散歩 単語

4680件

サンポ

1.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

散歩とは

  1. ぶらぶら歩くこと。
  2. 映画となりのトトロ」の楽曲。(※厳密には平仮名で「さんぽ」)

本項においては1を解説する。

概要

らしなどを的にぶらぶら歩く運動のこと。

特に的地などを設けず、自宅の周辺などをとりとめもなく歩くことをす。

より明確な的を持ったものは、

…といったふうに呼ばれることが多い。
余談ではあるが「徒歩」は乗り物を使わずに歩くこと。

散歩、特にウォーキングに限っては速度を上げるとジョギング・ランニングとなるが同時に負担も増えるため、同じ時間を行うなら徒歩のほうが疲れにくい、自転車ほど速度が出ないため安全といった利点もある。中には自身の通勤通学時の徒歩をウォーキング喩する方もいる。

音楽を聴きながら散歩したり、気になったものをスマホカメラで撮したりといった副次的な楽しみもある。間などは自動車からの視認性が大幅に落ちるため、明るい色の装や反射材等の着用が望ましい。

効果

ぶらぶら歩くとはいっても足の筋肉を使った運動であるため、肥満の防止や足の強化、心の向上などに効果的だといえる。また、間であれば日光浴によるビタミンDの生成の効果もあり、軽い疲れによる不眠症の善につながることもある。

散歩は身体面だけでなく、精面にもいい効果があると考えられており、ストレス発散につながるほか、
の向上にも有効であるといわれている。

事実、古来より多くの哲学者や思想は散歩を好んでいたようで、歩きながら良いアイデアが浮かぶことは多いらしい。理由は運動によっての中身が効率よく換気され血流が良くなることで結果的にが活発になるとも言われるなど諸説ある。頭を使う作業で行き詰ったら、いったん散歩も含めた運動をすることで整理され、休憩しながら率が上がるとされている。

の散歩など、飼育しているペット運動不足ストレス解消のために行う場合もある。

幼稚園保育園が授業で行ったり、入院中の患者などが病室の風景で退屈・絶望しないよう気らしに周囲を散歩するものもあるが、迷子や発作などいざという時に安全を確保できる大人などが随伴する必要がある。

高齢者・注意点
  • 高齢者などは運動になるが、事前に行先や方角を伝えておく、周囲が聞いておくといざという時に助かる
  • ごく稀に認知症におけるである場合もあるため、不審な場合は通報したほうが良い。
  • き巣の下見として行われる場合もある。
    • 容易な防犯手段として、周辺住民などがをかけると非常に嫌がる。

計測・評価など

  • 安としてあらかじめ散歩コース距離地図などで測っておく手もある。
  • 一定速度で歩いた距離によって時速を割り出すこともできる。
  • 万歩計などを活用する手もある。
    • 一歩あたりの距離を測っておき、歩数によって大まかな距離を調べることもできる。(歩測とも)

体重にもよるが30分で約100kcal前後のカロリー消費とされる。
体脂肪を1kg落とすには約7000kcalの消費が必要ともいわれるが。

語源

古代中国では、現代でいう麻薬に相当する、「五石散(ごせきさん)」という物が流行していた。
石、硫黄白石英、石英、赤石脂という5種類の鉱物をすり潰して調合された物で、
中国では不老長寿のといわれていた。

この五石散を用すると、「散発」という身体があたたまる作用が起こるが、
この散発が起こらないと中死するといわれており、
散発をめるために五石散を飲んだ後は歩きまわる必要があり、そのことを「行散」と呼んだ。
そこから「散歩」という言葉が生まれたといわれている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/24(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/24(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP