旅の思い出がこれしかねぇ!単語

タビノオモイデガコレシカネェ

2.1千文字の記事
掲示板をみる(350)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(42)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

旅の思い出がこれしかねぇ!とは、開発期間10年、開発費300億円をかけた日清カップヌードル広告である。

概要

!! 注意 !!

この記事にはファイナルファンタジーⅩⅤエンディングについての深刻なネタバレがあります

2016年11月29日、長い開発期間を経てついにファイナルファンタジーⅩⅤ(FF15)が発売された。
発売前の体験版の時点で期待のFF正式ナンバリングということもあり、ゲーム実況者投稿動画視聴者を集めていた。

その出来栄えについては他の記事に譲るが、10年と300億を費やしたグラフィックは、おにぎり日清カップヌードルなどの生活小物にいたるまで美麗に描かれ、期待を高めていたプレイヤー達をうならせるには充分であり、次世代機ゲームのこれからを印付けるものであった。

しかし、その摯に作られた美麗グラフィックが、ある時点の展開において起こった滑稽な結果に対し、懸かった笑いを提供することになろうとは発売前にはにも予想できなかった……

以下、ネタバレ注意

 

 

 

 

 

 

 

 

喜劇の幕が上がったのはゲーム最終盤、ラスボス前の部屋イベントである。

前提として、本作ではカメラ趣味仲間パーティにおり、彼が好きに撮った写真を就寝前に見せてくれるというシステムがある。これはその日に訪れた・名所の色や、強敵と戦っている主人公の姿など、自分のプレイを振り返る的でもなかなか趣のあるイベントなのだが、それらの写真プレイヤー示しないと保存されず、就寝後に破棄される
他にもサブクエスト等で写真を撮る機会は多々があるが、そちらも同様。保存は強制ではないので、気に入った写真がなければ一枚も保存することなくストーリーを進めることは可
発売後最速プレイ配信中であるため保存する手間を惜しみ、動画実況者は大急ぎでのプレイだったのが功を奏した運の尽きだった。

過酷な使命を果たすべく覚悟を決めた主人公が「最後の戦いにこれまでので撮した写真をひとつ選び、その思い出を胸に抱きラストバトルに挑む」という美しい展開なのだが……

そこに残っていたのは、あまりにもリアルな「日清カップヌードル」を被写体にした写真一枚のみ。

思い出るね これ撮る前とか 撮った後までさ」と、いかにもアルバムにたくさんの写真が収められているかのようなセリフを投げかけるゲーム内のキャラ達に対して、実況者は思わずいた。

だろ…? 旅の思い出がこれしかねぇ!」

実況者は決してネタプレイに走っていた訳ではないが、どうあれ一枚写真を選ばなくてはイベントが進行しないため、嫌でもこの日清カップヌードル写真思い出の一枚として選ばざるを得なくなったのである。

それだけでも十分な笑撃であったが、笑いの神はこの後に降りてきた。

ラスボス戦も終わり、FFメインテーマが流れる美しいエンディング映像の最中、物語を締め括るように一枚の写真が映し出される。それはプレイヤーが自ら選び、主人公最後の戦いを共にした思い出

そう、あのラスボス戦前に選んだ日清カップヌードル」の写真である

世界を闇から救って命を落とした主人公と、その主人公キーアイテムを渡して20分間で物語の中盤で折した人が、生前では着ることのできなかった結婚式用の晴れ着に身を包み、感慨深くほぼ上から撮っただけのカップヌードルシュール写真を眺め、幸せそうに口づけを交わすアバンギャルドなエンディングに、台しになった感動が最高の笑いに昇されて爆ぜていった。

計らずしもこの実況者は、10年と300億円を費やした大作RPGオチ日清カップヌードル」の宣伝で締め括るハメになってしまった。

この出来事がきっかけで彼は光の戦士"カプティス"と呼ばれるようになる。

補足:なんでカップヌードル写真だけ保存してあったの?

上記の通り、くだん実況者は最速プレイ中だったため写真を選定せず破棄していたが、とあるサブクエスト(「極上をめて ~最上級の~」※カップヌードル絶品なベヒーモスモモを追加して食ったら絶対うめぇでしょというだけのクエストでのイベント写真だけ気に入り保存していたのだ。

余談

上記の動画は発売日の11月29日に撮られた配信であり、あまりのインパクトに「日清カップヌードルの新しいCM」とまで言われていたが、なんと12月4日モノホンの「FF15×カップヌードル」のCMが発表(音が出ます)exitされた。
一応誤解のないように記しておくと、スクエニ本社と日清食品東京本社は、ともに東新宿駅のそばにあり、ご近所のよしみで深い交流exitがある。そのご縁で作られたCMで、限界までふざけており面い出来なのだが、例の動画が既に知れ渡っていたため、かわいそうに一部からは二番煎じ扱いされてしまった。

関連動画

ある意味こちらも物議をかもしそうなバージョン

関連商品

関連コミュニティ

旅の思い出がこれしかねぇ!に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/02(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/02(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP