今注目のニュース
PayPay、ユニクロ、アズレン、ホルモン...全部つながらない! 「AWS」大規模障害で悲鳴
NHK、見逃し番組視聴サービス「TVer」に参加 26日から 受信契約の対象にはあたらず
セカオワ・Fukase、泥酔投稿にファン驚き 「危険な香りが…」

新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士単語

シンセカイジュノメイキュウツーファフニールノキシ

掲示板をみる(1,727)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士』とは、2014年11月27日発売の3DダンジョンRPGである。
対応プラットフォームはニンテンドー3DS。開発・発売はアトラス

ニコニコ動画タグ表記では『新・世界樹の迷宮2』がに使用されている。
「新・世界樹の迷宮2」 でタグ検索exit_nicovideo

概要

ペルソナQ公式サイトexitにあったリンクブロッコリー)の正体。
2014年8月7日発売の週刊ファミ通にて正式に発表された『世界樹の迷宮シリーズ』の第6作であり、『新・世界樹の迷宮シリーズ』の第2作
本作は世界樹の迷宮II 諸王の聖杯』の再構成に相当する。

前作『ミレニアム少女』で新たに試みた演出面・物語面の強化が評価され、本作『ファフニール騎士』も前作に引き続き主人公固定・CV付き・マッドハウスによるオープニングアニメーション付きである。
また、世界樹の迷宮シリーズでは初めて題歌が付いた。

サブタイトルの『ファフニール騎士』は主人公自身のことで、ヒロイン物語の中心であった前作に対し、本作は主人公物語の中心となり、仲間たちと共に困難を乗り越えていく。また、本作はバトル中に主人公が「変身」でき(フォースキルとして使用)、任意のタイミング戦闘スタイルを切り替えることができる。

2014年11月6日より体験版が配信開始。
ストーリーモード冒頭部分から迷宮の3階までプレイ

スタッフ

システム

基本システムは前作を踏襲し「グリモアシステムや、冒険の拠点となる「ギルドハウス」、従来の「世界樹システム自由パーティー)で遊べる「クラシックモード」、BGMの「FM音源・生演奏切り替え」などを搭載。難易度も「Picnic」「Standard」「Expert」の3種類から選べる。

クラシックモード」では、『世界樹の迷宮III』で登場した職業プリンセスプリンス」や『新・世界樹の迷宮』で登場した職業ハイランダー」がクラシックモードに導入され、ゲーム開始時からキャラ作成・使用が可である。
この他にも前作で不満の多かったクラシック仕様一通善されており、今回はクラシックでも追加ダンジョンに入れて、図鑑完成の障もなく、ネックファフニールが使えないくらいである(代わりにペットは実質クラシックでしか使えない)。
※「ハイランダー」は有料DLC100円)。ゲーム発売から2週間無料で配信された。

世界樹の迷宮内部もオリジナル版とは構造が変わっており、ザコ敵FOEが追加・入れ替えされていたり、敵の種類がマップにある仕掛けを利用してFOEを倒したり足止めしたりして進む仕掛けが追加されている。
の攻撃AGI依存になるなど、各職のスキルの傾向も自体も旧や新からの変更箇所は多い。

バトルシステムは旧にあったフォースキルを発展させたものを採用。「フォースブースト」によるモード変化と、爆発的効果の「フォーブレイク」の二つを使い分けるようになった。特にストーリーモード主人公ファフニール」はこの「フォース」の運用に特化した職業となっている。

ボイスの総量は前作の2倍程度に増えた他、セーブデータシリーズで初めて複数作れるようになり、ゲームカード側に1つ、SDカード側に8つ保存できる。

この他に、クエストイラストを追加するDLCが用意されている。詳細は下記項を参照。

樹海料理・都市開発

本作の「ギルドハウス」は直営料理店。樹海の食材を使った「料理」要素が追加され、作った料理パーティを強化したり、料理を「宣伝」することでで売り出して利益を得ることができる。
食材は武具の素材同様、樹海採集ポイントモンスターからのドロップで入手でき(アイテム欄とは別管理でいくらでも持つことができる)、それをヒントを元に組み合わせることで料理レシピを開発する。
樹海の食材は多岐にわたり、青菜や食べられる種類のは当然として、ゼラチン昆虫、強敵だったFOE機物に至るまで食材として使用できる。

開発した料理は「探索準備」として自分で食べることでパーティを強化することができ、探索に役立つさまざまな効果が得られる。

また、「宣伝計画を立てる」こともできる。内にある区画を選び、住人の話を元に適切な宣伝をすると料理を販売することができ、売り上げを資として得られるほか、店を訪れたNPCの冒険者がグリモアトレード(後述)に登場する。
都市の住人やNPC冒険者は「都市開発」をすることで増加させることができる。

グリモアシステム

前作で賛否あった「グリモア」はシステム良され、わかりやすくなった。
1つのグリモア石に複数のスキルを合成するのではなく、1つのグリモアに1つのスキルとなり、最初は1個、最大6個まで複数個装備できるという単純かつ柔軟な方式に変更された。
さらに、グリモアをトレード・リサイクルできるシステムが新たに導入された。

トレードでは先述の「宣伝計画」によって料理店を訪れたNPCグリモアを交換することができ、リサイクルでは不要なグリモアをまとめて預けておくと高レベルの何かのグリモアに交換される。
これらのシステムによって、前作と異なりパーティにいない職業スキルや武器を積極的に使用できるようになり、的のスキルの高レベルグリモアの入手は楽になった。ストーリークラシックの両方でグリモア活用しやすくなった。
が、付加効果つきのグリモアめてより困難な「グリモアマラソン」を敢行する冒険者もいる。

もう一つ大きな違いとして、全てのグリモアが装備者のスキルレベルを合算するようになった。つまりスキルレベルは自前の10+グリモアの10で、最大レベル20まで上がるようになる。大抵のスキルレベル10でも十分強いが、ゲームクリアを過ぎたあたりから20で運用されるスキルも出てくるようになる。

登場人物

パーティキャラクター

役割分担がしっかりしていた前作とは逆で、前衛後衛のどちらもこなせる職や、ある程度の回復スキルを持つ職を多く含む柔軟性の高いパーティになっている。足りない部分をグリモアで補ったり、状況に合わせて役割を交代したり、隊列を変えながら戦うなどの柔軟な戦法が可
また転職の条件が大幅に緩和されたため、その気になればストーリーモードでも大胆なパーティを組める。

主人公ファフニールCV:緑川光
プレイヤーの分身となる青年。ミズガル図書館の調隊に所属する、右手に刻印を持つファフニール騎士
アリアンナを護衛するため、フラヴィオと共にハイラガーを訪れる。そんな女護衛任務の最中に、異形のモノに変身するを得る。幼い頃にアリアンナと会っているようだが…。
無口タイプ主人公だが、外見からして自己が強く、そのいかつい外見と裏選択肢からどこかズレた雰囲気が漂う複雑な男である。日向さんから20代後半を想定されていたがスタッフの反対により若返らされた経緯を持つ。
専用職『ファフニール』はストーリーに関わる重要な職業であり、転職することはできない。
装備武器はファフニール自体のスキルはどちらでも使用できるが、のほうが威が高く、のほうはソードマンドクトルマグスなど他職スキルグリモアを使いやすい。
STRとTECがどちらも高く、変身前は三色攻撃「〇〇セイバー」やターン経過数や敵のHPなど特定の条件で強くなる技、『変身』に必要となるフォースキルにかかわるスキルを持っている。
変身後は変身前に習得したスキルに対応したスキル、次のターンに最速3回行動できる「アクセラレート」など強なものが追加される。
ちなみに変身前のファフニールは前衛なのに防具・耐久レンジャー(フラヴィオ)とほぼ同等という紙装甲重装備のアリアンナより柔らかく、逆に守ってもらうプレイヤーもしばしばいるとか。かつ、高いとは言えないスピードと中途半端に高めの火力を兼ね添えており、バランスがいいのか悪いのかよくわからないになっている。というかTEC以外全部ソードマンに負けている。ストーリーだと較する機会がないが結構ひどい。
変身するとHPと攻撃が大幅に補強、強専用技が使えるようになり、全クラスでも屈火力を発揮できる。この変身タイミングが最も重要となる。
アリアンナ・カレドニア CV:種田梨沙
レドニアプリンセス。礼儀正しくおっとりとした性格で、天然気味なところもある女様。18歳
未知の遺跡「ギンヌンガ」で年に一度の儀式を執り行うため、ハイラガーを訪れる。
冒険中くるくる変わる表情差分が52種類もあり、設定資料集5ページぶんを埋め尽くしている(他キャラ20種類程度)。前作のフレドリカの表情が足りないと(日向さんが)感じたことからこんなに増えたとか…
彼女職業プリンセス』は仲間を利用して戦う職業で、味方一列を強化する「〇〇の号」や敵味方のバフデバフを解除する「クリアランス」、味方の属性攻撃に同属性で追撃する「リンクオーダー」、バフがかかった味方のフォースが上昇する「レイズモラル」など、味方をさえいれば非常に強スキルっている。特に、「属性攻撃が可フォースブーストの重要度が高い職」と相性が良い。
べるとTECが高い分耐久面がやや下がり「王の血統」もないため自前スキルだけで戦う場合は前に出る必要はない。しかし、重装備が可で近接火力も出るので、グリモア次第で前列でも問題なく戦える。装備武器はに加え、新たにが追加された。ちなみに彼女混乱状態にすると…。
PVFOEに囲まれながらも「なんだかドキドキします」、某鹿を見てかせて「おいしそう」と余裕の発言。天然というか何というか…。
ラヴィオ CV:浪川大輔
ミズガル図書館の調隊に所属するレンジャーの青年。孤児であり主人公とは幼地味染み。
生まれ育ったミズガル図書館へ恩返しをしたい思いで、主人公と共に今回の任務に臨む。
陽気で世話好きな性格でギルドのムードメーカー的存在。常識外れな仲間たちにツッコミを入れる常識人でもある。幼い頃主人公の身に起きた出来事を知る人物で、いつも主人公を気にかけている。
今回の食事担当でもあり、今回大量に登場するムシ系料理と相対するたびに泣きそうな顔を見せてくれる。
本作の『レンジャー』は、状態異常を付与するスキルや様々な補助スキルが追加された。
また、の攻撃AGI依存になったためAGIとLUCが高いがSTRとTECが共に低い。
職業自体は今まで通り中衛という立ち位置で、耐久はベルトラン以外の他3人とさして差はないが、装備な上に前衛が多いストーリーモードであえて前に出る必要はあまりないだろう。
AGIを生かしての火力としての使用も、LUCを生かしての状態異常撒きのどちらも可、特に今作は1回倒した敵は状態異常耐性まで図鑑に載るため状態異常付与が極めて行いやすい。
なお、前作では「を装備しているキャラクターはどんな攻撃でも隊列によるダメージ減衰がない」という仕様があったが今作では近接攻撃は通常通りに減衰するので注意。
ベルトラCV:藤原啓治
面倒臭がりで責任おっさんパラディン。素性はよくわからない
かなりいい加減な男で「は飾り」と言いきるなど、献身的な職業パラディンとしてあるまじき言動が立つ。
しかし、かつては東方樹海都など世界各地をしており、かなりの実者のようだ。また、結構博識。
小森ディレクターく、当初は前作と同じ職業を入れないため、彼のペットになる予定だった。しかし喋らないペット物語に絡め難かったため、歴代シリーズにはいなかった「いい加減なパラディン」となったらしい。
前作同様、本作の『パラディン』も安定した前衛職。スキルからディバイド系が全消滅したが、今作の回復スキルはTECとVIT両方に依存するようになったため回復役としても意外と使えたりする。
パラディンが前衛なんてが決めたんだ?」と言うやる気のない発言をしているが、実際ガードスキルはどこでも使用でき、ストーリーパーティは前衛役が多いので、後衛から挑発しつつ回復や支援を行うのもあり。装備武器はに加え、が追加された。
クロエ CV:井口裕香
感情の起伏に乏しくマイペースドクトルマグスの少女。ベルトランに同行している。
不思議系な性格で、自分の興味があることにしか動かない。よく遠慮な言葉が飛び出るが、本人に悪気はない。 また美味しい食べ物、特におにはがなく、かなりの大食い。(本人にその自覚はない)
生まれたときからベルトランと親交があり、親子のような関係。彼のことは「ベル」と呼ぶ。
ドクトルマグス』は、回復・補助と攻撃を一人でこなせる万職。AGI(素さ)が非常に低い以外はまんべんなく高く、立ち回り次第で前衛も後衛も務まる。
からの変更点がかなり多く、回復スキルは「術:再生」などターンの最初と最後に2回回復が発動する独自のものになり、余裕がある時は効率良く回復できるがとっさの回復には向かない。
は旧と異なり状態異常の種類を問わず追加効果が発動するため非常に強で「:霊攻大」は絶大な威を発揮できるが、自前スキルでは異常付与があまり安定しない。
安定してを使うならフォースブースト「」を使うか、レンジャーやカーメーカーなど他のキャラ状態異常付与を任せてしまうほうがよい。
装備武器はだが、マスタリーがあればでもスキルを使用できる。

サブキャラクター

レジィナ CV:小林ゆう
直営の料理店で料理人を務める女性ハイラガーの大臣ダンフォードの孫
職人気質で仕事に取り組む一方で、人と接するのはあまり得意ではないようだ。
 主人公が集めた食材とレシピを元に料理店で様々な料理を振る舞うほか、都市開発やグリモアアイテムなどのギルドハウス関連の管理も担当し、主人公達の任務をサポートする。
??? CV:井上喜久子
ギンヌンガ遺跡に現れたの人物。その姿は「異形のモノ」そのもので、人間離れしている。
年に一度の儀式る存在らしいが、詳細は不明。CVで性別が察せられるのはどうかと思う。
フロースガルフロなんとかさん CV:新垣樽助
ギルド「ベオウルフ」のリーダーを務めるパラディン男性
クロガネと2人だけでを続けている。主人公ちよりも先に樹海を探索するベテランの冒険者である。
開当初、公式サイトの紹介文で「フローガルス」と誤記されていた。やはり名前は覚えられていないようだ。
クロガネ CV:なし
ギルド「ベオウルフ」の一員である騎士フロースガルと2人だけでを続けている。
主人公ちよりも先に樹海を探索するベテランの冒険者でもあり、初心者冒険者を助ける人懐っこさも持ち合わせる。
アーテリンCV:小島幸子
ギルドエスバット」のリーダーを務めるドクトルマグスの少女
術の扱いに長けており、その実では敵なしと言われている。
ライシュッツ CV:納谷六朗
ギルドエスバット」の一員であるガンナーの老人。
有数の凄腕ガンナーで「魔弾のライシュッツ」と呼ばれ、恐れられている。
ハンCV:亀井芳子
冒険者たちをサポートする宿「フロースの宿」を経営する女将。
お節介好きで宿に泊まる冒険者たちを家族同然のように可がってくれる。
クオナ CV:斎藤桃子
フロースの宿」の女将、ハンナの一人
体が弱く引っ込み思案な性格。母親仕事を手伝っており、母親の代わりに宿の店番もしてくれる。
エクレア CV:山岡ゆり
樹海探索に欠かせない武器や防具などを扱う「シトト交易所」の一人
職人であるを助けようと店頭に立って店番をする、父親思いの嬌ある少女
アントニオ CV:楠大典
場「鋼の亭」のマスターを務める中年の男性
荒くれ者の冒険者が集まる場を切り盛りしながら、の人から依頼を集め、冒険者に紹介する業務も行っている。
マリオCV:小島幸子
ハイラガーの「冒険者ギルド」の長を務める女性
いつも兜を被っており表情は伺えない。兜を外した姿はも見たことがなく、その正体はに包まれている。
ダンフォード CV:秋元羊介
ハイラガーを治める大公宮で察大臣を務める老人。孫は料理人のレジィナ。
樹海を探索する冒険者たちに様々な許可示を出す。
ハイラガーCV:五十嵐裕美
ハイラガーを治める一族の女。もしかして:グラドリエル
であるが病に倒れながらも、を支えるため健気に努を続ける。
名前が変わった某キャラクター CV:松本忍
ゲーム後半に登場する人物なので名は伏せるが、なぜか名前が原作と変わっている。理由は不明。

原作で名前がかったNPCは、女を除いて新たに名前が設定されている。やはりグラドリエルの名前は出せなかった
またメニューから「院」が削除されたため、ツキモリ先生(仮)&アンジュ(仮)超失踪してしまった

DLC

世界樹の迷宮シリーズでは初めて導入された。職業クエストの追加など、様々なDLCが用意されている。
詳細は公式サイトexitを確認されたし。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

掲示板

  • 1725ななしのよっしん

    2018/10/02(火) 20:39:07 ID: HNQbhPjTBj

    個人的にはシリーズの中でも一番好き

  • 1726ななしのよっしん

    2018/11/04(日) 09:14:50 ID: uClkbarBCf

    総合的に見れば職業バランスは歴代でもかなりいい方だし、
    火力PT>耐久PTなのはどのナンバリングでもだし、
    お供呼びボスが多すぎるのはその通りだけど強敵での範囲攻撃の有用性が増したのでスキル振りが面くなったし、
    ボリュームは(X除けば)圧倒的だしで、一番好きな作品だよ

  • 1727ななしのよっしん

    2018/11/04(日) 22:24:04 ID: WNB8Ndfj1J

    「まるまると太っていて、ステーキにしたらとってもおいしそうですね」ってのはいまだに世界樹シリーズ名言だと思ってる

    つまりは動物の殺し方を知っててかつ一切嫌悪感がない事が解るし、の前の敵に対してなく「殺す」という選択を念頭に置いてることになる。冒険者として必要な残さを備えていることを示すセリフを世間知らずなお様という面を崩さず表現してるのは何気にすごいと思う。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP