日産・180SX単語

ニッサンワンエイティエスエックス

1.2千文字の記事
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日産・180SXとは、日産自動車が開発・製造・販売していたスポーツカーである。S13シルビア姉妹
一般には、エスエックス省略し「ワンエイティ」と呼ばれる事が多い。

概要

1989年販売開始。

名前の由来はデビュー当初搭載されたCA18DETエンジンの排気量(1800cc)から。

もともとはS13シルビア外輸出逆輸入して仕立て直したもの。

ボディスタイルはハッチバックリトラクタブルヘッドライト
しかし中身はS13とほぼ同等となっており、外観が大きく異なる以外は細部が異なるのみであった。

エンジンは初期が1.8LのCA18DETのみ。中期以降は2.0LのSR20DE/DETが搭載されていた。

S14が3ナンバーサイズで不評だったために、S13と共に長く好まれ続けたである。
そのためか、S15の販売開始まで10年も販売が続けられた。

シルエイティについて

シルビア同様に走り屋からの人気が高かったであったために、事故も多い。
180SXは前述した通りフロントリトラクタブルヘッドライトだったため、壊すと修理費が高かった。

しかし、姉妹のS13シルビアフロントは固定式であるため、こちらのフロントを装着すると多少修理費が安くなる。副次的効果としてフロント部の重量も軽減される。
また、姉妹であるためか取り付け後の外観も美しく、評判も良かった。

これが走り屋の間に広まっていったのがシルエイティである。
後に、S14フェイス・S15フェイスのシルエイティが開発されている。
(一部ショップでは変換キットを販売しているが、いずれもS13フェイスと異なり大幅な修作業が必須である。特にS14は3ナンバーサイズの為、構造変更検が必要になる)

後に500台限定で日産純正(扱い)として新販売された。
尚、シルエイティ(SILEIGHTY)の商標日産が登録している。

ワンビアについて

逆にS13に180SXのフロントを装着する「ワンビア」も存在するが、元々修理費用を抑える為にシルエイティ化が見つけられたのに対し、修理費用が更にかさむ上にリトラクタブルヘッドライトユニット移植しなければならず、費用対効果の面からも開発された台数は少なく、知名度は低い(ただし、180SXの元となったS13シルビア外輸出である240SX[ツーフォーティーエスエックス]のノッチバックモデルは元々からワンビアの状態であった。こちらのエンジンは、日本仕様のCA18DET及びSR20DE/DETを搭載せず、KA24E/DEが搭載されていた)。

余談ではあるが、D1グランプリ(及びいか)では内海ワンビアに搭乗している。

関連動画

 

関連商品

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/11(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/11(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP