採掘基地防衛戦単語

サイクツキチボウエイセン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(122)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

採掘基地防衛戦とは、オンラインゲームファンタシースターオンライン2(以下:PSO2)」に登場する緊急クエストの1つである。

概要

PSO2では1日に数回ランダムに緊急クエストと呼ばれるものが発生する。採掘基地防衛戦もその中の1つである。2014年7月現在では「採掘基地防衛戦:襲来」と「採掘基地防衛戦:侵入」、「採掘基地防衛戦:絶望」の3種類のクエスト実装されている。プレイヤー間での略称は「防衛戦」「襲来」「侵入」「絶望」など。
また、2015年12月実装予定のアップデート『煌き舞う絶対防衛戦』にて4つとなる「採掘基地防衛戦:終焉」の実装が予告されている(2015年9月時点)。

同じエリア(惑星アークスシップなど)で発生する緊急クエスト事前運営側に予告されているものや一部期間限定などを除き同時に発生し、プレイするクエストを選択できるようになっているが、採掘基地防衛戦は惑星リリーパで発生する他の緊急クエストと同時に発生せず、また「襲来」と「侵入」と「絶望」のいずれも同時に発生しない。緊急クエスト開始15分前の予告メッセージもそれぞれ独自のものになっている。

基本的なルールは、惑星リリーパに存在するアークスの採掘基地の拠点(通称:)をダーカーの波状攻撃から守りきること。また、このクエストでは「正結晶」と呼ばれるものを集めてポイントを貯めることで様々なギミックが使用できる。ギミックは各キャラクターがそれぞれ一回ずつ使用できるが、ポイントを消費するわけではない。
正結晶を消耗してギミックを使用すると言うよりも、正結晶を一定量貯めることでギミックの使用を解禁する、と表現したほうが正確だろう。

エネミーの出現はWAVEという単位に区切られており、各WAVEには制限時間がある。また各WAVE間にはインターバルがあり体制を整えたり正結晶を拾ってポイントを貯めたりできる。
さらに、このクエストには貢献度やそれによる順位が存在し、WAVE単位ごととクエスト終了時に表示され、WAVE終了時順位上位3名は次WAVEキャラクター名の下側に金・銀が表示される。とは言え、この貢献度による順位付けは言ってしまえばただのお飾りであり、ドロップするアイテム等には一切しない。 
ドロップしたアイテムクエスト終了後にまとめて回収することが出来るが、大ボスエネミーのドロップは通常クエストと同様に倒した場所で拾うことになる。

現状このクエストでしか出現しないエネミーや、ドロップしない高レアリティ武器も存在する。

ある程度プレイヤー間で連携が取れていないと攻略が難しいことや、「第8回 みんなで決めるゲーム音楽ベスト100」にも選ばれた固有の素晴らしいBGM、多くのレアアイテムドロップが見込める点も相まってプレイヤーからは非常に人気の高い緊急クエストとなっている。

採掘基地防衛戦:襲来

2013年12月18日実装
発生予告メッセージは音が「アークス各員へ緊急連絡。惑星リリーパの採掘基地周辺に、多数のダーカーが集結しつつあります。防衛戦に備えてください。
画面上部に流れる文章が「アークス各員へ緊急連絡。惑星リリーパの第一採掘基地周辺に、多数のダーカーが集結しつつあります。防衛戦に備えてください。

少し横長の正方形に近い広いマップの下側に3箇所の拠点があり、それを守って戦うことになる。広いので移動には時間がかかる。そのためあまり動き回っていると全体に貢献できない。
(このため、ツインダガーナックルのステップアタックランチャーのロデオドライブ、カタナのアサギレンダンテクニックイル・ゾンデと言った移動系の攻撃を所持していると重宝する)
WAVE 1からWAVE 5、そしてFINAL WAVEまでの6回のWAVEに分かれており、WAVE 3には中ボスエネミーのグワナーダ、終盤2つのWAVEには、WAVE 5にはダークラグネ、FINAL WAVEにはダーク・ビブラス、と大ボスエネミーが出現する。

このクエストからゴルドラーダとダーク・ビブラスという新エネミーが登場している。
ルドラーダは後頭部に爆弾を抱えており、部位破壊しないで倒すと爆発したり時間切れすると拠点に自爆特攻を仕掛けてくる。また、武器を装備している場合がありアークスの使用するテクニックフォトンアーツに似た攻撃を繰り出してくる非常に厄介エネミーである。
ダーク・ビブラス爆弾を生成することがあり、その時点での最も遠い拠点へと投擲する。この爆弾は既存の攻撃の中でも随一の破壊を持ち、起爆してしまうとまず間違いなく一発で拠点が破壊されてしまうので起爆前に破壊しなければならない。なおパニックが有効であり、パニック状態にすることで15間、足に一定以上のダメージを与えると5間行動を封じることができるので、その間一方的に攻撃できる。

正結晶のポイントにより利用できるギミックは、拠点ではバーストリア(拠点付近のエネミーを凍結させ、一定時間身動きを封じるギミック。バリアという名前に騙されがちだが、「攻撃を防御する」機い)が500ptと2500pt、耐久回復1000ptと3500pt、防衛ソケットでは座が100ptと1500pt、フォトン粒子5000ptと8000ptで使用できる。

2014年12月3日より新難易度XH(エクストラハード)に対応した。

採掘基地防衛戦:侵入

2014年3月26日実装
発生予告メッセージは音が「アークス各員へ緊急連絡。惑星リリーパの採掘基地周辺に、多数のダーカーが集結しつつあります。防衛戦に備えてください。
画面上部に流れる文章が「アークス各員へ緊急連絡。惑星リリーパの第二採掘基地周辺に、多数のダーカーが集結しつつあります。防衛戦に備えて下さい。
「襲来」が第一採掘基地で行われる防衛戦であることに対し、こちらは建設途中の第二採掘基地で行われる。

かなり縦長のマップであり、全体を4段に分けることができる。拠点は下から1段に1つ、2段に2つ、3段に2つの計5つある。各段にはカタパルトが設置されておりそれを利用して移動することができる。
また、2段と3段の間と3段と4段の間にはがあり、エネミーによって破壊されない限りその間の移動はカタパルトでしかできないが、後ろ側にエネミーが出現することもない(一部の敵はワープを越えて移動する。また大エネミーの場合越しの攻撃が拠点に当たることもある)。
「侵入」の防衛対となる拠点は「建設途中」という設定上「襲来」にべて脆く、一度エネミーの接近をゆるせばたちまち袋叩きに遭って呆気く陥落してしまう。またが破壊されるとエネミーの出現位置が広範囲に分散するため、拠点を守るとともにを守ることが非常に重要になってくる。
WAVE数は襲来と変わらず6で、WAVE 4には中ボスエネミーのウォルガーダが2体、WAVE 3にはゼッシュレイダ、WAVE 5にはダークラグネ、FINAL WAVEにはダーク・ビブラス、と大ボスエネミーが出現する。

拠点の脆さ、出現するエネミーの強さ、クセの強いマップ等、総じて「襲来」よりも高難易度と言え、高ランククリアのためにはより一層のプレイヤー間の協められる。

このクエストからヴィドルーダという新エネミーが登場している。
ヴィドルーダはプレイヤーキャラクターをスタン状態にする攻撃を行うため、スタン状態になったところに他のエネミーから追撃を受け倒れてしまうといったことがままあり、危険なエネミーである。

正結晶のポイントにより利用できるギミックは、拠点ではバーストリア500ptと2500pt、耐久回復1000ptと3500pt、防衛ソケットでは座が100ptと1500pt、フォトン粒子5000ptと8000ptで使用できる。
元々は襲来と違い、拠点のギミックの利用が各キャラクター一回ずつしかできない仕様だったが、アップデートによる難易度緩和という名で使用回数が「襲来」と同様に二回に拡された。

2015年1月14日より新難易度XH(エクストラハード)に対応した。

採掘基地防衛戦:絶望

2014年7月16日実装
発生予告メッセージは音が「アークス各員へ緊急連絡。惑星リリーパの採掘基地周辺に、多数のダーカーが集結しつつあります。防衛戦に備えてください。
画面上部に流れる文章が「アークス各員へ緊急連絡。惑星リリーパの第三採掘基地周辺に、多数のダーカーが集結しつつあります。防衛戦に備えてください。
今度の舞台は、既にダーカーの侵食がある程度進んでいる第三採掘基地。「襲来」「侵入」をかに上回るダーカーの猛攻が待ち受けている。

やや横長の正方形に近いマップでかなり広い。拠点はマップ中央やや下に4つ。カタパルトが各所に設置してあるので移動に活用できる。
WAVE数は「襲来」・「侵入」とは違い8と2回増えている。WAVE 1からグワナーダが出現し、全体を通してグワナーダ、ウォルガーダ、デコル・マリューダ、ダーク・ビブラスブリュー・リンガーダ、ゼッシュレイダ、ファルスアーム、ファルス・ヒューナル、ダーク・ビブラス・ユガとダーカー系中ボス目白押しで出現する。特に中ボスザコ扱いで同時に複数出現する。 またファルス・ヒューナルは耐久などが大幅に強化されている様子なので注意が必要である。
また、このクエストよりダーカー侵食兵器として、機などを設置するソケットをダーカーが侵食し、その侵食されたソケットにダーカー粒子が設置されたり、ダーカーの壁(ダーカー・ウォール)が出現したりと敵側のギミックが存在する。ダーカー粒子は放っておくと拠点に大ダメージを与えるが、個人で破壊することが十分に可である。ダーカー・ウォールも破壊は可であるが耐久値が非常に高いため、破壊もしくは二段ジャンプで飛び越えられるA.I.Sの使用が推奨される。
また上には侵食戦闘機も登場し、こちらも他のクエストで出てくるものより強化されている。

絶望」における最大の特徴として、前述の説明にも登場したアークス側の人迎撃兵器A.I.S(Arks Interception Silhouette)というロボット兵器をソケットより起動でき、搭乗できる。活動限界時間は一回につき2分のみと短いものの、攻撃、攻撃範囲、機動耐久の全てにおいてアークスのそれらを大きく上回る絶大な戦闘を持つ。 A.I.S搭乗時は専用のサブパレットを使用することになり、代わりにギミックや自身のサブパレットは使用できなくなる。
が、それらを補って余りある攻撃性を誇り、A.I.Sを呼び出すだけで戦況がひっくり返ると言っても過言ではないため、『絶望』においてはこれを如何に良いタイミングで上手く扱うか、が極めて重要なポイントとなる。座はもちろんのこと、フォトン粒子すらも牙にもかけない圧倒的な戦である。最初はれない操作に戸惑うかも知れないが、何度も挑戦を重ね、手に染ませておきたい。

WAVE数の多さ、ボスエネミーの多さ、広いマップ、侵食ダーカー兵器難易度現在あるクエストの中でもトップクラスである。

このクエストからダーク・ビブラス・ユガ、 ソルザ・ブラーダという新エネミーが登場する。ダーク・ビブラス・ユガは基本的にダーク・ビブラスの強化版で対応も同じであるが、一度に複数の爆弾を別々の拠点に飛ばすことがあるのでその点だけは注意が必要。ソルザ・ブラーダは周囲のダーカーを強化するエネルギー弾やソケットを侵食する弾を打ち出してくるので放置していると周辺のソケットが軒並み侵食されてしまう。侵食弾は攻撃で破壊可である。

このクエストではWAVEが進むと正結晶で得られるポイントが増え正結晶の見たも変化する。WAVE1~3は従来通り1つ10ptの正結晶、4~6は20ptの純正結晶、7以降は30ptの極正結晶となる。
正結晶のポイントにより利用できるギミックは、拠点ではバーストリア500pt、2500ptと4500pt、耐久回復1000pts3500pts6000pts、防衛ソケットでは座が100pts1500ptsフォトン粒子5000ptと8000pt、A.I.S起動が200pt、7000ptと10000ptで使用できる。また、侵食されたソケットも正結晶のポイントを貯めることで開放できる。結晶ポイントで使えるギミックが重要になってくるので、WAVE間は積極的に結晶を集めたい。
またA.I.Sは強だが、後半(特にWAVE 7以降)重要になってくるので、前半で出し過ぎると総崩れになりやすい。 かと言って出し惜しみをしていてもを守りきれなかったり、後半でA.I.Sが多数出現して戦を持て余してしまうことになるため、事前に使用するタイミングを宣言しておく等、他のプレイヤーとの連携が必須と言っていい。

総じて「絶望」の名に恥じない絶望的な難易度となっている。十分過ぎるほどの準備をした上で挑戦したい。
自身の戦言わずもがな、他の防衛戦以上に参加者との連携が攻略カギとなる。

2015年3月11日より新難易度XH(エクストラハード)に対応した。

採掘基地防衛戦:終焉

2015年12月22日実装
発生予告メッセージは音が「緊急警報惑星リリーパにおいて、ダークファルス【若人】の反応を確認。アークス各員は出撃の準備を。
画面上部に流れる文章が「緊急警報惑星リリーパにおいて、ダークファルス【若人】の反応を確認。アークス各員は出撃の準備を。

採掘基地の正体は、リリーパ地下に封印されているダークファルス【若人】のを削り続ける為の施設だった。
(凄い混乱期だったのによくこんな施設作れたなシオンさん)
しかし外部からを得た事でついに復活しようとする【若人】をせき止める為、フォトンキャノンを搭載した地中探索艇で地中深くに潜り、撃退することが本クエスト的となる。

戦闘部隊は地中探艇、防衛拠点はフォトンキャノンを使用する為の3つのエネルギータンク(1つで発射可で、残りは予備という設定)
全6WAVEと短めながら、三か所のエネルギータンクに三方向から絶望以上の敵勢が襲い掛かり、最終WAVEでは復活しかけたダークファルス【若人】を削らないといけない高難易度ミッション
ただし、絶望と同じくA.I.Sが使用可で、WAVEが短く、必要な結晶ポイントもやや緩和されている為、最強兵器であるA.I.S活用するアークスなら造作もない、はずが……

よりによって侵食されたA.I.Sが襲い掛かってくる。おまけに(スキだらけとはいえ)開幕ブラスターを狙ってくる始末

この「A.I.Sエクソーダ」はアンチA.I.Sといえる性で、A.I.Sの攻撃に対して高い耐性と、味方A.I.Sが近くにいるだけで攻撃が活発になるという厄介な性質を備えている。
反面、通常アークスの攻撃に対しては約4倍という極めて大きな弱点補正がかかる為、A.I.S操縦者とアークスの連携がカギを握る。

開幕からダーク・ビブラス襲来。ヒューナル(人形態)DF三人勢ぞろい、湧き上限を突破して出現する特攻特化の新ダーカー「ダモス」など、ダーカーも最大級。最後に出てくるDFアプレンティス・ジアは倒すのに手間どりすぎると、ミッション失敗必須の極太レーザー持ち。
しかし、これらは均24体起動できるA.I.S及びフォトン粒子ブラスター活用すれば対応可
総合的な難易度絶望より低いとすら言えるが、結晶を拾いA.I.S等を活用する戦略的知識が極めて重要になる。

関連動画

関連商品

採掘基地防衛戦に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

採掘基地防衛戦に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 120ななしのよっしん

    2018/12/10(月) 22:52:23 ID: O4D23CfI3m

    ランダムで終焉来たからいったら2本折れたよ・・・信じられない・・・

  • 121ななしのよっしん

    2019/05/10(金) 10:40:21 ID: /UjvOQcUWo

    もっとやりたいのに全然来ないな

  • 122ななしのよっしん

    2020/01/04(土) 22:09:12 ID: 6E0YHsrT6A

    UH実装してくれ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/29(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/29(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP