日本百名山単語

ニホンヒャクメイザン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日本百名山とは、深田久弥の随筆である。また、氏が選定したヶ所の名山のリストについてもす。

概要

 1964年刊行。氏が登った日本列島の山から座選び、それぞれの山を題としての随筆を記したものである。要するに、著者が自身の主観で選んだ「ぼくのかんがえた最強のやま100」である。論、主観的であることは深田自身も承知していたようで「私の眼はの如くではない」としながらも、選定基準として次のものを挙げている。

百名山の選定基準

①山の品格:が見ても立な山だと感嘆し、厳しさ、強さ、美しさなど人の心を打つもの

②山の歴史:昔から人間と深い関わりを持ち、人々が夕仰いで敬い、その頂に祠をるような山

③個性のある山:芸術作品のように、その山だけがそなえている独自の個性を持つもの

 これらの条件に加えて、標高およそ1,500m以上という線引を行った。新潟県の弥山、京都比叡山、福岡の英山などは古くから歴史のある名山であるが、標高が低いためにリストから除外されている。ただし例外もあり、筑波山、開聞岳のように標高1,500m未満であるがリスト入りしている山もある。

 また、名山補に入っていたものの、執筆当時において深田自身が未登頂のために削られた山も多く、氏は「それらの山に対して甚だ申し訳ない」とり、また機会があれば若干の差し替えをするつもりであることも述べている。

 その他、個々の山については、ニコニコ動画に記事のある山を中心に日本国:山一覧にまとめられているのでそちらを参照してほしい。

「日本百名山」の功罪 

 深田は執筆当時までの50余年の間に、とにかく多くの山に足を運び、その経験からくる自信でもって名山を選定した。そのためか、これとは独立名山を選定した団体・個人もいたものの、本著は事実上の決定版として多くの登山客にされる結果となった。そればかりか、名山のリストだけが存在感を増し、一人歩きをはじめてしまうことにもつながった。確かに、名山に選定された山はどれも歴史的、文化的価値の高い山ばかりである。しかしながらリストから漏れた山についても決して山としての資格が失われたわけではないし、価値がなくなってしまったわけでもない。事実深田名山以外の山についても多くの文章を残している。登山をする人には、名山」という単に縛られずにさまざまな山に登り、山の魅を存分に味わっていただきたい。

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

日本百名山に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2015/05/18(月) 21:38:42 ID: p0WRLbgfpE

    sm26286683

    NHK衛星第2の頃の動画をUPしました。

  • 7ななしのよっしん

    2015/05/18(月) 21:45:56 ID: O0mi0WeDCS

    >>sm26286683exit_nicovideo

  • 8凡人

    2016/07/22(金) 21:55:09 ID: DSum52uI8p

    長野県民だからどこを見ても名山なのね
    ありがたみを感じないなぁ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/21(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/21(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP