今注目のニュース
ガンダム×OWNDAYSコラボのメガネケースが強烈なインパクト ガンダムの頭がパカパカ開いて6本のメガネを収納
液体窒素を水に注がれ…胆のう摘出に至った女性ホテルを訴える
台東区の避難所がホームレスを拒否…「自治体は“ハウジングファースト”と平常時からの実態把握を」

星雲仮面マシンマン単語

セイウンカメンマシンマン

掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

勝「誰だろあの人?」
真紀「・・・マシンマンじゃないかしら?」
勝「えっ、マシンマン?」
真紀「だって、すっごいマシンに乗ってきたでしょ?だから、マシンマン!」


第1話より

『星雲仮面マシンマン』とは、東映製作特撮作品、及びそれに登場するヒーローの名前である。1984年1月13日から同年9月28日にかけて全36話が日本テレビ系にて放送された。[1]

概要

原作石ノ森章太郎。しかしマシンロボの発展形としての玩具企画が先行したこともあり、マシンマンなどのデザインバンダイ側によるもので、石ノ側が担当したのは各種設定面に止まっている。音楽には『ルパン三世』で有名なジャズアニストの大野雄二が起用されている。

本作のヒーローは防衛組織の一員でも悲劇の改造人間でも宿命を背負った戦士でもなく、卒論を書くために宇宙から来た大学生である。また敵側の的も世界征服などではなく、基本的に子供いじめるだけという一変わった組織であり、これらは本作の大きな特徴である。

また、中盤より登場したおハガキコーナーも本作の特徴の一つ。毎回の事件解決後、宇宙船に戻った健が視聴者から届いた手紙に返事をするという体裁で、マシンドルフィンの視界や食べ物の好みなど様々な疑問に答えた。

変わった設定のヒーロー悪の組織、どことなく感じられる低予算感などから、翌年に放送された『兄弟拳バイクロッサー』と合わせてられることもある。実際玩具展開的にはバイクロッサーマシンマンの後継作品にあたる。

ゲーム作品にはコンパチヒーローシリーズの『スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望』と『特撮冒険活劇 スーパーヒーロー伝』に登場している。

あらすじ

ある東京のビル鉄人に破壊された。同じ頃、太陽系宇宙から飛来した宇宙船がの中に姿を消した。 宇宙船でやって来たのは、プレアデスアイビー人のニック地球での名を高瀬健という彼は、大学卒業論文を書くために地球を訪れたのだ。

標本として地球人の女性葉山真紀と接する内に、彼はプロフェッサーKの率いる犯罪組織テンタクルが起こした事件に遭遇。真紀とその・勝が襲われているところを強化・ウォーリアスーツって救う。真紀によってマシンマンと名付けられた彼は、真紀を守るために地球に留まることを決意するのだった。

登場人物

高瀬健 (演:佐久田脩)
プレアデスアイビーからやって来た大学生で、本名はニック地球には「太陽系惑星群」をテーマにした卒業論文をまとめるために訪れた。標本として接触した女性葉山真紀をテンタクルの魔手から救うことになり、以後彼女を守るため、本来の滞在日数である7日間を大幅に延長して地球に留まることになった。
身体人間離れしており、ウォーリアスーツを身にわずとも遠くの悲鳴をキャッチする聴覚や面を走る脚などを発揮する。視もよく(透視まで使える)、眼鏡伊達である。
ボールボーイ (曽我町子
ニックパートナーであるボールの小ロボット。外見を一言で言えば「のある野球ボール」で、手足を収納すると名前通りボール状になる。飛行に加え各種センサーを内蔵しており、ニックサポートする。
葉山真紀 (演:塚田聖見
週刊ヒット社の女性カメラマン。好奇心旺盛ゆえによく事件に巻き込まれる。スズキマイティボーイマシンマンの名付け親。
葉山勝 (演:大原
真紀の小学4年生。テンタクルやオクトパスのメインターゲットである子供であるため、頻繁に事件に巻き込まれる。
編集長 (演:江藤
週刊ヒット社の編集長。いつも真紀に特ダネをとってこいとどやしつけている。
ルミ子 (演:村越裕子)
週刊ヒット社編集部の真紀後輩。いつも編集長にお茶くみについて文句を言われている。
太 (演:小野寺丈
通称ちゃん。真紀に惚れている八屋のお兄さんで、ダンボールスーツを来てマシンマンに扮したことも。
ナレーター (小林修
「やぁやぁ、どうだった?」などと視聴者フレンドリーりかけてくる。

テンタクル

プロフェッサーKが率いる犯罪組織。世界の軍隊を相手にしても引けを取らない科学を持ちながら、ドンであるプロフェッサーKが子供アレルギーであるために子供を悲しませるためにしか行動しない。

プロフェッサーK (演:本英世)
テンタクルのドンである狂気の天才科学者。子供アレルギーであり、子供を見るとクシャミが止まらなくなる。それ故、自らの優れた頭子供たちを悲しませるために使う。悪の首領であることはテンタクル外には知られておらず、堂々と外出していることも多い。中盤で傷ついた心を癒すためにスペインへ渡るが、これは演じる本英世の毎年恒例のスペイン旅行スケジュールと重なったためであるという。
鉄人モンス (西尾徳)
テンタクルの最高幹部であるロボットで、ビルを倒壊させるほどの怪力を持っている。Kの忠実な部下だが、テンタクルの科学世界征服でなく子供いじめにのみ使うことには不満を持っている。
メカオウム (:太地琴恵)
オウムロボットプロフェッサーKやレディーMに助言を与えることもある。
アンドロイド兵士
テンタクルの人間に変装して作戦を遂行し、戦闘の際に正体を現す。頭部や身体は同じ形状で、武器となる片腕のみが個体ごとに異なる。名称は武器の名前を取って「○○男」。
犯罪者たち
騙されたり雇われるなどしてテンタクルに加担する犯罪者たち。マシンマンのカタルシスウェーブによって心する。

オクトパス

プロフェッサーKの姪、レディーMがテンタクルの後を引き継いで結成した犯罪組織。的はテンタクルと同じく子供いじめだが、宝石や美術品などを奪うこともある。当初はレディーMの知人である犯罪者と手を組んで作戦を行っていたが、プロフェッサーKがアンドロイド兵士を送ってきてからはテンタクル同様にアンドロイド兵士も使役するようになった。

レディーM (演:千秋
スペインから来日したプロフェッサーKの姪。Kと同じく子供が苦手で、子供笑顔を見ると鼻がくなる。親交のある犯罪者アンドロイド兵士を使って事件を起こす。
トンチンカン (演:大島三郎
ミスタートンチンカン」とも呼ばれるレディーMの部下で、スキンヘッドの大男。石頭と怪力、イヤリング爆弾などを駆使して戦う。
犯罪者たち
レディーMによって呼びつけられた犯罪者たち。怪盗海賊など元から悪事を働いていた者が増え、中には生身の人間ながらマシンマンを追い詰める強も。

星雲仮面マシンマン

ドルフィンは、マシンハイウェイ高瀬健に電送されるのだ
高瀬健は、ドルフィンの中でマシンマンになるのだ

ドルフィン電送~イクシードコンバート時ナレーション

健がマシンドルフィンの中でイクシードコンバート(転換)し、ウォーリアスーツを身にった姿。本来特に名前などはかったが、真紀マシンマンと呼んだことをボールボーイから又聞きしたニックがそれを気に入り、以後「星雲仮面マシンマン」と名乗るようになった。

高瀬健としてのニックはとぼけた3枚であるが、マシンマンとしての彼は強く優しく格好いいスーパーヒーローであり、そのギャップもマシンマンの魅の一つである。

装備・技

ウォーリアスーツ
アイビー人の身体を更に強化するためのスーツ太陽のように頭頂部が仮面は口から下の部分がく、マシンマン=健の表情や感情を見て取ることができる。特徴の一つでもある透明なマントアクションの際やドルフィン搭乗時には外される。イクシードコンバート(転換)はドルフィンの中で行われるが、走りながらマシンマンになるシーンも存在する。
ワープスロット
ドルフィンを呼ぶ際に用いられるアイテム戦闘時には形態のスロットルガンに変形し、攻撃の他に牽引などにも用いられる。
余談だが、『激走戦隊カーレンジャー』に登場するシグナルマンアイテムシグナイザー」が三段変形という違いはあるものの、ワープスロットルに酷似している。
レーザーサーベル
ナックガードのある細身の
ファイティングボール
ボールボーイを敵に投げつける技。
マシンバリヤー
レーザーサーベルによってられるバリヤー。襲われる子供達を守るためなどに使われる。
サーチライトビーム
透視。「シースルー」という同様のがある。
イクシードパンチ
両手を重ねた後に放つエネルギー弾。
マシンサンダー
電撃を集めたレーザーサーベルで敵を切り裂く必殺技。三回りつける、Z字にりつける、M字にりつけるなど複数のパターンがある。アンドロイドに対してはZ字、人間に対してはM字がに使われた。
タルシスウェーブ
から放たれる線。人間の悪い心を善に変える作用がある、マシンマン最大の特徴とも言える技。

マシン

ドルフィン
マシンマン」という名前の由来でもあるスーパーマシン。時速400kmの地上走行形態"マシンドルフィン"と、マッハ3.4で飛行する飛行形態"ドルフィンジェット"の二つの形態を持つ(当時発売されたポピニカ版ではさらにロボット形態"ドルフィンロボ"に変形する)。ワープスロットルからの信号で健のもとへ電送されてくる。
スペースコロニー
健が乗ってきた宇宙船。日本のとあるの底に着陸し、健の代わりとなっている。
オートバイ
健が普段私用しているスズキ・カタナに酷似したオートバイアイビーから持ってきたものらしい。

主題歌

オープニング「星雲仮面マシンマン」
作詞石ノ森章太郎 / 作曲編曲大野雄二 / 歌:MoJoコロムビアゆりかご

エンディングの名はマシンマン
作詞八手三郎 / 作曲編曲大野雄二 / 歌:MoJo

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *日テレ制作にある程度関与はしているが、戦隊メタルヒーローなどのテレ朝昭和ライダーなどのMBSのように内容にまでタッチしていないため、東映の単独クレジットとなっている。また、日テレアニメなどの子供番組に原則自社クレジットを表示させなかった事情もある。次番組のバイクロッサーも同様。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP