今注目のニュース
「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫相手の妻だった
「引きこもりの弟がなんか作ってたから観てあげて~!」→緻密すぎるピタゴラ風装置に絶賛
患者「薬をなくしたのに…」 続くヤバい言葉に、医師も絶句!

日向咲単語

ヒュウガサキ

掲示板をみる(58)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

日向咲ひゅうが さきとは『ふたりはプリキュアSplashStar』の主人公の一人である。
担当声優樹元オリエ

概要

日向咲

夕凪中学の2年生で、ソフトボール部のエースピッチャーである。10連続三振を記録したこともあり、それまで一回戦負け常連の弱小校だった夕凪中をファイナルまで勝ち残らせるまでに成長させた功労者である。
その性格と実と功績から3年生ではキャプテンを務め、チームを優勝に導くことになる。

は「PANPAKAパン」というパン屋である。

の下で、美翔舞および、フラッピチョッピと運命的な再会を果たしてから、ダークフォールと戦うプリキュアである、「」キュアブルームに変身することになる。
また、戦いが進む中で舞とともに、ダークフォールの一員であった霧生満霧生薫姉妹を暗闇から導き、その中で彼女らが救ったムープ・フープと出会う。特にムープからをもらうことで、「天空に満ちる」キュアブライトに変身することができるようになる。
ダークフォールとの戦いが終わった後も、他のプリキュアとの交流の中での戦いで、キュアブルームからキュアブライトへの直接フォームチェンジが可になる。さらに、レインボージュエルからをもらうことでそのどちらの特性も持ち合わせた「キュアレインボー・ブライティブルーム」になった。

キュアブルーム・キュアブライト・ブライティブルームの解説は各項を参照。

性格は、「ひまわり」「太陽」と喩されるほど明るくポジティブで、常に周りをひっぱっていくタイプソフトボール以外の運動は未知数だが、学力芸術センス底辺レベルである。
料理は人並み以下くらい。ただし、の関係上パンなどを作るところはそれなりにできるようである。

親友である舞の美翔和也に惚れている。彼自身も咲を気にしている様子である。

太いと広いチャームポイントで、その顔立ちがどことなく「タヌキ」を連想させるため、ファンの間からは「たぬたぬ」「タヌキ」などと呼ばれている。
ただし、広い変身するとその率が減少し、キャラの立場をパートナーに譲ることになる。

口癖は「絶好調なりー!」であるが、不調のときには「絶不調なり・・・」と言った事もある。ちなみに「ほいさっさー!」ではない。「がくっ・・・」説もある。だれだ?「月光蝶なり!」とか言ったは?
また、某アニメコロ助のように語尾にやたらと”なり”を付けることはない。

生年日は1992年8月7日。設定上はなぎさほのかの二つ下で、ひかりと同い年になる。
そこ、カレンダーを見るんじゃない。

家族構成

キュアブルーム

キュア・ブルーム、笑顔!

--

咲が、フラッピの大地の変身するプリキュア
花鳥風月におけるキュアブロッサムとかキュアフラワーとかはあんま関係ない。

前作の三人とは打って変わってカラフルカラーリングコスチュームに身を包んでいる。髪の毛もまるでひまわりのようになる。劇場版ブライト変身を見るとよくわかるが、変身中は髪の毛がかなり増量される。

格闘戦を体に戦う。特に精霊をこめたパンチは強。後述のブライトチートさに見劣りするため劣化フォームと言われがちだが、単独でのドームリアブライトはピンだと前方のみの弾バリアが基本)や先の精霊パンチブルームの特権と言える。

さらに後半では精霊が強くなり、ブライトとのパワーバランス善されたため、状況に応じて使い分けるようになった。

オールスターズDX1での、ウザイナー飛ばしは圧巻である。

キュアブライト

-天空に満ちる-

咲が、ムープのを受けたフラッピ変身するプリキュア
花鳥風月における。舞の変身するキュアウィンディと合わせて、フォームとも呼ばれる。

デザインコンセプトイメージしているためカラーリングは薄い黄色で、ブルームにべ肩やスカート曲線を強調したデザインになっている。

この姿になることで単独での飛行を会得し、さらに遠距離体の戦い方に変化する。スパイラルリングをベルトのように装着することで他のプリキュア同様2段階のパワーアップをするのだが、その伸び幅が半端ないことでも有名。例えるなら仮面ライダーBLACKRXになった後のチートっぷりを想像して欲しい。

ブライトの特徴として、の弾を生み出しそれを攻防に使い分けるを持っているが、この球の万性が異常なのである。
基本として明かりとしての使用は論、それを強くすることで敵にくらましを食らわすことが出来る。
さらにリング装着時のみ拡散・単発の撃ち分けが可エネルギー弾としても発射することが可で、最大までチャージすれば元気玉サイズの攻撃が出来るため、他のプリキュアとの連携では最後のとどめ役を任されることも。(チャージに非常に時間がかかるため、その間は防備になるのが欠点)
精霊リアは前方のみと範囲が狭まったが、新たにカウンターを得たため、飛び道具を跳ね返すことが可になった。
また、これは没になってしまったが、プリキュアオールスターズDX2の特報ではの上をサーフィンしているシーンが存在する。

放映当時~放送後にかけて、そのチートさや活躍に対して商品化に恵まれず、ファンアートも少なめと不遇さが見られた。

が、近年シーエズコーレーションより限定版(宮沢模型流通限定、実質通常発売のようなものだが)のアクションフィギュアが発売された。ブルーム自体それほど商品化に恵まれているわけではなく、ファンとしては待望であったこともあり結構売れてるらしい・・・とか。ちなみにお膝下東映アニメーションオンラインショップでは、割引設定されていなかったのにも関わらず即予約した。

キュアレインボー・ブライティブルーム

プリキュアオールスターズDX2とDX3のみ登場した、咲の側のスーパーモード
名前はブライトブルームではなく、ブライティブルームなところがちょっとブレンディ。
放送後にスーパーモードという点から仮面ライダークウガでいうライジンアルティメット的な立場にある。
DX3ではウィンディイーグレットと組んで、従来の必殺技である「プリキュアスパイラルハートスプラッシュ」を放って活躍している。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP