今注目のニュース
電車で座っていたら… 隣の乗客が「食べていたモノ」に目を疑った
カミナリまなぶ、親から月36万円の小遣い 「総額2376万円」にドン引き
山下智久、かっこよすぎるサングラス姿に反響 「もはや罪」「イケメンすぎしんどい」

日産・プリメーラ単語

ニッサンプリメーラ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日産・プリメーラとは、日産自動車1990年2005年日本市場)まで3代に渡り生産していた乗用車のことである。
初代および二代におけるライバルの位置にあったトヨタ・カリーナ同様スポーティー志向が強く、20代から40代の較的若い年齢層をターゲットとしていた。

概要

名の由来は、スペイン語で「第一級の」「最高級の」の意味を持つ。ボディタイプは、セダンステーションゴン、5ドアハッチバックの3種類を持つ。日本市場ではミドルクラスに、ヨーロッパ市場ではDセグメントに属し、一貫してをヨーロッパ車を強く意識した卓越したハンドリングと洗練されたスタイリングを特徴としている。

初代と二代ヨーロッパでのカーレースBTCCベースとしてもレーシングチーム・ヤン・レーシング日産自動車車両提供をしている。また、日本でかつて存在をしていた、JTCCにも初代と二代プリメーラが参戦をしている。

なお、プリメーラの名称は元来トヨタ自動車が持っていた商標であったが、日産自動車が商標を購入をしたため、現在日産の商標となっている。商標の売買自体は制度上可となっている。

初代・P10型(1990年~1995年)

1990年2月に登場。世界戦略としてリリースされていたオースタースタンザの後継種としてB13(7代サニーベースとして登場し、日欧両市場に投入された。 ボディタイプ日本国内では4ドアセダンのみ、欧州台湾市場には5ドアハッチバックも存在し、一部は日本にも輸入され”2.0eGT”のグレード名で販売されていた。日本仕様1800cc/2000ccガソリンエンジンのみであったが、ヨーロッパ仕様だと、1600ccガソリンエンジン2000ccディーゼルエンジンも存在していた。ヨーロッパ仕様のみ、ステーションゴン使用も存在したが、サスペンションはまったくの別物であった。販売店は日産プリンス店で発売され後にサニー店(プリンス店&サニー店は1999年レッドステージとして統合される)でも発売される。

スタイリング、動的性両面で欧州車を強く意識して開発された。901運動から生まれたフロントマルチリンク式サスペンションによるハンドリングの評価は特に高く、発表当時には「欧州車えた」とすら評された。また、「プリメーラパッケージ」と称したその居住性は、コンパクト体ながら室内は当時のクラス最大級の広さを誇るものであり、スタイリングも居住性とバランスよく両立させ且つ機的で洗練されたもので、低全高で居住性に劣るハードトップ流であった1990年代当時の日本市場では異色の存在であったが、口コミで評判を呼びあっと言う間にヒットとなり、モデル末期まで堅調な販売実績を誇った。また覆面パトカーでも最廉価グレードが大量に導入されて、ハンドリングと疲れないシートの良さで担当の警察官からの好評を博した。

1992年9月マイナーチェンジで、当時の日本のミドルクラスファミリーセダンとしては足回りが固く、乗り心地には若干の難があった前期の不評をダンパーブッシュ等のセッティングを見直しある程度乗り心地を善させているが、欧州車の足回りに近いと好意的に解釈されることも多かった。また、欧州車と対等に渡り合える初の日本として、欧州車から乗り換えユーザーも見られた。アメリカ市場でも高級チャンネル・『INFINITI(インフィニティ)』のベーシックモデルのG20として投入された。

1995年1月には小良で、運転席エアバックが全グレード標準装備化がされる。

二代目・P11型(1995年~2001年)

1995年9月に初のフルモデルチェンジを行う。シャーシもU14(10代ブルーバードと共通化を図る。ボディタイプ日本デビュー当初4ドアセダンのみ。グリル等を変更したサニー店向け姉妹プリメーラカミノ」も同時に登場、欧州では5ドアハッチバックラインナップされ、一部が日本にも輸入された。また、1997年にはワゴンモデルも追加された。プリメーラカミノは日本人向け趣向を強めたエレガントで高級感のあるフロントフェイスとなっている。 初代に引き続き、欧州へは「プリメーラ」として英国サンダーランド工場生産が供給された。また、1998年に北市場へは「インフィニティ・G20」としてプリメーラカミノフェイスモデルが投入された。 初代の成功を踏まえ、基本的にはキープコンセプトでのモデルチェンジとなった。2代目では、新開発軸懸架式サスペンションが採用されたことで、初代のウィークポイントであった乗り心地が大幅に善されている。しかし4WDモデル(T4。ATEESAシステム搭載のフルタイム式で
スカイラインGT-R等のATEESA E-TSとは別物)は初代と同じく独立懸架のストラット式のまま。これにはマルチリンクビーム式ではドライブシャフトが通せないためで、先代のT4とは違ってP11ではフロア構造が同一なのが理由とされる。

1996年には両席エアバックABSが全グレードに標準装備化をされ、1997年2月にはイギリスから輸入される5ドアモデルUKの名称で発売され、同年9月にはマイナーチェンジと同時にワゴンモデルが登場する。セダンベースにした純然たるプリメーラベースのワゴンとなる。

1999年4月に、販売店統合のため、カミノが止されてプリメーラ一本となる。

2代目プリメーラは、日本国内でセダン離れ(特に1800cc2000ccのミドルクラスファミリーセダン)の兆が見え始めたことやライバル種が増えたこと、日産自身の経営危機によるコストダウンでの品質低下などの要因から、初代ほどの成功を収めるには至らなかった。

三代目・P12型(2001年~2008年)

2001年1月モデルチェンジ。3ナンバーの専用ボディとなる。初代、2代目に引き続き日欧をメイン市場として開発された。ボディタイプは4ドアセダンとワゴン、5ドアハッチバック欧州のみ)と変化はない。ただし、3代では英国製ハッチバックモデル日本への輸入は行われていない。また、初代・2代目はG20として北市場で販売されていたが、後継G35セダン日本名・スカイライン)が発売されたのに伴い、北市場からは撤退することとなった。 デビュー直後の日本仕様では、2500cc直噴と2000ccQRエンジンにそれぞれHyper CVTと4速ATが組み合わされていた。欧州仕様には2200cc日産ディーゼルターボエンジン1800ccルノー製のディーゼルターボエンジンが搭載されているほか、廉価機種には1600ccガソリンエンジンも存在する。

2001年8月には、6速マニュアルトランスミッションSR20VEの高性エンジンを搭載した「20V&W20V」が登場し、ワゴンのみだった4WDセダンにも投入され、お買い得仕様の「20Limted&W20Limted&W20Limtted4」も登場し、日本市場にはセダンのみに1800ccガソリンエンジン搭載「18C」も登場する。

2002年5月に一部良。量販グレード名は、20L&W20Lから20G&W20Gと変更となる。中間グレードのナビもメーカーOP化となる。

2003年7月セダン/ワゴンマイナーチェンジ。内外装デザインの一部変更、仕様・装備の見直しが行われた。スポーツモデルの「20V/W20V」が消滅。1800ccグレード名も「18C」から「18G」となる。

2005年12月日本市場での生産は終了。後継種はG112代目ブルーバードシルフィとなる。ヨーロッパ市場では継続生産がされていたが、2008年末で生産終了。

3代を最も特徴付けるのはその先進的なデザインである。セダン欧州デザインスタジオの手によるもので、前進させたキャビンと極めて短いトランクをアーチラインで結んだモノフォルムに近い造形が特徴である。5ドアハッチバックでは更にモノフォルム感が強調されている。特にセダンスタイリングに対する専門筋の評価は(一部例外もいた。某評論家は絶対に許せん。)高かったが、しかし、先進的なスタイルの代償として、前後見切りは「極めて」悪い。

好き嫌いが出るデザインであるが、この用している筆者はスタイルに惚れ込んだタイプですw。また、シート完成度も高くかなりの長距離を乗っても疲れない。P12の特徴であるセンターメーターも「別に慣れれば、別にんなこたぁない(タモリに)
中古でも荒く乗られていない個体も多いので、ナビのDVDソフトの交換や消耗部品を交換すればかなりお買い得なかも知れない。

関連動画

関連商品

関連リンク

日産プリメーラホームページexit

関連項目

掲示板

  • 14ななしのよっしん

    2010/08/26(木) 16:48:58 ID: +MtLrICBED

    うちの燃費悪いわアクセルベタ踏みしても速度出ないわでションボリ…。
    ヘンなガタが出てもディーラーが「皆そうです」の一点り。
    に受けていたんだけど他はそうでもないのか…

  • 15鏡音*テレンス♪

    2012/04/07(土) 00:30:47 ID: U6nSAeBuAf

    P12が嫌われる理由は日本人には不釣り合いのフォルムと拡大したボディというのを聞いてはいますが、
    プリメーラカムリビスタの後継アベンシスを迎え撃つ為のになってしまったんでしょうね・・・

    それにサニーアメリカではセントラの名前で売ってますが、こちらもサニーらしさが抜けてボディが拡大したというの噂を聞いてます。

  • 16ななしのよっしん

    2014/03/09(日) 10:42:00 ID: fG4Q1TqAx4

    日産のエンブレム外して乗ってると、
    その辺のじいちゃんに「これ、どこの外カッコいいね」と話しかけられることがある。
    じいちゃんにモテたいやつはP12を買ってエンブレムを外そう!

急上昇ワード

最終更新:2020/02/23(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/23(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP