単語

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、~において、という意味の字である。

漢字として

Unicode
U+65BC
JIS X 0213
1-17-87
部首
方部
画数
8画
𣱏
Unicode
U+23C4F
部首
氏部
画数
13画
𤕘
Unicode
U+24558
部首
画数
13画
𤋬
Unicode
U+242EC
部首
火部
画数
13画
Unicode
U+6275
部首
扌部
画数
7画
意味
音の異なる2系統の意味がある。
  1. ・乎・焉と通じて)~において、~に、~より、居る、文の調子を整える助字、
  2. 感嘆の助字。ああ(・嗚と通じる)
字形
説文解字〕には古文として載っていて、〔説文・巻四〕にカラス形とある。ただ文のころから別の形をしていて、もともと別の字が混用されるようになったとする説もある。
符は咅。咅に増える意味がある。
音訓
音読みは1.の場合、ヨ(音)、オ(音)2.の場合、オ(音)、ウ(音)、訓読みは、おいて、ああ、を、に、より。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。1990年に人名用漢字に採用された。
於を符とする漢字には淤、菸、、閼などがある。
於越・於乎・於呼・於菟・於
参考
於の書体が平仮名のもとになり、偏の方が片仮名のもとになった。

異体字

  • 𣱏は、〔玉篇〕にある古文
  • 𤕘は、〔五音集韻〕にある古文
  • 𤋬は、〔五音集韻〕に𤕘と同じとある異体字。
  • 扵は、〔漢語大辞典・異体字表〕にある異体字。
この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/31(土) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/31(土) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP