今注目のニュース
上司が口にしたら要注意「これは雑談だが…」の真意<上司語のホンネ>
コスプレ趣味がバレた立花先生の行動がヤバい!? 3分で振り返る『ダンベル何キロ持てる?』第7話盛り上がったシーン
好きなメッセージを書けるお香「ないしょのおはなし」登場 火をつけると文字が浮かびあがる

振聴単語

フリテン

掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

振聴(フリテン)とは、麻雀のルールの一つであり、ロン和了に対する制限である。

概要

麻雀の和了にはロンツモがあるが、このうちロンについては制限を受ける。この制限の一つが振聴である。一般ルールでは振聴となる状況の場合にはロン和了が認められず、ツモ和了のみが認められる。このルールに違反し、振聴なのにロンをしてしまうと錯和となり罰符を支払う羽になる。

この振聴が適用される条件はいくつかあるが、「自分の捨ての中に自身の和了が存在する」というのが最もシンプルな条件となっている。つまり、麻雀では自分が捨てたを用いた和了は出来ないということになる。

尚、振聴であっても聴牌であることに変わりはいため、基本的には聴牌として認められる。

そもそも、振聴になる理由はいくつか考えられる。

  • 不要なだと思って捨てたら、そのが待ちとなるような形になってしまった
  • を狙うために敢えて振聴を取る
  • (特に染め手などで)和了を勘違いした結果、和了を捨ててしまった

これらが考えられる。特に麻雀初心者や中級者はこのような振聴の失敗をしてしまいやすい。

振聴になった場合でも一般的にはツモ和了というが残されてはいるが、麻雀の和了の7割はロンであるということを考えれば振聴を解消(振聴にならないような待ちに変える)することも重要である。もっとも待ちが多ければ敢えて振聴立直を行うのも作戦である。

この振聴ルールが存在するため、麻雀ではオリのテクニックとして「現物落とし」や「筋落とし」などの手法が存在することになる。

振聴の基本

但しこの条件には初心者が陥りやすいが存在し、実際には「自分の捨ての中に自身の和了となりうる1枚でも存在する」と振聴となる。つまり、こういうことである。

1m1m1m3m3m3m4m5m6m7m9m9m9m
捨て5p7p2p2s9s8s北2m中

このケースの場合で他から4mが打されたとする。なお、上の手の場合4mは和了であり、ロン出来そうに思える。しかしながら、上の手をよく見てみると、待ち2m4m5m7m8mであり、その内の一つである2mを既に捨ててしまっていることが分かる。

つまり、この場合にはロン和了をすることが出来ず、ロンした場合には錯和である。これは実際に和了可か否かを問わない。

9m9m1s2s3s7s8s ツモ6s y9p9p9p y1m2m3m

このような場合に6sでは役がないので和了出来ない。しかしながら、振聴のルールは実際に和了可かどうかを問わないため、6sを打した場合には以後、9sを他が捨てた場合でも振聴となりロン和了出来ない。

この場合は、振聴の解消を試みることも出来る。例えば上のケースであれば3mすることによって待ち4m7m8mに変わる為振聴が解消される。一方下のケース不可能ではないが、ここから(役がある)振聴しの形に持っていくことは難しい。

同巡内振聴

振聴にはもう一つルールが存在し、「が和了を捨てた際に、それを見逃した場合、次の自分のツモ番までは振聴となる」というものがある。これを同巡内振聴と言う。

2m3m4m9m9m白白白発発発中中

このような状況で対面が9mを打したとする。この場合、9mは自身の和了であるからこれをロンすることが可でなる。しかしながら、どうしても大三元を狙いたかったため、9mを見逃したとして、次のプレイヤー(上)が中を打したとする。この場合には同巡内振聴が適用されるため、この中ロンすることは出来ない。

ただし、これはあくまで次の自分のツモ番までの制約であるため、自分のツモ番を終え、再び他のプレイヤー中を打した際にはロンをすることが可である。

こちらのケースについても実際に和了可かどうかは問われず、和了となりうるを見逃した時点で同巡内振聴が成立する。また、次の自分のツモ番までの間が同巡内振聴となるため、ポンなどが入ってツモ番を飛ばされた場合にも同巡内振聴は継続する。

なお、「他が和了を捨てた際」となっているが、これには「が加した際」という条件も含まれているので注意すること。

リーチ後の振聴

リーチ後の振聴についてはやや特殊であり、リーチ後は他が捨てた和了を見逃した場合には同巡内振聴ではなく、自身が和了を捨てた時と同様の振聴となる。即ち、自分のツモ番になった場合であっても振聴が解消されることはない。他が加した和了を見逃した場合にも適用されるのは同巡内振聴と同じ。

但し、一般的にはリーチ後に見逃しをした場合であってもツモ和了は可である。

振聴に関するローカルルール

振聴についてはローカルルールが多いため、プレイする前に確認しておくことが望ましい。

関連項目

掲示板

  • 17ななしのよっしん

    2017/07/23(日) 11:30:26 ID: lzE35y8MBY

    ルールとしてのフリテン自体は分かるが
    そもそもなぜこのルールが必要になったのかが理解できない
    それを解説してる様な文章も見かけないし・・・

  • 18ななしのよっしん

    2018/02/02(金) 08:46:18 ID: ZJmLi+ileD

    多分だけど、安が全く(一応字2種4枚とかはあるけど)なくなって読みクソもなくなって、もう相手のことなんか考えず自分の手だけを進める4人でソリティアみたいな状況が多発したんじゃないかな。

  • 19名無し

    2018/11/25(日) 13:10:59 ID: FjKdhAf1kq

    コンビ打ちでの狙い撃ちの抑制もあるだろうね
    コンビから上がっても美味くないからスルーして
    相手が振り込むのを待つとか。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP