日本アニメーション単語

ニッポンアニメーション

1.5千文字の記事
掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日本アニメーション株式会社 (Nippon Animation Co., Ltd.) とは、日本アニメーション制作会社である。

概要

1975年、「アルプスの少女ハイジ」で知られる瑞エンタープライズ(現:瑞株式会社)の制作部門、ズイヨー映像スタッフが、上層部との対立の末全員がズイヨー映像を退社、「日本アニメーション」として独立したのが始まりである。

その際、ズイヨー映像制作していた作品をすべて引き継ぐ形となった際、「フランダースの犬」「みつばちマーヤの冒険」は開始後数話で「制作:日本アニメーション」となり、その後全話が日本アニメーションの版権管理下に置かれた。そして「アルプスの少女ハイジ」の全話と「小さなバイキングビッケ」の1話~52話までは瑞エンタープライズの版権管理となり、特に「ビッケ」はDVD-BOXが第1弾・第2弾(瑞)と第3弾(日本アニメーション)で発売が分かれる事態に発展している。

なお、現在の「ビッケ」の公式ホームページは瑞側(瑞の関連会社サンクリエート)の物で、話数も1話~52話までしか紹介されていない。キャラクターグッズも瑞からしか発売されておらず、事実上瑞一社管理である。

1990年代末までは月刊少年ガンガン原作アニメ群や「世界名作劇場」「ちびまる子ちゃん」などのヒット作に恵まれたが、2000年台に入ってからはかつてのズイヨー映像の如くスタッフが流出し、作品数が急に少なくなってしまった。現在は「フリースタッフを結集させる」「他のアニメ制作会社に委託する」と言った形で細々と制作を続けているのが現状である。

作風

世界名作劇場」(上述の版権問題により、「アルプスの少女ハイジ」はこの中に含まれない)を筆頭に、世界名作文学アニメーション化したものが他と会社とべても非常に多いのが特徴。また1990年代は、月刊少年ガンガン連載の漫画アニメ化することが多く、特に「南国少年パプワくん」「魔法陣グルグル」の2作は大ヒットとなった。

その反面、ロボットアニメには縁がく、現時点では「ブロッカー軍団IV マシーンブラスター」「超合体魔術ロボ ギンガイザー」の2作のみ(しかも自社制作ではなく、当時タツノコプロダクションから独立したばかりの葦プロ制作)であり、いずれも大成功を納めることは出来なかった。

主な作品

削除状況

他の削除情報をGoogleで検索するexit

動画 詳細
南国少年パプワくん 第14話exit_nicovideo
HUNTER×HUNTER 1話 「旅ゆく少年×風の音を残して」 1/2exit_nicovideo
みつばちマーヤの冒険 第01話「マーヤの誕生」exit_nicovideo
魔法陣グルグルの作画がフリーダムですexit_nicovideo

関連商品

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/28(土) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/28(土) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP