今注目のニュース
有吉弘行ボヤく「朝日奈央みたいな弟子が欲しい」
「専業主婦になりたいと望むのはダメなこと?」21歳女子大生の悩みに忠告相次ぐ「頭の中がお花畑」「望んでなるものではない」
けがから転落が始まった50代男性…現役世代「孤独死」の背景にあるセルフネグレクト

日本航空単語

ニホンコウクウ

掲示板をみる(229)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

日本航空(日本航空株式会社Japan AirLines)とは、日本航空会社のひとつである。
アジアでは大きい航空会社のひとつであり、日本の所謂「フラッグキャリア」。世界的な航空連合「ワンワールドoneworld)」加盟航空会社。

通称は日航JAL(ジャル)。ボーイングカスタマコードは46である。(経営統合相手の旧・日本エアシステムJAS)は89であった。)

概要

鶴丸

日本航空
JAPAN AIRLINES
ICAOコード JL
IATAコード JAL
コールサイン Japan Air
アライアンス ワンワールド
保有機材数 228
(2018/3現在
ハブ空港 東京/羽田
東京/成田
大阪/関西
大阪/伊丹
就航地 253都市
(2018/2現在
(他社運航便含む)

戦後日本国籍の航空機の運行禁止の解除が行われた後の1951年8月に設立。まずは1951年8月フィリピン航空からチャーターしたダグラスDC-3にて関係者を対とした招待飛行を実施。

同年10月ノースウエスト航空(→デルタ航空)保有のマーチン2-0-2「もく号」で東京国際空港羽田)-大阪国際空港伊丹)-福岡空港(当時板付空港)間にて運航を開始したのが始まりである。後にダグラスDC-4も導入。

当時はGHQによる日本の占領が終結しておらず、日本航空による自運航が認められなれず、旧連合営の航空会社出資の共同設立会社であるJDAC (Japan Domestic Airline Company)への運航委託が必要となっていた。そのため、当初はJDACへ出資していたノースウエスト航空から乗員ごとチャーターして運航していた。

1952年4月に前述の「もく号」が伊豆大島において墜落事故を惹き起こし、乗員と乗客全員死亡する大惨事となった。この事故もあり、同年10月からはJAL自社による自運航が開始した。

1953年10月には日本航空株式会社法(1985年止)の成立を受け、JALは日本政府民間が出資する特殊会社となった。JAL旧社は権利義務を特殊会社となるJAL新社に継承して解散した。

そして同年11月には戦後日本航空会社として初の際線の運航を開始した。この時に導入したのがダグラスDC-6で羽田空港-ウェーク島-ホノルル空港(→ダニエル・K・イノウエ空港)-サンフランシスコ空港間であった。後にダグラスDC-7、そして日本で初めてのジェット旅客機であったダグラスDC-8を導入した。

内線においては幹線のみで当時運航が認められており、内線用としてボーイング727を導入した。この機材は全日空ANA日本国航空(→東亜航空日本エアシステム→JALと経営統合)も導入しており、当時の航空大手3社が導入する機材となった。

当時は未熟であった航空業界の発展を促すため、運航路線を規制していた45/47体制のもとで1986年まで日本において定期際線を一運航する日本フラッグキャリアとして成長した。

マーク塗装(画像上段、2008年一旦止、2011年復活)で親しまれ、1970年代にはDC-8を置き換えるために、ダグラスDC-10ボーイング747などの大機を導入しサービスを向上させて行った。また、B747世界で最も導入した航空会社としても知られていた。(B747100機以上発注した航空会社はJALしかいない。)

しかしフラッグキャリア故に1970年代にはよど号ハイジャック事件、ダッカハイジャック事件等、新左翼テロリストの標的となる事が度々あった。また1972年には年に墜落事故2件(ニューデリー、モスクワ)を含む重大事故を4件起こすなど、「親方日の丸体質」だとして厳しい非難のを向けられることもあった。

在りし日のジャンボ(2004年11月)
京浜工業地帯と飛行機(2010年7月14日)
JAL ボーイング777 鶴丸塗装

1980年代には円高が進み、各航空会社との競争も化した事から運賃を下げ一般人でも海外旅行を楽しめる時代が到来した。その後一時運輸実績が世界1位となった事もあった。

だが1982年2月9日羽田空港に進入していた350便(DC-8)が逆噴射により羽田墜落して24名が死亡する事故が発生。

更に1985年8月12日には123便が油圧喪失により群馬県上野村(御巣の尾根)に墜落、単独機では2018年現在においても世界最悪となる520名の死者を出す事故ボーイング747SR/JA8119)を起こした(日本航空123便墜落事故)。

これによりJALはANA新幹線へ客が流れてしまい業績が悪化した。更に同じ年には航空業界が発展したことで45/47体制がくなり、1987年には日航法が止されたことにより全民営化された。

1985年にはボーイング767を導入開始。B76745/47体制がくなった後、内線への進出が本格的に認められるようになった後を見据えた機材、そしてDC-8B727を置き換える機材として導入した。これに伴い、DC-8B7271987年をもって全て退役となった。B767はJALを支える要機材の一つとなっている。

その後ANA日本エアシステムJAS)も45/47体制がくなったため、際線に参入した事から競争が勃発、民営化後は最新フリートの導入を推し進め、ホテル経営等の多経営を行っていたが1990年代に入ると湾岸戦争バブル崩壊等で業績が悪化するが、コードシェア便の採用や不採算路線の止(因みにフラッグキャリアの癖に妙に自社機での就航路線数が少ないのはこの為)等を進めた結果、業績が一時回復した。

1995年にはボーイング737-400を導入した。1987年DC-8B727が退役して以来、8年ぶりのJALにおける単通路機となった。後に子会社であるJALエクスプレスが設立されたため、B737-400は全て同社に移管されている。

1996年には当時世界で初めての双発機となるボーイング777を導入した。当初はB777-200から導入され、こちらも後にJALを支える要機材の一つとなる。ANA1995年JASは1996年に導入しており、当時の航空大手3社がって導入した最後の機材となる。

1997年にはマイレージサービスである「JALマイレージバンク」のサービスを導入した。1980年代から海外航空会社でマイレージを導入する動きがあったが、品表示法との絡みでこれまで内の航空会社では導入できなかった。この時、ANAJASもマイレージを導入している。

2000年代になって、2003年JASとの経営統合(JJ統合)を図り、JALのシンボルとして長く続いてきた鶴丸塗装が一旦止され、サンアーク塗装JAL塗装)が施される(画像中段)。2008年には鶴丸塗装の運航が一旦終了した。しかし旧JAS社員に対する冷遇(給料は業界一であるが)、相次ぐインデント・整備不良などの不祥事による客離れが立ち、経営による経営手腕問題に発展する事態ともなった。この間、ANAに業績を抜かされるハメとなった。

2007年4月航空連合「ワンワールドoneworld)」への加盟を初め、アジア路線へのシフト内線ファーストクラス導入等で業績を徐々に回復させていたが、サブライム問題に因る不況や世界的なインフルエンザの流行などの煽りを受けて2008年度以降は赤字を計上するようになる。

2000年代以降、旧式化したB747クラシック(-300までの機材)やDC-10MD-11、旧JASが導入したMD-81、MD-87エアバスA300B2/B4などの退役とボーイング737-800やボーイング767-300ER、ボーイング777(-200ER、-300ER)などの新機材導入はその状況でも徐々に進んでいた。

2010年1月に経営破綻し会社更生手続きの開始、企業再生支援機構の的な再生支援の下での路線網の大幅縮小や大胆な人員削減、保有機材の削減、東京券取引所への上場止を含める形での経営再建が行われた。上場止により、100%減資もなされたため、上場止時点の券は電子クズになる。これに伴い、ボーイング747-400、旧JASが導入したエアバスA300-600R、MD-90全機の退役が一気に進んだ。

B747-400は2011年3月までに全機退役し、JALグループからB747シリーズがいなくなった。A300-600Rも2011年3月には退役予定ではあったが、退役直前に発生した東日本大震災に伴い、特に東北地区を発着する路線で輸送の確保が必要になったため、同年5月に退役が延期された。なお、MD-90は経営破綻後のダウンサイジング化の流れもあったためか、後継機のB737800が出った2013年3月の退役になった。

2011年3月に会社更生手続きを終結し、再生を示すための一環として機体に新塗装を施すことが決まったexit。機体は一色で、両舷側上部にい太文字で「JAPAN AIRLINES」と会社名を表記。さらに垂直尾翼には鶴丸が復活することになった(画像下段)。新塗装2011年4月から順次行われていった。日本航空では2015年に新塗装への変更がすべて了し、同社子会社塗装変更や老朽化機材の退役が進行したため、2018年現在子会社日本エアコミューターJAC)のみに旧塗装が残存している。

2012年4月にはボーイング787を導入した。当初はB787-8、後に長胴化したB787-9も導入。B787は経営破綻後の初の路線となる成田国際空港-ボストン空港線に導入した。しかし、ANAと同様にB787が生産されてからい段階で導入したため、不具合に当初は大きく悩まされ続けることとなる。2013年1月にJALのB787ボストンで、ANAボーイング787が飛行中に機体内部の電池が発火するトラブルを惹き起こし、JALだけではなく全世界B787が一時運航停止となった。その後は不具合の解消がなされたため、B787の運航が再開された。

経営再建が進み、くも2012年9月には東京券取引所第一部に再上場を果たした。経営再建の途上で支援を受けたため、2017年3月まで新規路線の就航には制約がある中で、ボストンサンディエゴヘルシンキへの新路線の就航および、経営破綻前に止された一部路線の再開設が進んでいる。2017年4月には新規路線就航の制約が外れた直後に羽田-ニューヨーク線の開設と成田-コナ線の再開設が行われた。また、同年以降からはべトジェットベトナム)、アエロメヒコ航空VISTARA(インド)、ハワイアン航空、アエロフロートなどワンワールドに加盟していない航空会社と個別に提携する動きも加速させている。

2019年9月には老朽化が進むB777の後継機としてエアバスA350XWBの導入される。日本航空が自ら発注する初めてのエアバス社製旅客機となる(旧・日本エアシステムのA300は除く)。A350XWBは内線機材が先に導入される。同年にはB787-8の内線仕様も登場する予定。

2020年には新たな中長距離LCCZIPAIR」の就航を計画中。ZIPAIR成田国際空港を拠点として、機材はJALから移管されるボーイング787-8を使用する予定。

沿革・社名の変遷

JALグループ航空会社

※…「」の会社は運送の共同引受によりJAL便名で運航。JALグループ航空会社。
…「〇」の会社はワンワールドに加盟しているJALグループ航空会社。
※…「」の会社はワンワールドに加盟していないJALグループ航空会社。

コードシェアをしている航空会社(国内線)

※…ジェットスター・ジャパンはJAL際線と乗り継ぎの場合に限りコードシェア便として利用可。また、同社はJALの持分法適用会社でもある。

日航と言えば

ニコニコ超会議への出展

関連動画

PV・音楽

CM

その他

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP