手水単語

チョウズ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

お手水の竜

手水(ちょうず)とは神社などで参拝する前に身を清めるために使うのことである。

参拝客が手水を使う施設を手水舎または盤舎とも呼ばれる。

概要

現在ではかなりれてしまった言葉であるが、実は神社以外でも使われている。

同じような言葉に御手洗という言葉があるが、手水も似たような使い方をされることがある。要は、トイレである。

「お手水に行く」でトイレにいってくるということを意味する暗喩である。御手洗と同様に、不浄な言葉を直接口にする代わりに、トイレから出たあとに「不浄を清め」てきますという意味で『手水』という単を使っていると考えられる。

また、トイレを意味する以外にも「洗面」を意味することもある。この場合、たらいなどに入れたお湯などでの身支度をすることになる。

ただ、やはりこの単日本語として感的に直接伝わりにくい単である。その点を逆手に取った『手水廻し』という上方落語が存在している。この落語の中では「ちょうず」を『長(ちょう)い頭(ず)』と誤った解釈をしている。

関連動画

12分付近から本題の『手水廻し
トイレ」の意味で手水を使っている動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/28(土) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/28(土) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP