今注目のニュース
「エビマヨうきわ」が9年ぶりに帰ってきた!6月20日から復活販売
AbemaTVが「ガンダム」シリーズ11作品を毎週土日祝に無料放送 ガンダム40周年記念として
木村昴&榎木淳弥、事務所の先輩“天才声優”関智一について語る「あの人すごいっすよ」

時代小説単語

ジダイショウセツ

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

時代小説とは、エンターテインメント小説の1ジャンル過去の時代(江戸時代)を舞台とする小説のこと。

概要

歴史小説とは似ているようで(一応)違うジャンルであり、「実在の人物が登場して、史実に沿って話が進む」のが歴史小説。それに対して時代小説は過去の時代背景を用いて、架の人物、または史実に沿わない歴史上の人物の活躍を描く」ものである。

テレビドラマに例えれば、NHK大河ドラマ歴史小説であり、『水戸黄門』のような時代劇は時代小説である。

……というに、歴史小説との間には一応ちゃんとした区別があるのだが、たとえば司馬遼太郎の諸作品や、最近で言うと和田のぼうの城』や冲方丁天地明察』のように、どちらかといえば歴史小説に分類される作品が「時代小説」と言われることも多く、「娯楽性の高い歴史小説」ぐらいの意味で使われている場合もある。実際、歴史小説でも大胆なフィクションを取り入れたものもあれば、時代小説とされているが史実をきっちりと踏まえた作品もあるわけで、界線は曖昧である。

その昔、大正時代に「大衆小説」というものが登場した頃は、大衆小説といえば時代小説のことであった。直木賞として名を残す直木三十五や『宮本武蔵』で知られる吉川英治らが広く親しまれ、戦後池波正太郎藤沢周平を筆頭に、柴田三郎剣豪小説や、山田風太郎ものなどで高い人気を誇った。

現在では佐伯泰英を筆頭に、「文庫書き下ろし出版」「人気に応じて長期シリーズ化」というライトノベル的な販売手法が定着し、いくつかの出版社が時代小説専門の文庫レーベルを立ち上げるなど、中高年向けライトノベルと言うべきジャンルとして定着している。複数のシリーズを掛け持ちして一冊以上のペースでどんどん量産する多作な作家が多い。書店などでも時代小説の文庫本はひとつのコーナーにまとめられるようになっている。とはいえ読者層は高年齢層のみに留まらず、畠中恵の『しゃばけ』シリーズを筆頭に、高田郁の『みをつくし料理』など、若年層にも人気の高い時代小説もある。

元々は際謀略サスペンスを書いていた佐伯泰英がそうであるように、他のジャンル推理小説など)でデビューしたもののあまり売れず、時代小説に流れ着いてからブレイクする作家も結構多い(江戸川乱歩賞出身のとか)。また他ジャンルで功成り名を遂げた大作家が、高齢になると時代小説が中心になるパターンも多い(志夫とか)。あかほりさとるが「あかほり悟」名義で進出したり、ライトノベル方面からの時代小説進出も見られる。

なお、ハードカバーで出る時代小説と、文庫書き下ろしの時代小説の読者層はだいぶ違うらしい。

時代小説の主なジャンル

捕物帖(捕物帳)

明しやっ引きが事件を解決する、江戸時代舞台にした警察探偵ものであり、要するにミステリー小説岡本綺堂『半七捕物帳』が嚆矢となり、探偵小説の執筆が禁じられた戦時中には、横溝正史のようにこのジャンルミステリを書いていた探偵小説家もいる。

現在最も有名なのは池波正太郎の『鬼平犯科帳』だろう。ほか野村胡堂『銭形次捕物控』も代表格。枝『御宿かわせみ』や宮部みゆき『ぼんくら』など女性作家の作品も多い。シリーズが長く続くと徐々にミステリー要素が薄れて人情ものになっていったりする。

剣豪小説

宮本武蔵柳生十兵衛といった実在剣豪、あるいは架剣豪が登場し、チャンバラ活劇を繰り広げるアクションもの。

圧倒的に男性作家の作品が多く、池波正太郎客商売』、藤沢周平用心棒抄』、柴田三郎『眠狂四郎頼控』などが代表的。近年では佐伯泰英や上田秀人などの諸作が高い人気を誇る。

漫画シグルイ』の原作にあたる南條範夫『駿御前試合』もジャンルとしてはこれにあたるが、南條範夫の作品は「残酷もの」と言われることが多い。

市井小説

職人や商人のような、下町の民の暮らしを描いた人情もの。捕物帳とは相性がいい。

藤沢周平山本五郎などが代表的な作家北原以子や藤原緋沙子など女性作家も多い。

股旅物

渡世人や侠客を主人公にした、アウトローの世界を描いたもの。

長谷川伸などが開拓し、戦後沢左保『木枯し紋次郎』シリーズが大ブームになった。

伝奇小説・ファンタジー

妖怪が出てきたり、ものすごい術を駆使する忍者が出てきたりといった、非現実的な要素のある作品。「○○は実は××で死んでいた!」といったような、歴史に対し、マイナー説・奇説や自然的な要素を導入してもっともらしい物語を組み立てるものも含まれる。

伝奇系では柴田三郎隆慶一郎山田風太郎などが代表的な作家で、剣豪小説のようなアクションものと特に相性がいい。半村良、高橋夢枕獏といったあたりになるとほとんどSF

妖怪が登場するようなファンタジーでは畠中恵『しゃばけ』が代表格。宮部みゆき幽霊超能力の登場する時代小説が多い。

関連商品

関連項目

大百科に記事のある時代小説作家(時代小説がメインでない作家も含む)

大百科に記事のある時代小説作品

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2016/02/13(土) 14:56:31 ID: VIw6KnsyRX

    武士(のチャンバラ)を描くものが多く
    身分として定着しているほうが都合がいいから

  • 4ななしのよっしん

    2017/11/14(火) 11:02:50 ID: nGEHOD5nc7

    当然のようにエロシーンが入ってくるから最初衝撃的だった

  • 5ななしのよっしん

    2018/11/02(金) 20:23:53 ID: Fz9FfA7Lzi

    安易に「これは司馬創作であって史実に反する」といった批評が乱発され過ぎている

    「史実に即したソースい、史実は異なるかもしれない」←ワカ
    「史実に即したソースい、故に史実は全く逆であると明できる」←ナンデ?

急上昇ワード

最終更新:2019/06/20(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/20(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP