみる(422)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

戦闘機とは、広義で言えば武装した軍用飛行機、正確には敵の飛行機を撃墜することを的とした飛行機のことである。

概要

戦う飛行機は全部戦闘機…ではない。

攻撃機爆撃機の撃墜や、味方の攻撃機爆撃機を護衛しそれらを狙う敵戦闘機を撃墜することを主任務とする武装した飛行機す。
大雑把に言えば、「敵の飛行機を撃墜することが的の飛行機を戦闘機と呼ぶのである。
爆弾ミサイルで地上や船を攻撃する飛行機は戦闘機ではなく、爆撃機攻撃機と呼ぶ。当然、輸送機偵察機機も「戦闘機」ではない。
まあその辺のは近年あやふやになってきているのだが(後述)、ともかく、用途により上記のような使い分けがされている。ネット上でうかつに誤用すると笑われることもあるので注意だ。
少し専門的な言い方をすると「航空優勢」(の上で敵航空機の活動を阻し、味方航空機の安全が確保されている状態。制権とも)を確保するための飛行機が「戦闘機」である。
そのへん、戦闘用の艦が全部「戦艦」と言われたり、戦闘車両が全部「戦車」と呼ばれてしまったりするのと似ている。

飛行機と言うのはとても強兵器であり、敵の飛行機を放っておいたらまともな戦闘にはならない。から爆弾あられと降っていては人間はおろか、陸上では最強の存在である戦車だって容易に破壊されてしまうし、から見ればこっちの地の様子が筒抜けになってしまう。

この為、近現代の戦争では敵の航空機を撃墜してを飛ばせないようにする事が重要視されるようになり、その為の航空機が戦闘機である。つまりな任務としている。

第一次世界大戦から第二次世界大戦まではレシプロエンジンを持つプロペラ機での機関銃を使用しての攻撃が流であった。
第二次世界大戦後期にはジェット戦闘機が登場し、1953年音速戦闘機が配備され、1958年にはミサイルによる初撃墜、1978年にはフライ・バイ・ワイヤを搭載した戦闘機が、2005年ステルス戦闘機が登場するなど、大きな発展をとげている。

戦闘機は高速性、上昇性、旋回性を重視される傾向にあり、乗員は1~2名。武装は機関および空対空ミサイル。近年は軍用機のマルチロール化(それまで専用の機体でやっていた任務を一つの機種でこなせるようにする)が進み、戦闘機と攻撃機の性を併せ持った機種が開発されている。また、ステルスも重視され始めている。

歴史

第一次世界大戦まで

飛行機が登場してから戦場に姿を現すまでそう時間は掛からなかった。

第一次世界大戦以前から列強各は動飛行機械を軍事利用するための装備や運用法(ドクトリン)を研究していたが、第一次世界大戦開戦当初は戦闘機や爆撃機の明確な分類はなく、上から敵情を覗く偵察機、や撃を観測を行う観測機としての運用がだった。敵の偵察機と出会った場合も、操縦者同士が敬礼を交わして、互いにスルーをしていたなどと言う逸話も残っている。

これには航空機に搭載する武装(機関銃など)の装備化が間に合わなかったこと、初期には双方が短期決戦で片がつくと考えていたことなども影しているが、やっぱり敵の偵察機に好き放題覗かれるのは迷惑なこともあって、「敵機を排除する必要性」即ち制権(航空優勢)の重要性が強く意識されるようになった。
最初はレンガハンマー等を、コックピットから直接敵機に向かって投げつけたり(「紅の豚」の物語終盤にあるシーンと大体一緒)、パイロットが直接拳銃等を撃ち合いっていたが、やがて本格的な機関銃搭載へと繋がっていき、一通りの戦闘機の形が出来上がった(世界で最初に飛行機から投下され敵の命を奪った「爆弾」は「スイカ」であったといわれている)。機首に搭載しプロペラを貫通しないように発射を調節する同調機の開発も第一次大戦中である。
第一次世界大戦中に戦闘機とその運用法は格段に洗練されていったが、まだまだ未熟な部分も多く存在した。

戦間期

第一次世界大戦から第二次世界大戦の間、すなわち戦間期において航空機技術の発展に伴い、優速で高を飛ぶ攻撃機があれば、攻撃機を迎撃する戦闘機はともかくとして護衛する戦闘機は不要ではないか、というが列強各の軍関係者から漏れ始めた。とくに軍は当時空母での運用だけを考えていたので空母に入れる航空機には上限があったのでより深刻だった。すなわち「戦闘機不要論(用論)」の始まりである。
当時の日本もご他聞に漏れずこの意見に乗っていたがその意見はさらに過なもので、当時の戦闘機では爆撃機に追いつけない、大攻撃機の旋回があれば戦闘機など不要だから戦闘機搭乗員を減らして攻撃機搭乗員とすれば良い、という意見だった。

は大攻撃機論といわれ、大西治郎や新田慎一が唱えていたが、これと対立していた戦闘機パイロット田実や岡本も戦闘機論者といわれることになる。なぜなら当時急降下爆撃機がまだ存在せず、これを開発したのが戦闘機パイロットたちだからだ。さらに田は単座急降下爆撃機という現代でいう戦闘爆撃機の着想で表されていた。後に田は制隊を考案して戦闘機の価値を飛躍させもした。しかし第二次上海事変で大攻撃機論者は戦闘機はいらないといって出撃して撃墜されていった。これにて大攻撃機論はおわった。だがアメリカではB-17B-29で大攻撃機論を成功させていると言える。戦闘機用論に基づく搭乗員の縮小は昭和12年から15年の間だったが、さらに太平洋戦争直前に再び勢いを盛り返して戦闘機パイロット攻撃機に移動させるなどしている。

(戦闘機不要論の末をうけて各では双発戦闘機の開発に取り掛かることになる。長距離を飛行できる戦闘機がめられたからである。もっとも、開発された機体の多くは単発戦闘機に対して不利は否めず、とはなり得なかった。ただ、その余のある機体スペースを生かして夜戦に転用されていたりもして名機が生まれてもいる)

第二次世界大戦

そして第二次世界大戦が勃発するころには単葉・引込み脚、密閉式の操縦席というレシプロエンジン(プロペラ機)戦闘機の最終完成形が現れた。第二次世界大戦では各がこうしたレシプロ戦闘機を多数生産し、太平洋からヨーロッパに至る広い戦域でかつてい規模の戦が繰り広げられたが、並行して対・対地ロケット弾や誘導兵器レーダージェットエンジンなどの新基軸も次々実用化されていった。

プロペラ機の欠点として音速突破が困難な点があったが、第二次世界大戦後の戦闘機は大出ジェットエンジンの搭載によって音速突破が可になった。またエンジンに余裕が出たためそれまで搭載されていた機関銃機関(口径20mm以上)、さらにはガトリング砲(アメリカではM61バルカン)へと変わっていくだけでなく大レーダーミサイルを装備するようになっていった。

1960年代[1]

1960年代、米国の軍用航空技術は趨勢を読み、「空対空ミサイルが十分に高性なら、それを搭載する戦闘機は『格闘戦』をする必要はなくなるだろう」という結論に飛びついてしまった。空対空ミサイル飛翔距離が10kmやそれ以上にもなれば発射機のパイロットは敵機を視することができず、「味方撃ち」のリスクが生じるのだが、技術者はこのリスクを甘く見ていたのである。

もしベトナム戦争中に米軍機が味方を空対空ミサイルで撃墜してしまうという事態が頻発すれば、ホワイトハウスがどんな弁明を用意したところで政権の人気が高くなることはまずありえない。まして中立民間機や同盟軍の将官が乗った輸送機を攻撃してしまったりしたら外交上の大ピンチになってしまう。

こうして防総インドシナ半島域においては、スパローやファルコンといった中射程ミサイルについてはパイロット視で敵機を確認した後でなければ発射してはならないと命した。F-4は本来の長所である視程外からのミサイル攻撃を封じられた。敵のミグに懐に飛び込まれて格闘戦になっても固定武装はく、おまけに搭載しているターボジェットエンジンの出/重量が高くないので敵機に翻弄される結果となった。

このベトナムでの戦を猛し、米国の軍用機メーカーは電子戦だけでなく距離での格闘戦にも負けることのない新世代の戦闘機を開発し始め、これがF-14/F-15/F-16になった。

現代

現在機関(M61バルカン含む)はあくまで補助的な装備であって、現代の戦は地上の警管制組織やAWACSなどの支援を前提とした視界外射程(BVR)でのミサイル戦が常識となっている。
ただし、ベトナム戦同様複雑な交戦規定が足をひっぱる場合もある。

以前は敵地上に侵入し、敵機を殲滅し航空優勢を確保する制戦闘機、自軍基地に接近した敵機を阻止する迎撃戦闘機、爆撃任務をメインに行う戦闘爆撃機など用途別に分かれていたが、現代では、エンジンや機体制御方法の発達、レーダーなどの進化などによりこれらの区分が曖昧となったマルチロール(多用途)化が進んでいるため単純な用途・運用方法による区別は意味を成していない(Mig-31など一部例外を除く)。

これは皮にも最初の戦闘機不要論に合致しているという意見もある。すなわち、高速かつ高機動である程度迎撃する戦闘機も排除できる航空機が現れたことから、純な戦闘機は不要になってしまったのである。

最近ではレーダーセンサーなどのアビオニクス(Aviation+electronics=航空電子工学)機器の良、搭載兵器の発達により対地・対任務マルチロール化だけでなくステルス性の重視、ネットワーク化が戦闘機開発におけるトレンドとなっている。

ただ無人機(UAV)などが実用化・実戦運用が進んでいる現在ミサイルキャリアーと化している戦闘機にとって三度の戦闘機不要論の時代に突入しているとみる人もいる。

果たして戦闘機が今後も今の姿をとどめていられるのであろうか、それはにもわからないことである。

お絵カキコ

戦闘機

翼の形一覧

関連項目

脚注

  1. *日本兵器世界を救う」兵頭二十八 徳間書店 2017 pp.259-262

掲示板

  • 420ななしのよっしん

    2019/09/19(木) 10:34:51 ID: cOfXk/6u9R

    >>419
    それもソースではないぞ。ちゃんと調べてこい
    本気で日合意でリスクはないと認めているなら、
    とっくに今回のトルコの行動によるF-35情報漏洩リスクはないと宣言してるだろうがw
    現実には既にF-3開発計画が進んでいる、つまりはそういうこと

  • 421ななしのよっしん

    2019/09/19(木) 11:33:23 ID: 2FUfHrc5iY

    >>420
    ようするにの想像がソースってやつですか

    しかしまあ、そんな信用ならん機体を2000機も導入してトルコの問題が起きても調達数も減らさず、「対策」のアプデの予定もなく、トルコつくってた部品どこにたのもうかな、なんてボヤいてるアメリカはとんだ間抜けだな
    そんな問題起こってんのに買っちゃったポーランドもか?あるいは、いまだにF-35に未練たらたらなトルコもかな
    もしくは、トルコから情報流出で今がヤバいって話の中で、実戦配備はどうあがいても10年以上後のF-3を対策と言っちゃうどこかのかかな

  • 422ななしのよっしん

    2019/09/19(木) 14:36:17 ID: /b0yNKujoz

    >>418
    それはトルコが離反に向かった場合の制裁検討であって、
    トルコからF-35情報が流出することを懸念したものではないんだけど

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 03:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP