日常系単語

ニチジョウケイ

2.5千文字の記事
掲示板をみる(527)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

空気系とは、エンターテイメント作品における概念ジャンルの1つ。日常系とも呼ばれる。

千秋からの告知 この記事は、空気系・および日常系に関する情報を淡々と書く物です。
過度な期待はしないで下さい。
あと、頭を空っぽにして、現実世界から3メートルは離れて見やがって下さい。

日常系とは漫画アニメドラマ映画・その他エンターテイメント作品で用いられる概念、またジャンルのこと。英語圏では「Slice of life」とも言う。

類似する概念として「空気系」がある。「空気系と日常系は別物ではないのか」というも多く聞かれ、何かと意見の分かれるジャンルでもある。

概要

普段と変わらない日常生活といった内容にスポットを当てたものが多い。
衣食住庭・学校社会人休日・一人暮らしと幅広い。

一言で説明すると
「劇的なストーリー展開を極排除した、登場人物達が送る日常を淡々と描写するもの」。

作品全体の雰囲気・空気感を楽しむのがな楽しみ方であるため、こう呼ばれる。「日常」と言っても漫画では原作者のセンスキャラクターの性格や持ち味などを加味して描写されるため「お前のような日常があるか」と言いたくなるようなものが出てくる事もある。しかしそれを何回も繰り返して様式美にするとそれが日常になり、とんでもないラストになっても次回でほぼかったことにした日常が繰り返される。必ずしも現実世界と乖離してはいけないということではない。

特徴

とにかく底して物語性の排除が進められたために、他のジャンルべて重厚なストーリーや壮大なバトルシーン手なギャグパート鬱展開も少なく、さらにはオチすらもつけずに次の場面へ進む場合も有る。このため、しばしば「中身がい」と揶揄されたりもするが、それ故に疲れたときに肩のを抜いてリラックスながら見るには最適であるとも言える。いわゆる癒し系

希にラブコメミステリーなど他のジャンルとの融合も見受けられ、どちらにも当てはまるような作品もある。

ただし平和日常すぎると読者の飽きが来てしまうため、要人物やゲストキャラクターが癖のある変人、トラブルメーカー、奇抜な特技・特殊を持っていたり、「××○○する」など一応の的を持っているといった設定が付与されている場合も多い。[1]

原点

ジャンルの発生・流行までの経緯や歴史等の詳しいことはWikipediaexit参照。この作品群の直接の原点は、あずまきよひこによる4コマ漫画あずまんが大王」とする資料が多い模様。ただしあくまで日常系という言葉が発生したという意味であり、それ以前の作品でも日常系の定義に該当する作品はある。アニメ漫画だけでなく、ドラマにも該当される。
漫画の場合、このジャンルを多く扱う雑誌はに「まんがタイムきらら」、「まんが4コマぱれっと」、「コミックキューン」などがある。

扱われやすいもの

日常系とアニメ業界の関わりとか何とか

ニコニコでもとりわけ知名度が高い「らき☆すた」、「けいおん!」、「ご注文はうさぎですか?」など、ごく一部のヒット作を除いてこの手のジャンルアニメは他のジャンルアニメ作品とべてもテレビ放映時点での視聴率も映像ソフトの売り上げも特別高い方ではく、むしろ下から数えた方がい位置にいる事が多い。

にも関わらず、このジャンルアニメ作品が制作され続けるのは、(ヒットチャート圏外に飛ぶなどして)傍には少なく見えるような売り上げでも、収益率で言えば(余程プラン展開でもしていない限りは)そこそこの投資とそこそこの利益でペイできるという事情がある。(出展:ISBN-13:978-4873763590)

しかし2013年以降はヒット作が連続で登場することも増えてきている。

日常系と設定することのメリット

作品を日常系と設定することによって読み手や作り手に以下のメリットが考えられる

読み手

  • 世界観が現実世界を題材にしているので専門用を覚える必要が少ない
  • 作品を途中から読んでも問題なく、順番にみなければわからないという制約が
  • キャラ背景に変化が少ないので、最初に抱いた印をほぼ壊さず読む事ができる。
  • 様式美形式美などオチ読みやすく、この作品を観ればどんな気持ちになるかを推測しやすい
  • 学校生活など、あるあるな展開は共感を得て近感が湧きやすい。
  • 「こんな学校生活を送れたら楽しいだろうな」など、読者の願望が半ば投影されている場合もある。

作り手

  • 心理描写の変化や急な展開、ペース配分や伏線など複雑なプロットを考える必要が少なく、最初に考えたコンセプトを貫く形で作品を作れる。
  • 季節イベント特定の日にちなど普段の現実でのイベントを作品のキャラに当てはめれば物語が成立し、これだけでかなりの文章量になる。また、年齢経過の概念がなければしばらく経過したら同じ季節イベントで別の物語をつくることができ半永久的に現実イベントから作品の物語の題材を抽出することができる。
  • 題材を長続きしやすいということは一定のファンを獲得すればその作品で長期間の連載が可であり、安定した収入が得られる。変化が少ないため大きくファンが増減しないということはそれだけ外部からの作品に対する注文が少なくなり、自分の思った作品を作り出すことが出来る。実際に非常に長期連載を続けている作品は多い。

その他

関連項目

脚注

  1. *的がいつまでも達成されないもの、着々と達成されるもの、最終回直前で達成するもの、達成した後に新たな的(次章)ができるなど作品によって差がある。
  2. *重厚なリアル絵で描かれたものから、滑稽に描かれた4コマ漫画形式まで様々。
この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 525ななしのよっしん

    2022/10/28(金) 03:29:17 ID: 3ACKwCwaMP

    最近は人とれるようなコンテンツが需要あるから話に中身が日常系はあんまり話題にならんのよな
    きらら系みたいなのでもどのキャラ可愛いとかだけで話題は広がらないし(個人で楽しんでる人は結構いるはずだけど)

  • 526ななしのよっしん

    2022/10/29(土) 20:14:14 ID: p+Dk54CJDs

    >>525
    話に中身がなくてもコンテンツそのものに人がいればれるからそういう理由ではないような
    作品よりもファンの方に問題があるともうけどな、10年代後半から売上が減っていった上にコロナに入ってから内ゲバ起こして荒らす人が多くなったし作品のクレーム細なことで起こるようになった
    スーパーカブのように人が集まったら炎上させようとする人もいるし、日常系が好きなのに日常系を流行らせようとする気が全くない、むしろの大きい人ほど逆に衰退させようとしているとしか思えないんだよなぁ

  • 527ななしのよっしん

    2022/11/17(木) 19:30:35 ID: ++/8RF9z48

    まんがタイムきららMAXなんてやべー漫画ばっかりで日常系っぽいのなんてもう「ご注文はうさぎですか?」くらいしかないよな。
    きらら系とか未だに言っている人いるけど、なろう系とかと同じで既に実情に合ってない。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/29(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/29(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP