日向順平単語

ヒュウガジュンペイ

1.4千文字の記事
掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日向順平ひゅうが じゅんぺい)とは、週刊少年ジャンプで連載していた漫画黒子のバスケ」の登場人物である。

CV細谷佳正TVアニメ) / 川田紳司VOMIC

概要

プロフィール

高校男子バスケットボール将。高校アウトサイドを担う。

間のに隠れているが凄まじい成功確率を誇る3Pシュートで何度も高校ピンチを救ってきた。苦しい戦いでチームの心が折れそうな時はキャプテンとしてを発し奮い立たせるなど、木吉と共に高校の精柱となっている。口癖は「だァホ」。

一見地味で普段はそれなりに温厚だが試合に掛ける心意気は熱く、更に一度スイッチが入ると敵味方関係く暴言を吐く毒舌な人格が表に出てくる。この状態になると常時より集中が著しく向上し、そうそうシュートを落とさなくなる(他のチームメイトはこの状態を「クラッチタイム」と呼んでいる)。
この二重人格気味のクラッチシューターになった理由は、将としてチームを引っっていけるようプレッシャーに強くなるために「練習シュートを外した数だけお気に入りの戦国武将のフィギュアを壊す」というスパルタ特訓を行った結果性格が少しんだためらしい。ちなみに折ったのはカントク。後に相田虎のトレーニングを受け、相手のブロックを躱しつつシュートを撃つ「不可侵のシュートバリアジャンパー)」を体得した。

リコとは同じ中学の出身で、とは共にバスケ部だった。中学時代は練習は休んだことがく、近所のリコジムで鍛えたりなどもしていて相当の実を持ったシューターだったらしいが、試合には一度も勝てず(く自分も含めたチームメイトの実不足の為らしい)更には中学の強さに諦めすら漂う現実に悩み、高校入学と同時にバスケを諦めて辞めようと思っていたという。
その反動を伸ばし金髪に染めてヤンキーぶる真似までしていたが、バスケ部のかったに自ら創部をした木吉のしつこい勧誘と説得の結果バスケを諦めきれない自分を認め、「嫌いな木吉に大好きなバスケで絶対に負けたくない」と高校バスケ部に入部した。そして、木吉の推薦とみんなの賛成を得て将となる。 その後、怪をして落ち込む木吉を奮い立たせ、一緒にプレイ出来る最後のチャンスである来年に日本一になることを共に誓った。 木吉のことを食えない・しつこいなどの理由で「嫌い」と述べているが、再びバスケに向かわせてくれたこと諸々については「恩人」と述べ感謝している。ただし、なかなか素直になれていない。

ちなみに黒子たち1年生標宣言時にリコに「標達成できなかったら全裸で好きな子に告白してもらう」といわれているが、これは日向1年生の時の標宣言時に教師らから呆れられた際に逆ギレして啖呵を切ったところから来ている。

学業の成績は中の上程度で社会が得意らしい。

上記のように戦国武将フィギュアにハマっており、部室ロッカー内にはジオラマが出来ている。

虎からは「プッツン眼鏡」と呼ばれる。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 25ななしのよっしん

    2014/01/30(木) 20:30:24 ID: ZOqOh8JC9l

    しっかりしろ日向、これで負けたら全裸告白だぞ

  • 26ななしのよっしん

    2014/09/11(木) 00:19:12 ID: OBNdWWYYwE

    結局リコとはどうなったのか? 最終回見る限り、現状維持っぽい感じはするんだけど・・・

    切るシーンから決勝戦でのやりとり、名前呼びとかいろいろフラグ立てておいて駄でしたーとかになったらさすがに笑えないんですが

  • 27ななしのよっしん

    2014/12/05(金) 04:33:00 ID: rkAg8G+L98

    公式で木吉とリコは一時期付き合ってたが確定で木吉に当たりが強かったのってリコを取られてたってのも大きいのかね

    名前呼びの条件的に付き合ってる可性は高くなったかな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/27(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/27(月) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP