星馬烈単語

セイバレツ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

星馬烈とは、こしたてつひろのミニ四駆漫画爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の主人公の一人である。

アニメ版の声優渕崎ゆり子

概要

初代主人公兄弟。しっかり者の優等生。直情に対して理論だが同様に情熱を持っており、熱くなりやすいところは大して変わらない(こした先生く「実はより熱い」)。とは性格もセッティングも対照的で、ことある事に喧する。

メンテナンスなどの基本を怠らず、小遣いをきっちりやり繰りしてパーツの準備は十分、セッティングは璧、ピット作業は電光石火実さに裏打ちされたレース運びは非常に堅実。主人公だろうと負けるときは負ける本作にあってリタイヤは全編通しても数回しか見られない。WGP編では「TRFビクトリーズ」のリーダーを努める。

一人称は「」で温厚で人当たりが良いが、と話すときは人前だろうとぶっきらぼうな態度で一人称に「」が混じり、「~だろ」「~しろよ」と強い言葉を使って然と兄弟喧嘩を始める。相手を非難する場面ではむしろ堅い口調になるので、に対する態度が自然体なのかも知れない。実際アニメではモノローグでよくに話すような口調になる。

劇中では頼れる二枚目の印が強いが、大きな毛が特徴的でかなりの女顔。

DVD-BOX発売時に行われた人気投票では堂々の1位を獲得した。連載・放映当時から特に女性人気が高い。
ファンからの称はの呼び方を取って「烈兄貴」。

使用マシン

機「ソニック」は高速コーナーリングを得意とし「コーナーリング」の異名を取る。直線から相手のマシンに食らいつき、コーナーで減速する相手を横に抜き去る場面がソニックハイライトといえる。悪路や坂路でもスピードを維持して駆け抜けられる安定性が持ち味だが、レーサーリスクを冒して勝負に出ることもある。

スーパーアスチューJr.
レーサーミニ四駆人気種。アニメでは一般レーサーマシンとしても度々登場するが大抵碌なに遭わない。
ソニックセイバー
土屋博士から貰った初のフルカウルミニ四駆。によりコーナー仕様チューンされている。地にカラーリングと大きなリアウイングは後継機にも受け継がれる。
バンガードソニック
土屋博士ソニックセイバーデータを基に開発したミニ四駆略称Vソニック。鋭的なフォルムのVマグナム較して丸みを帯びたフォルムと大きなウイングが特徴。
ハリケーンソニック
が自ら開発したVソニックの発展アニメでは大胆にも大神博士に技術提供を仰いで完成させた。さらに大化してボディと一体化したリアウイングに加え、フロントにもウイングがある。
バスターソニック
WGP参戦中に大破したハリケーンソニックビートマグナムアイデアを取り入れ完成させた4代マシンビートマグナムリアサスペンションをフロント部に持ってきた格好。原作の開発秘話ではしくジュンが登場し、彼女MTBテクニックから必殺技の着想を得た。アニメではフロントダンパーの可変機構によりストレートではボディをフラットにしてスピードを稼ぎ、コーナーではボディを起こしてダウンフォースを稼ぐ。これは初代マグナムソニックセッティング思想そのものである。
ブリッツァーソニック
第2回WGPに投入されたバスターソニックの発展。このマシンのみ地にではなくボディ全体がい。
ロデオソニック
ミニ四駆25周年を記念して発表されたニューマシンデザインソニックセイバーに似ている。書き下ろし漫画ではカルロが登場。当初はマシンパワーを抑え込んで安定性を重視していたが、カルロに「意気地のない改造」とを飛ばされ、パワー全開の攻撃的な走りのマシンとして完成させた。
ブラストソニック / グレートブラストソニック
2015年の新作漫画「Return Racers!」第2話に登場したマシンミニレーサー引退するとの最後のレースのために完成させたバスターソニックの後継機(何故かライトニングマグナムブリッツァーソニックが登場せず、本機とビートマグナム対決となっている)。レース中に炎の中に突っ込みボディの一部が燃え落ちてグレートブラストソニックへと進化し、最後の兄弟対決で飾った。

劇中での活躍

危なっかしいを支える頼れる兄貴分として、が勝負を諦めかけた時にはしく叱して前を向かせる強さを持つ。

原作漫画ではマグナムストーリーの中心になることが多く、出番的には「主人公」くらいの印である。とはいえハマーDとのオフロード対決ネタ的にも熱さでも屈の名エピソードである。

前述の通り安定したレース運びに定評があるのだが、レースの数が多いアニメ版でも兄弟って勝ちきれないか1位2位ワンツーフィニッシュが多く、チェッカーを切る場面は少ない。

アニメでは天気を読む場面が多く、ニコニコでは「定評のある」「レインタイヤ子」などと呼ばれる。

アニメWGP編では堅実な走りとリーダーシップチームを引っる一方、の強いメンバーをまとめるのに苦労し、重圧を感じて思い悩む事もあった。ついにはレース中にをして大怪で出場停止になり、負ければの復帰前に敗退という状況でメンバーが奮闘すれば今度は自分は不要とドツボにはまる有様だったが、の励ましでひたむきにレースを楽しむ気持ちを取り戻す。直後に憑き物の落ちたような表情で物凄ーく穏やかにを評して「邪魔でうるさいけどそうじゃないときもある」というのがらしい。

MAX編での活躍はいが、アニメではもうリーダーはやりたくないとすも、結局押しつけられた。MAX最終回では鷹羽リョウと共に一文字兄弟レースを静観していた。

2015年の新作漫画「Return Racers!」第2話では宇宙開発技術者として成長した姿で登場。回想では土屋博士推薦による海外留学を機にミニレーサー引退したことが明らかにされた。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/22(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/22(火) 00:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP