日産・シルビア単語

ニッサンシルビア

2.1千文字の記事
掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日産・シルビアとは、日産自動車が開発・製造・販売していたスポーツカーである。

概要

名前の由来はギリシャ神話に登場する清楚乙女名前から。

もともとフェアレディのスペシャリティカーとして登場したで、デートカーの位置づけであったが、ターボが積まれていたことから、走り屋人気が高かった。

任意自動車保険保険料率がでは一番高いのはそのためか、それとも・・・。

現在ニコニコ動画アップロードされているのは5代目のS13以降の物が多い。

走り屋ブーム時代の日産商品であったが、人気コンパクトカーに移行するにつれ販売台数が減少してゆき、排ガス規制の波に飲まれスカイラインGT-Rと共に生産中止となった。

走り屋人気は今なお高く、駆動方式がFR(=ドリフトしやすい)なこともあって、現在でもドリフトの大会などで姿を見かける事が出来る。

一代目(CSP311型)

1965年発売

フェアレディのシャシーにSUツインキャブ付R1600ccOHVエンジンを載せ、クーペボディを架装して作られた。

デザインを優先したためか乗り心地は悪く、当然人気も出なかった。

そのまま1968年に生産を終了し、絶版となった。

二代目(S10型)

一代絶版から7年経って1975年発売に発売。

3代サニーベースになっているため、初代とは全くの別物。

エンジンはL18エンジンを搭載した。

が、デザインアメリカ向けにしすぎてやはり人気は出なかった。

三代目(S110型)

1979年発売。

エンジン1800ccZ18を積んだものと2000ccのZ20を積んだ二つのグレードで発売され、後のマイナーチェンジでFJ20Eを搭載したものが発売された。ボディは2ドアクーペと3ドアハッチバックの2種類が用意された。

このモデルから次のS12モデルまで姉妹のガゼールが販売されていた。

直線的なデザインそれなりの人気を博したものの、バイオレットベースにしたシャシーメカ的には古臭くなってしまっており、特にFJ20Eを積んだモデルなどはパワーにシャシーが負けてじゃじゃになっていた。

ドラマ西部警察」で石原裕次郎が乗っていたオープンカーはこのモデルのガゼールをベースにしている。

4代目(S12型)

1983年発売。

リトラクタブルヘッドライトを採用し、デザインは大幅に変えられた。今度はシャシーが910ブルーバードベースにしており、かなり善された。ボディは2ドアクーペと3ドアハッチバックの2種類なのは変わらず。

エンジン1800ccのCA183種(キャブレター/EGI/EGIターボ)とFJ20E2種(ターボ有/)のグレードが用意された。FJ20Eモデルボンネットバルジが付けられかなりの迫となっている。

マイナーチェンジでFJ20E止され、トップグレードに次のS13で積まれることとなるCA18DETが追加された。また、このときガゼールが止となったため、店では180SX登場まで代替としてシルビアを扱うことになった。

5代目(S13型)

S13 日産・シルビア by ID: c4FLvxxve7 日産・シルビアスレ#3

1988年発売。

歴代シルビアの中で最も販売台数が多い。

FF駆動全盛期の当時にFRで発売されたため注を集めた。

エンジンはCA18DE2種(ターボ有/)。マイナーチェンジSR20DE2種(ターボ有/)。になった。ボディは2ドアクーペに統一されている。

キャッチコピーの「アートフォース・シルビアART FORCE SILVIA)」が示す通りこのデザインに対する評価は高く、グッドデザイン大賞を受賞した。

このモデルから姉妹180SXが登場する。リトラクタブルヘッドライトとハッチバックボディになっており、前モデルS12のハッチバックタイプの後継みたいな存在となった。

S14モデルが3ナンバサイズに肥大化し不評だったため、このの生産が終了してもS13に乗り続ける人が多かった。

6代目(S14型)

1993年発売。

前述した通り3ナンバサイズに肥大化した事や、丸々とした外観デザインが不評であまり人気がなかった種。

エンジンSR20DE2種(ターボ有/)だが、S13後期に積まれたものより強化されている。

フロントデザインが前期と後期で大幅に異なる。
キャッチコピーも前期と後期で異なり、前期が「アイハント・シルビア(eye hunt SILVIA)」。
後期が「Ready Go FR」。

このモデルの販売終了と同時に姉妹180SXも販売終了となる。

 7代目(S15型)

1999年発売。このモデルシルビア系の販売は終了となる。

キャッチコピーは「ドライブしよう」

大きさを5ナンバサイズに戻し、6速MTミッションを搭載。

エンジンはS14と変わらずSR20DE2種(ターボ有/)だが、S14のものよりさらに強化されている。

ターボ計の視認性は良いが、ブースト1kg以降針が動かないためスポーツ走行をする場合は追加のブースト計取り付けが必須。

2002年に生産終了。歴代シルビアのなかで最も販売期間が短かった。

関連動画

  

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/11/29(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/11/29(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP