今注目のニュース
まさに食べられる芸術! ある料理人が作った「カボチャの鎖」が職人技の極み
武漢市が一部封鎖解除を「撤回」 指導部の同意を得ておらず
素材は大腸菌。空気中の湿気で発電するフィルムが開発される

日産・ラフェスタ単語

ニッサンラフェスタ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日産・ラフェスタとは、日産自動車2004年より製造をしているミニバン乗用車である。

概要

名の由来は、イタリア語で「祝・休日」や「楽しいできごと」の意味から。

前身種であるリバティの後継として登場をしている。そのため5ナンバー幅のボディサイズリアドアスライドドアを採用をしている。デビュー当初は大サンルーフを全グレードに標準装備(レス仕様も選択出来た)をして解放感をアピールをしていたが、マイナーチェンジ以後はサンルーフをメーカーオプション化となり、女性でも運転をしやすいミニバンのキャラクターとなる。2011年以後は、グレードを絞りラフェスタJOYの名称になり継続生産をしていたが、2012年モデル止となりラフェスタハイウェイスターのみとなった。

二代は、マツダからプレマシーOEM供給モデルとなり、ラフェスタハイウェイスターの名称となる。ベースと同様に3ナンバー幅となるが、アクの強いデザインプレマシーべおとなしいデザインアレンジをされている。

駆動方式はFF4WDとなる。エンジンガソリン2000である。

初代モデル(2004年~2012年)

2004年に登場。リバティの後継として登場をしている。そのためサイズが5ナンバー幅サイズで、リアドアは両側スライドドアとなる。また全グレードに大サンルーフを採用をして解放感をアピールをしていた。

2007年マイナーチェンジ。大サンルーフをメーカーオプション化をし、前後デザインリファインをし、小柄だったシートが大化がされる。この時点で運転をしやすいミニバンとしてキャラクターが変更される。

2011年二代モデルが登場をきっかけに、グレードを1グレードとし、名称を「ラフェスタJOY」として継続生産がされている。

2007年マイナーチェンジ後のCMソングには、歌手森高千里が歌う未発売オリジナル曲が使用された。

2012年モデル止となった。これ以後はラフェスタハイウェイスターがラフェスタとなる。

二代目モデル(2011年~)

2011年に登場。マツダとの提携により、三代目モデルプレマシーOEM供給が開始をされる。名称も先代モデルに存在をしていた「ハイウェイスター」の名称が与えられる。プレマシー較をすると、アクの強いデザインプレマシー較をして、かなりおとなしデザインリファインをされている。

TVCMには、女優井川遥を起用。イケている旦那「イケダン」がキャッチコピーとなっている。

2012年に特別仕様の「プレスモ」が追加される。

2013年マイナーチェンジFF仕様エンジンミッション本家同様の良がなされる。日産でもスカイアクティブエンジンが搭載されるようになる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/25(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/25(火) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP