日本国憲法第24条単語

ニホンコクケンポウダイニジュウヨンジョウ

掲示板をみる(28)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日本国憲法第24条とは、日本国憲法の第3章(民の権利及び義務)にある条文である。

概要

庭における個人の尊厳と、男女両性の本質等を謳った条文であり、1898年明治31年)制定の民法明治民法)が定めていた長制、制度の否定を掲げている。

この条文に基づき、現行の民法1947年昭和22年)に定められた。

   婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協により、維持されなければならない。
2. 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質等に立脚して、制定されなければならない。

この条文を発案したのは、日本過去10年間の滞在経験があり、日本女性の地位の低さを認識していたGHQ民政局員のベアテ・シロタ・ゴードン(1923~2012)であり、もととなる案にはより事細かな権利に関する規定が定められていた。

なお、第1項に「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」とあることから、この憲法下では同性婚が認められないのではないか、と解釈される向きもある。
しかしながら、現行法制下で同性婚が違であることを争った事例がまだい上、第1項の続きに「夫婦が」とあることからこの条文は両性婚における男女平等を掲げただけであり、 憲法問題とはならないと解釈する向きも存在する。

上述の通り、この憲法条文の成立背景明治民法下で存在した「親による婚姻離婚の強制」や「男性による女性支配」の否定であり、同性婚の禁止はその趣旨にないと考えられている。 

同性婚に関しては第24条第2項の「個人の尊厳」、また第13条の「幸福追求権」等の条文を根拠に認めるべきというも存在している。 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 26ななしのよっしん

    2020/01/26(日) 12:03:28 ID: 7LgvWmTE/K

    婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し」ということは、
    両性の合意があればすでに他の配偶者と婚姻関係が成立していても、
    新たに他の者と婚姻関係を結ぶことも認めるべきでは?
    「配偶者の選択(中略)に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質等に立脚して、
    制定されなければならない。」ということは
    甲男が子、美の2人と結婚したいという場合、
    両性の等が保されれば(例えば子や美も同様に甲男の他に丁太と結婚できるなど)、
    甲男が子、美の重婚を認めてほしいという個人の尊厳を認めるべきで、
    重婚を認めない民法732条や刑法184条は違では?
    重婚を禁止する法律を作るなら憲法正するべきではないだろうか。

  • 27ななしのよっしん

    2020/06/05(金) 13:51:37 ID: tcDHuqCDWc

    24条オリジナル解釈改憲するなら9条も解釈改憲すればいいって事だな?

  • 28ななしのよっしん

    2020/07/10(金) 17:23:33 ID: vU+RsvzWk1

    役所が同性婚を認めないのは合という話を、同性婚は違という話にするなよ
    不可能の話なら可なんだよ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/01(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/01(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP