今注目のニュース
「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実
自転車移動のイライラを解消?最新「電動キックボード」に乗ったら驚いた
「俺好き」第10話、新ヒロイン・たんぽぽが「いいキャラ」とさっそく大人気

新田義宗単語

ニッタヨシムネ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

新田義宗(?~1368)とは、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した武将である。

概要

新田義貞の三男として生まれる。新田義興の生年を考えると、新田義貞、長新田義顕、とは相当幼いころに死に別れている。

ヶ崎後は新田義興と潜伏し、1352年に観応の擾乱による足利直義の死と直義の排除が起きるととともに上野宗良親王を奉じて挙兵し、武蔵野合戦を引き起こした。

上杉憲顕ら旧直義の協もあって小手指原の戦いでは勝利するものの、途中で新田義興と離れ離れになり笛吹を敷いた。その間義鎌倉を陥落させていたが、彼はそのことを知らないまま待ちつづけた。体勢を立て直した足利尊氏軍に敗走し、上杉憲顕の戦線離脱もあり越後に撤退した。

その後は新田義興と合流するも、彼が武蔵で謀殺されると上野に撤退し、屋義治と合流した。やがて1368年に足利基氏政権下で冷遇されていた人たちの起、武蔵がおきると義治とともにこれに呼応。越後で挙兵する。鎌倉軍を悩ませるものの沼田荘の戦いで敗死することとなった。

彼の死をもって新田氏嫡流は孫の代に移り新田貞方、屋義といった人物が系図上に見え、ほかにも子孫らしき人物が室町時代中期までたびたび関東の戦乱に姿を現している。しかし系図上で姿を追える子孫は、庶流の岩氏に養子に入ったとされる岩満純や、岩氏の宰の横瀬氏(由良氏)の祖とされる新田貞氏といった唾物の人物であり、新田氏嫡流はこうして歴史の表舞台からは姿を消していったのである。

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/13(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/13(金) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP