今注目のニュース
コンビニ雑誌コーナーの変化に違和感 「方針変更」のきっかけは客からの…
放棄された場所で発見された10の不気味なもの
「麦芽娘のヘブン状態な味わい」 群馬の名物地ビールが「今年も意味不明」と話題 詩の意味を聞いたらスケールがでかすぎた

昆布単語

コンブ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(38)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

昆布とは、褐藻網コンブコンブ科を含めた近縁の藻群をす。日本では、鰹節と並ぶだしの原料、はたまた料理用の食材としても利用されている。

曖昧さ回避
その他の昆布は、昆布(実況プレイヤー)昆布(生放送記事)昆布(ポケモン)それぞれ参照。

概要

昆布は、の沿などに生える植物藻類)の一種である。

日本では昔から汁物の具にしたり、昆布としてご飯の友にしたりなどに食用として利用される。特に昆布で取る出汁日本料理ではポピュラーな味付けである。昆布(こぶちゃ)、昆布め(こぶじめ)などのように、食用の場合は「こぶ」と呼称される事が多い。

有名な昆布に道南で獲れる昆布、羅臼で獲れる羅臼昆布、利尻礼文で獲れる利尻昆布、日高地方で獲れる日高昆布、道東で獲れる長昆布などがあり、それぞれ味や消費地での価値観も異なっている。日本の昆布の大半を消費するといわれる大阪では、甘みの強い昆布こそがザ・昆布であり、また昆布巻きなど食べる昆布として日高昆布を重宝している。これが京都に行くと、昆布は味が下品甘すぎるらしく、薄く上品で気のある味の利尻昆布が最高級品として重宝されている(これは保存食に慣れていたの人々の食文化や、昔のルートも関係しているらしい)。一方、昆布よりだしが流の関東地方では強い味付けに負けない、濃厚な味が出る羅臼昆布が最高級品となっているほか、庭では日高昆布でもだしを採っている(いい昆布はたいてい上方にとられてしまうため、日高昆布しか残っていなかったらしい)。昆布の一大消費地である富山も羅臼昆布が流となっている。昔、野菜が不足していた沖縄では昆布といえば地方をつけなかったため売れ残っていた長昆布であり、チャンプルーサラダにして食べている。他にがごめ昆布、細昆布、足昆布、ガッガラ昆布などがあり、これらはもっぱら加工品用であった(一部はフコイダンの利用で値段がつり上がっている)。

加工品としてはとろろ昆布、おぼろ昆布があり、こぶうどん、こぶそばといえば、このとろろ昆布が入ったものをす。関西では立ち食いうどん、そば屋の定番でもある。また、潮吹き昆布、昆布の佃煮などもおにぎりの具として人気が高く、特に中京圏ではメジャーである。

いずれも寒性のため分布地は東北地方以北、な産地は北海道である。一方、の関係もあり、北海道ではあまりいい出汁が出ないため、昆布を食うのは富山県民である。

同じく代表的な藻であるわかめセットられる事が多い。

一方、海外では昆布を食べることはほとんどなく、海外の人に言わせれば「雑草」である。

沃素(ヨウソ)について

藻、とりわけ昆布には沃素が多く、一食分(5cm角(5g))の昆布には12000μgが含まれexit日本人沃素不足回避に大きく貢献というか国際的な常識ではむしろ沃素を過剰に摂取しているexit。しかし沃素が不足するような地域ではその過剰な沃素がむしろ脅威ととらえられ、しばしば燥昆布がその過剰な沃素から回収対になっている。

一方で、沃素の驚異的な排効果も注されており、塩分だけでなく、重金属類、更には放射性物質さえも吸着させ、排させてしまう効果があるという(そのため、チェルノブイリ原発事故時には、こぶうどん放射能けうどんとして販売していたことがあるほど)。また、昆布は、緑茶と同様にクロロフィルもかなり含まれており、老物吸着、排効果が高い成分として知られている。一説には沖縄が長寿県であり、日本が長寿である理由の一つではないかという摘もある。

昆布ロード

8世紀に朝廷に貢納されたことが記録されている昆布の流通は時代と共に広がり、その流通ルートは「昆布ロード」と呼ばれることもある。特に江戸時代夷(北海道)と大坂を結ぶ西回り航路(いわゆる北前船)が開拓されて交易が盛んになると昆布ロードは次第に九州琉球沖縄)、果ては清(中国)にまで及んだ。中国まで昆布ロードが及んだのは中国内陸部では沃素不足に陥りがちだったので沃素が豊富な昆布は重されていたためで、江戸時代琉球を通して薩摩鹿児島)が行っていた清と密貿易の要な輸出品であった。密貿易の当初は薩摩自ら大坂で昆布を調達していたが後に清から輸入される種と薩摩内での売営業をめていた富山と利が一致し昆布の調達は富山が請け負うようになった。今でも富山県沖縄県の昆布消費量が多いのはこの影と思われる。また北前船の寄港地となった本州の各地では北前船でもたらされた昆布とを使った郷土料理が残されていて今も食文化に影を見ることができる。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/05/27(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/05/27(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP