今注目のニュース
テトラサイクリン歯って?歯が灰色に見えるコンプレックスの解消法とは
都内のマンションは「東京五輪後に暴落する」説を検証してみた
観月ありさ(42)現在の劣化した画像が出回り伝説の少女の面影が全くないと話題に

斯波高経単語

シバタカツネ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

斯波高経1305~1367)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。

概要

足利氏の中では本家に次ぐ有力一門、尾足利氏の当として生を受けた。1323年ごろには当首の座にあったことが確認されている。

他の足利氏と同様元の乱から建武政権の成立まで足利尊氏に従い、建武政権下では祖である足利氏がついた尾守に任じられている。また1334年には楠木正成とともに飯森山で挙兵した旧鎌倉幕府軍を鎮圧するなど、その格に見合った待遇を受けていたようだ。

やがて足利尊氏建武政権から離反すると、これに同調。越前守護に任じられた。1337年、新田義貞恒良親王を報じて賀に進撃した際には高師泰とともにこれを迎撃し、ヶ崎に追い詰め、さらに1338年の藤島の戦いで義貞を討ち取る大金星をあげた。その結果1339年には運のかなめである若狭守護にも任じられている。

1349年以降の観応の擾乱では足利直義についた…のだがどちらかといえばやや中立よりであり、状況に応じて尊氏側に戻ったり直義に戻ったりを繰り返す。まず対立の化の際には直義側につくが、直義が失脚すると尊氏側につき、直義が再帰すると直義に、そして1352年に直義が亡くなると尊氏に帰順した割に、1354年に足利直冬に呼応して尊氏に反逆、最終的には1355年にあっけなく元に収まる。このように、ほかの直義武将が南に何年も身を投じたりしたりしたのにべると、立場は一貫しておらず、の斯波兼がずっと尊氏だったこともあってか、結局越前守護にもあっけなく復帰している。

そして1358年に足利尊氏没後、足利義詮時代に入ると一族の長老として権勢を得た。義詮の補佐役であった執事細川清氏を失脚に追い込み、その後任に幼い息子斯波義将をつけ自分が後見させることで幕政を握ったのである。しかし1363年の大内弘世山名時氏の帰順に貢献するなど、あくまでも幕府の利益のために動いていたようだ。

しかし、である。こうして権勢が高まったことでほかの大名と轢が生じ、佐々木道誉との対立の化から、1366年に義将とともに追放されて討伐の対になったのである。斯波高経本人は杣山の籠でこれを撃退した直後、そのまま亡くなったが、斯波義将の復帰でなんとか、三職の一家になることとなったのであった。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP