日産・ノート単語

ニッサンノート

3.1千文字の記事
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日産・ノートとは日産自動車2005年から生産している小ハッチバック乗用車である。

概要

名の由来は音符や雑記を意味するNoteから。これには日常の何気ない音に混じり、また生活記録することで使用者の生活の一部になって欲しい。という開発の願いがこめられている。

初代(E11型,2005~2012年)

2005年1月日本で販売を開始をする。2006年1月にはイギリスサンダーランド工場で生産開始、販売開始される。

2006年12月日本仕様が一部良。エンジン良による燃費向上と当初ユーザーから摘されていたシート形状を変更して乗り心地を良する。

2008年1月マイナーチェンジフロントグリルの形状を変更をしメーターには全燃費計が搭載された。また、TVCMアニメThe World of GOLDEN EGGS』のキャラクターが登場する。当初のバージョンには、ノート読みを「ノテだよ!ノテ!」というバージョンもあった。

2008年10月には、追加グレードとして1.6LのHR16DEエンジンに5速マニュアルを組み合わせたバージョンも登場する。

2009年2010年には燃費向上のための一部良と特別仕様の追加がされる。

二代目(E12型,2012年〜2020年)

2012年9月より販売開始。名を継承したE11ノート日産・ティーダの後継としての位置づけとなる。

ラットフォームが先代のBプラットフォームから1段小さいVプラットフォームに、搭載エンジンも1.2L直列3気筒のHR12系にそれぞれ変更されるが、全長は先代より10cmほど大きくなり、室内間もその分大きくなっている。
とはいえ、いたずら体を大きくしたというよりは、1クラス上であった先代ティーダポジションを埋めるためのサイズアップでもあるため、幅は5ナンバー相当で、実質全長10cmほど短くなったティーダと捉えることもでき、軽量化によって燃費性善を意識した設計とされている。今後のさらなる上位種からの移行客を狙って高級感をもたせた「MEDALIST」グレードも用意されている。

エンジンが1.5or1.6L直4から1.2L直3と小化したため、当然動の不足が危惧されるところだが、上位グレードにおいてはエンジンの直噴化+スーパーチャージャー追加によって先代と同等のスペックを保っており、さほど出を必要としない坦路では1.2リッター直噴エンジンの優れた燃費性を、急加速を要する際にはスーパーチャージャーで必要充分な出を絞り出すという発想である。

先代に引き続き格・パッケージング共にほぼホンダ・フィットポジションと重なっており、1.3Lor1.3L+モーターフィットvs1.2Lor1.2L+SCのやや安価ノートという競合関係が当面このクラスクルマ選びの王道の悩みどころとなる…かもしれない。

また、通常グレードの他に、NISMONISMO Sの2種類がある。
いずれもエンジンチューニングや足回りの強化等が実装されているが、NISMO Sでは1.2L直3+スーパーチャージャー→1.6L直4とエンジンごと積み替える他、CVT→5速MTに変更しており、マーチNISMO S同様ガワだけノートだったもの状態となっている。これによりNISMOレギュラーガソリンだが、NISMO Sはハイオク定となっているため給油の際は注意。

余談だが、現在足踏み式が増えつつあるパーキングブレーキではあるが、E12は昔ながらの手で引く方式。ちなみに初代は足踏み式。

e-power

状況が大きく変わったのは2016年11月、従来のガソリンに加え、シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載したバージョンを追加した。
ざっくり説明すると、電気自動車ながら発電用のガソリンエンジンを搭載しており、適宜充電しながら走れるという仕組みで、従来の電気自動車の弱点であった航続距離の短さという弱点をカバーした構造になっている。(参考:日産・リーフ350〜570km。ノートe-powerの場合、カタログスペックの34km/Lとすると満タンで約1200〜1400km。実走行では多少雑に走っても約800~900km程走れる)
技術コンセプトとしては約70年前に存在したドイツ戦車ポルシェティーガーに代表されるガスエレクトリック駆動方式のそれ。ある意味時代が追いついた代物。

EVに限りなく似たドライブフィールを実現し、アクセルダルの加減だけで大半のドライブが行えるようになる「ワンダルドライブ」を導入。ドライブモードは3種類あり、普通ガソリンに近い動き方になるノーマルモード、よりモーター特性を際立たせる(=加速重視になる)Sモード、燃費を最も重視したエコモードがある。モードの切替はサイドブレーキ横のボタン一つで可。ちなみにS、エコでは回生ブレーキが非常に強くなり、ペダルを離すと全停止させることも可なほど。

ちなみにこちらにもNISMONISMO Sグレードが存在する。
ガソリンバージョン同様足回り強化や軽量化の他、NISMO Sではモーターを従来の80kW/254N・mから100kW/320N・m(セレナe-Powerと同じもの)に換装。
その結果、エクストレイル相当、トルクフェアレディZに迫る値ながらこいつらよりもかに軽量(体重量1080kg。エクストレイル、Zは約1500~1600kg)という際立った性になっている。

モーター駆動による高い加速感とこれまでになかったドライブ感覚を実現しつつ、普段の取り扱いは普通ガソリンとなんら変わりないという特性ユーザーにウケて大ヒット
2016年11月の販売台数は1万5784台に達し、軽自動車を含めた内全モデルの中で首位を獲った。これは、1986年9月「サニー」が達成して以来、日産として30年ぶりの快挙であった。

三代目(E13型 2020年~)

2020年11月発表。12月販売開始。従来のガソリンエンジンモデル止し、e-power専用種となった。日産としてはSUVキックスに続いての2例である。

e-powerシステムも第2世代となり、モーターインバーター共に刷新。ボディのプラットフォームも新しいCMF-Bプラットフォームとなった。

最廉価の「F」、標準の「S」最上級の「X」という3つのグレードが設定されている。新機軸の装備としては日産の運転支援システムプロパイロット」を装備。

同年内に4WDモデルも発表され、2021年3月に発売が開始された。リアに高出50kwモーターを搭載し、全速域対応のいわばフルタイム4WDとして動作する。

このモデルはe-powerシリーズ人気を引き継ぐ形でヒットし、発売後約1ヶで2万台をえるセールスを記録した。

ノート オーラ(FE13型 2021年~)

E13種として2021年6月に発表。8月に発売開始した。

全幅が45mm拡大されるなどして3ナンバーボディとなり、プレミアムコンパクトカーとしての発展形である。やはりe-powerシステムの専用種となっており、2WDと4WDが用意されているのも同様だ。

発売後約3週間で累計受注台数が1万台を突破。絶好調のスタートを切った。

関連動画

関連商品

関連リンク

日産ノート公式ホームページexit

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/30(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/30(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP