今注目のニュース
ラサール石井さん「あんな普通のつぶやきがランキング3位とか、2万リツイートとか不思議」大反響の「次期逮捕予定者リスト」ツイートに
講談社が「はるか夢の址」に勝訴 大阪地裁、運営者に約1億6000万円の支払い命じる
声優小野大輔のプロデュースした酒の製法が意味不明すぎると話題に

星読みの魔術師単語

ホシヨミノマジュツシ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

星読みの魔術師とは、アニメ漫画遊☆戯☆王アーク・ファイブ」に登場するカードである。

概要

榊遊矢が使用する魔法使いモンスターいほう。

初回のデュエルVSトロング石戦でもデッキに投入されていた。
しかし、上級モンスターであることもありフィールドには出せず。手札にはモンスターばかりがたまり、展開補助の魔法カードもない中、ストロング石の「バーバリアン・キング」を倒すのは不可能に見えたのだが、突如カードが書き替わり、このカードペンデュラムモンスターとなった。

ペンデュラム・効果モンスター
5/闇属性/魔法使い族/ATK 1200/DEF 2400
【Pスケール1/1】
(1):自分のPモンスター戦闘を行うバトルステップに発動できる。
1ターンに1度、魔法カードの発動と効果を効にする。
その後、その魔法カード墓地へ送らず、
そのまま魔法&ゾーンセットし、このターン再び発動できない。
モンスター効果】
(1):1ターンに1度、自分のPモンスター1体がフィールドから離れた時に発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

公式サイト「熱血!デュエル塾」講義13による

時読みの魔術師」とともにセッティングされて、ペンデュラム召喚を行った後、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の攻撃の際にアクションマジック「回避」を効化した。

それ以降も、ペンデュラムモンスターのまま遊矢のデッキに投入されている。

VS沢渡シンゴ戦では、デュエル前に沢渡に奪われて、沢渡のデッキに投入された。
リリース・トレード」の効果で手札に加えられ、初めから手札にあった時読みとともにセッティングされた。その後、遊矢の「モノマネンド」の効果を効にする代償として、「クリケットクローズ」によって効果が効にされたのだが、それによって遊矢に「エンプティフィッシング」を発動され、取り返されてしまう。
そして、今度は遊矢のフィールドセッティングされた。

このとき、落下する遊勝塾メンバーを救出していたが、読みが救出したのは柚子アユ

上級モンスターの上にペンデュラムモンスターなのでペンデュラムゾーンに置かれることが多いが、相方の時読みべるとモンスターとしての出番も多い。

VS志島北斗戦では、「EMヒックリカエル」と時読みからペンデュラム召喚された。直後に「セイクリッドプレアデス」によって手札に戻された「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を効果で特殊召喚し、さらにヒックリカエルの攻守反転と「マジカルスターイリュージョン」による強化を利用して「セイクリッドプレアデス」を戦闘破壊した。

VS方中ミエル戦、VS権現坂昇戦では、「ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の融合素材とするためにフィールドに出された。


攻撃名は「ホロスコープカッター」、ペンデュラム効果名は「ホロスコープディビネイション」。
ペンデュラム効果の口上は「天空を見定める星読みの魔術師よ、その深遠なるであだなす敵を封じよ!」。

攻撃名、ペンデュラム効果名に見られる「ホロスコープ」は占術用の体配置図のことであり、このモンスターの手にするにも、それらしいリング状の装飾が見られる。

書き替わる前のテキストは以下の通り。

効果モンスター
5/闇属性/魔法使い族/ATK 1200/DEF 2400
(1):1ターンに1度、自分フィールドモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスター戦闘では破壊されない。

アニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」第1話による

モンスター1体に戦闘破壊耐性を与える効果を持っていた。

OCG版

STARTER DECK 2014」(2014年3月21日発売)でOCGに登場。

ペンデュラム。効果モンスター
5/闇属性/魔法使い族/ATK 1200/DEF 2400
【Pスケール1/1】
(1):自分のPモンスター戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法カードを発動できない。
(2):もう片方の自分のPゾーンに「魔術師カードまたは
オッドアイズカードが存在しない場合、このカードのPスケールは4になる。
モンスター効果】
(1):1ターンに1度、自分フィールドのPモンスター1体のみが
相手の効果で自分の手札に戻った時に発動できる。
その同名モンスター1体を手札から特殊召喚する。

※「STARTER DECK 2014」収録のカードST14-JP009)による

(1)の効果は、魔法の発動自体を封じることができるようになったが、特定カードがないとスケールが4になるデメリットが追加された。また、モンスター効果は手札に戻った時と限定された。

効果の都合上、相方はほぼ「時読みの魔術師」で固定される。その代わり、2枚並べばレベル2~7と広い範囲のペンデュラム召喚が可になり、特殊召喚に対する強い制限もかからない。「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」でサーチ可でもあるため、3種を併用すると良いだろう。

ペンデュラム効果は、魔法封じ。バトルの際の速攻魔法を封じられるため、思わぬ強化(コンバットトリック)に遭わずに済む。カードを封じるのは時読みの役

モンスター効果はバウンス対策。「強制脱出装置」を使われても即座に戻せる。やはりあって困る効果ではないが、ペンデュラムモンスターは手札に戻ってもペンデュラム召喚ペンデュラムゾーンに置くなどの再利用がやりやすいので、そこまで大事な効果というほどではない。そもそものこのカードが少々出しにくいため、対策としてメインに据えるのは理があるだろう。

このカードの最大の特徴は、やはり特殊召喚先に制限がないスケール1ということになるだろう。「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」のペンデュラム召喚を行いたい場合、このカードと時読みを使うのが相性が良い。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2015/10/26(月) 16:04:09 ID: SQzHlVQpCZ

    読み「私にもエンライトメントみたいなカッコいい生ください」

  • 3削除しました

    削除しました ID: RfOQxKaFTY

    削除しました

  • 4ななしのよっしん

    2016/11/30(水) 22:09:36 ID: RADLmQopKc

    >>2
    アストログラフ「やあ」

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP