料理 単語

107345件

リョウリ

4.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

料理とは

  1. 人間文化・嗜好や考えに合わせて食べ物を加工すること。
  2. 調理・加工することによって完成したもの。

のどちらかをす。

自炊など、事の一種とされる場合も多い。

加熱・調理しなければ食べにくく、見たや味が劣るなどの理由から
生存に必要な衣食住の一要素と見なされる場合もある。

類語

調理:1.の加工手順やそれに関わるものをす。
「調理具を持ってきた」とは言えるが
「調理を持ってきた」とは言わない。

料理は1. 2.のどちらの状態もすことができる。
「いま料理してる」「料理を持ってきた」など。

2.は単純に「メシ(飯)」「ごはん」と呼ばれることもある。
ただし厳密には類なども含めてしまうため広義。

概要

人間歴史と料理は切っても切れない関係である。人類が繁栄すれば繁栄するほど料理の種類は増え、文化によって料理の方法も多種多様となっている。

日本で古くから作られていた料理は「和食」「日本料理」なと呼ばれ、料理は大事な文化の一つとして扱われている。季節や冠婚葬祭、宴会、祝いの席など様々な行事でも様々な料理が用いられ、大勢の来訪者に無料で振る舞われることもある。

また経済とも大きく関係し、料理のために人間は年間たくさんのお金を使っている。レストラン食堂といった飲食店、食べ放題出前/宅配といった料理に付随サービスまで様々。屋台やキッチンカーを出店し調理・提供するものや、調理後に出向いて売り歩くといった方式もある。

飯前」「同じ釜の飯を食う」というように、身近な言葉の文化としても深く根付いている。

高い料理の技術がなくとも、スマホひとつで検索すれば簡単に作れるレシピも多数開される。
様々な裏技テクニックを駆使し、忙しいなどに時短したい方々にも重宝される。

個人によって食べ物の好き嫌いが出る場合もあるが、思い出の味、の味として記憶に残る場合も多い。

食べ物 食材の一覧 料理の一覧 も参照。

手順・選択

  • 計量・切削・分離・混合・冷蔵・冷凍・加熱・盛り付けといった様々な手順がある。
    • 加熱だけでも焼く・炒める・煮る・煮詰める・焦がす・丸焼き・蒸す、および加熱時間など様々。
    • 加熱したものを冷ましたり、しばらく寝かせて発酵・熟成させるものもある。
  • 炊飯器電子レンジなど自動で調理・加熱してくれるものも便利。
  • 目玉焼きステーキのように焼き方や焼き加減の好みが分かれる場合も多い。
  • や皿、その大きさ・深さ・色・デザインなども多種多様で、料理形態に合わせて選択される。
  • 季節・気温・湿度に応じて生地や分の分量、加熱時間を変える場合もある。
  • 真っ白の明かりより、黄色がかった電球色のほうが料理が美味しそうに見える。

屋外・特殊

アウトドアキャンプにおいては火を起こしたり、かまどや飯盒を置く場所を設営する必要があるなど少々手間がかかる反面、達成感がある。サバイバル環境下においては野生動物野草昆虫(→昆虫食)、ヘビなどを食材とする場合もある。などがい場合は焼きにしたり、大きな葉やを調理器具や皿にする場合もある。

災害戦場など、火を起こしたり調理をする暇・余裕や具がかったり、火・煙・匂いで敵に気付かれてしまうため調理せずそのまま食べられる非常食・保存食携帯食料レーション等)が重宝される。

王族や政府要人が直接口にするものは暗殺(殺)の危険もあることから、見なども行われる。

昔と現在

食材に関して

かつて交通網が発達していなかった頃のは、干物漬物味噌といった保存食になりがちで、他の季節でも手に入る食材はその地方のものに限られることが多いため、料理をする際の自由度は非常に低かった。その反面、限られた食材をどうにか有効活用しようとして新しい料理が作られてきた歴史もある。

現代においては輸送技術及び保存技術の発展により、季節を問わず、近所のスーパー、下手すればコンビニレベルでも様々な食材が手に入るため、自宅で調理可な料理のレパートリーは非常に多くなっている。

農業漁業・酪農・畜産狩猟・輸送・卸売・販売など様々な人が安定した食を支えている。
中には家庭菜園など、自宅や近隣ので一部を自給自足する方もいる。

道具に関して

料理に使われる具も、時代と共に進化している。

原始の直火天日干し古代の土器・陶器、金属器を使えるようになってからの包丁金属、近年になってからは電子レンジという科学技術による調理器具も増えた。

食べる際に使う具も手づかみから、フォークナイフスプーンといった具から、包装を開けてそのまま食べる[1]など、料理・時代に応じて様々に枝分かれしてきた。

料理を行う理由

いったいどうして人間は料理を行うかというと以下の理由などが考えられる。

  • 食材の大きさを変えるため。食べやすい形にするため。硬さを変えるため。外見を変えるため。
  • 味を変えるため。食欲に刺を与えるため。味覚を楽しむため。食事を娯楽にするため。
  • 衛生面を強化するため。加熱殺菌など食中毒を予防するため。保存期間を長くするため。
  • 食べ物栄養を強化するため。生きるために必要な栄養をしっかり取るため。
  • 食べることが可な部分と食べる事ができない部分を分けるため。

など上記以外にも様々な理由で人は料理を行う。

作る材料や手順を示したものは「レシピ」と呼ばれる。
門外不出の秘伝のレシピや、隠し味の追加によって味に変化をもたせる場合もある。

コショウ七味マヨネーズ醤油ソースなど、調味料事後的に調整する場合もある。

注意点

食中毒
怪我・火災
  • 当然だが具は使用法を誤ると危険。
    • しかし読まずとも使えるからと、注意書き・警告が書いてあっても読まない方が多い。
  • 高温・物・回転体といった危険もあるため、子供と料理する際にを離してはいけない。
  • 慣れない具・環境など、アウトドアキャンプなどで頻繁に事故が起こっている。
  • 児・高齢者に対しては喉に詰まらせるリスクがあるため、与える量や小さく切り分ける点に注意する。
  • 相手のアレルギーの有を聞いておくと安全。
    • アレルギー=ただの好き嫌いと勘違いしてる方もおり、勝手に与える場合もある。

料理(ニコニコ動画カテゴリ)

jp 料理
de Kochen
es Cocina
tw 料理

「料理」とはニコニコ動画カテゴリタグでもある。

映像素材に料理が含まれているものに、このカテゴリタグがあてられることが多い。料理を作っている様子を録画したものが大半を占めるが、ただの記録動画に収まらず、エンターテインメント的な要素を多く含むものや、実用性の高い動画も複数存在する。逆に食用には適さないものをムリに食べる動画にこのカテゴリタグが付くこともある。 また、食文化的に価値のある動画もちらほら存在し、料理好き・食べ物好きにはの離せないカテゴリタグである。

タグの中には料理とは思えぬ劇物の動画も混じっている。まれにアニメ動画釣り動画隠れ蓑としてこのカテゴリタグがつけられることもある。

フィクションにおける料理

料理漫画グルメ漫画では定番。架ではあるがマンガ肉なども有名。

家族、同僚、友人人、男女といった関係性から
キャンプアウトドア趣味部活宴会イベントなど様々な状況と親和性が高い。

女子力を演出したり、手料理弁当を作ってくる、振る舞うといったシチュエーションも。

中にはメシマズ料理の天災)で禍々しい形容しがたい物体(?)を持ってくるオチもある。

近年は料理や食事シーンにこだわっている作品も多く、視聴者食欲を刺する。(→飯テロ
料理を必死に・美味しそうにる様子もまた面かったり、可らしい。

関連動画

粗末にしてかれた例
発想はアレだがが飛び交う例

実用性の高い例

麻薬とかを飲んだ例

人気キャラクター製作した例

ハイテンションになった例

伝説入り(ミリオン動画)

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

 

伝説入り予備軍

   

  

関連商品

関連コミュニティ

 

関連記事

ニコニコ
一覧
行為
番組

記事・動画
食材別料理
ゲーム
その他
欠点

外部リンク

ニコニコ動画カテゴリタグサブカテゴリ一覧2018.11~)
2018年の新規追加カテゴリは太字
エンタメ・音楽 エンターテイメント - 音楽 - 歌ってみた - 演奏してみた - 踊ってみた - VOCALOID - ニコニコインディーズ - ASMR - MMD - バーチャル
生活・一般・スポ 動物 - 料理 - 自然 - 旅行 - スポーツ - ニコニコ動画講座 - 車載動画 - 歴史 - 鉄道
政治 政治
科学・技術 科学 - ニコニコ技術部 - ニコニコ手芸部 - 作ってみた
アニメ・ゲーム・絵 アニメ - ゲーム - 実況プレイ動画 - 東方 - アイドルマスター - ラジオ - 描いてみた - TRPG
その他 例のアレ - 日記その他
カテゴリタグテンプレート by カテゴリタグ(大百科単語記事)

脚注

  1. *ハンバーガー菓子パンのように包装を開けそのまま持って食べる方式では、包装がそのまま皿を兼ねており皿を洗う手間がなく簡易で衛生的。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/29(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/29(水) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP