暇空茜 単語

170件

ヒマソラアカネ

1.2万文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板及び関連掲示板では、度々しい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。
→「ニコニコ大百科:楽しく過ごすために」参照
議論の誘導 暇空茜(人物・キャラ)に関する議論は本記事でお願いいたします。
暇空茜当人及び同名キャラに関する議論を他の記事で見かけた場合は本記事への誘導にご協下さい。

暇空茜(暇な空白)とは、日本のブロガー、元ゲーマー、元ゲームクリエイターである。別名いは過去名義として暇なアーニャApos、Touyaなど。

また、同氏が動画内で用いているキャラクター『認知プロファイリング探偵暇空茜』のことでもある。

記事目次

 

概要

Twitter『暇空茜』note『暇な空白youtube『暇な空白チャンネル』で活動している人物。動画制作部分は助手の「なる」に任せて脚本、プロデュースを行っている。

活動内容はHUNTER×HUNTER解説感想の他、2022年からフェミニストツイフェミ)などの思想義にまつわる活動家への調や観察、考察などが中心となっている。

元々はUOFF11ブラウザ三国志で有名なプレイヤー(Touyaapos空白)で攻略本制作したりファミ通メディア出演した経験もある。成人してからセガ、gloops、グラニ、サイゲームスに就職・転職する中で企画プランナー、ディレクターとしてゲーム製作に携わるクリエイターであった。携わったゲームは大戦乱!!三国志バトル(gloops)、のヴァルハラゲート(グラニ)などがある。サイゲームスを円満退社したのちは企業に勤めてはいないとのこと。

グラニの創業者の1人として株式を保有し、ソーシャルゲーム制作を成功させ取締役に就任するも経営との対立か解雇され、7年にも及ぶ裁判によって争うこととなる。グラニは上場した後ソシャゲバブルの波に乗り時価総額が巨額で創業者利益も大になっている状態だった。裁判費用の工面や生活や精への負担も厳しく、敗訴も濃厚と見込まれる中、拠を多く保存していたことが有利となり、和解案も蹴り最高裁までれた末にグラニの経営から勝訴をもぎ取り、6億円の損賠償を手にした。後にグラニはこの損賠償の負債が重荷になったこと、新規ゲーム作品がヒットしなかったことが重なり事業譲渡に追い込まれ実質的に活動を停止する。

▲目次へ

シン・ネトゲ戦記

シンネトゲ戦記という名の読み物が暇空茜のnote「暇な空白」にある。暇空茜の生い立ちから復讐の成就までを記した作品。

簡単なあらすじMMOなどネットゲームの才をもった少年ゲーム会社に就職しHit作を世に送り出すも社長からの裏切りに合いほぼ一文で放逐され復讐の裁判を行い最高裁まで戦った記録となる。

結果として「他人」を信じる心を失った代わりに大を手にし、漫画読み美食を楽しむ々自適な生活を送ることとなるが、その才を持て余した故に自分の全を尽くして戦える強敵をめ「ターミネーターエイリアンが攻めてこないかな」などと想するようになった。

▲目次へ

VSシュナムルさん

当時Twitter最強フェミ騎士と称され漫画ラノベなどの作品を燃やすことも厭わないシュナムルさんに対し、漫画映画ゲームする暇空茜は同じく漫画ゲームを楽しむビジネスパートナー動画制作担当の「なる」と出会い二人でシュナムルさんの素性を追い始めた。
シュナムルさんのTwitter投稿された発言や写真からシュナムルさんは多くの噓をついているのではないか?」という推理を行いYoutube「暇な空白チャンネル」でシュナムル研究シリーズ投稿する。(2 話のみ都合上ニコニコ動画投稿され視聴可となっている)
その動画シリーズとの関連は不明だが最終動画投稿したのと同時期にシュナムルさんの活動はほぼ停止状態となった。ちなみにシュナムルさんは男性です。

▲目次へ

Colabo問題あるいはWBPC問題

次に二人がターゲットとしたのがいわゆる共産党と強いつながりがある Colabo代表仁藤夢乃さん」である。温泉むすめ批判した仁さんが代表を務めるColaboの活動をホームページや仁さんのTwitterなどから調べた始めたところ会計に疑問を抱きその内容を動画で多く投稿、後に東京都に対してColaboをはじめとした若年被害女性支援事業を委託された4団体(WBPC)の情報開示およびColaboの活動に対する住民監も行った。
その結果Colabo11月29日伝説記者会見を開き、仁さんと7人の弁護団はColaboおよび仁さんに対する誹謗中傷化したのは暇空茜のせいだとして慰謝料など計1100万円の損賠償をめて提訴すると発表。

それに対して暇空茜は徹底抗戦を表明し現在係争中。

Colabo問題に関するカンパ募集について

暇空茜はColabo問題に関する裁判にかかる費用のカンパを募っている。本人が常々「住民・行政訴訟を行っても得られるものは税金の不正利用を行いにくくなる&作品に対する安易で強い批判が減るくらいで身銭を切ってる自分は一銭のけにもならないどころかマイナス。預が減っていくのを見るとやる気が削れてしんどい」という趣旨の発言をしており、伝説記者会見以降Colabo以外の若年被害女性支援事業を委託されている3団体(WBP)ともやり合うに当たり「弁護団をこちらも組まなければやっていられない」とカンパを呼びかけたところ2023年1月時点で7000万円を額が寄せられた。
なお、使用用途に関しては全額訴訟のために利用し使い切れるように努する。もしそれでも余剰が出た場合は暇空茜、なるくん、弁護団で頭割りして分ける」と説明している。

▲目次へ

中川卓弁護士の諍い

中川弁護士アンバサ先生)と暇空茜はTwitter上で相互にブロックしていた。暇空茜の漫画感想ツイートに対し中川弁護士がそのスクショを載せながら作者に迷惑をかけている」という旨のツイートを行う。暇空茜は「相互ブロックにもかかわらずストーカーのような行為を行う中川氏は弁護士としての品位に疑いがある」と懲を行った。
この懲の後に伝説記者会見となり暇空茜を提訴したと発表するが、提訴するためには相手の住所が必要となる。中川弁護士が自分に対する懲に添えられた暇空茜の住所Colaboに伝えたという事がわかり個人情報保護法弁護士倫理に問題がいのかと大きく議論がなされている。(ちなみにこの住所流用を理由に中川弁護士に対して2回の懲もされた)また1回の懲弁明書内に「私を反社反社会的勢力)扱いする記述がある」と暇空茜が問題視している。

▲目次へ

衆議院議員会館使用についての問題

伝説記者会見が開かれた場所は衆議院議員会館であった。この衆議院議員会館は議員しか利用できないことになっているが記者会見に議員の姿はなかった記者会見を行う為に議員会館の予約を取った議員がであるか議員行政文書の開示が申請されたが「議員の活動に支障がきたす恐れがある」ため非開示となる。ちなみにこの非開示に対する不申し立ては現状の制度では行えないとのこと。一市民を相手に7人の弁護士を用意する一般社団法人に便宜をかけ議員会館を使用させる議員はいったいなのか未だであり、このままであると仁さんとセブンナイツは「議員会館へ不法侵入したのでは?」という疑惑が上がってしまう

▲目次へ

『認知プロファイリング探偵暇空茜』

虚偽情報を避けるため暇空氏等からの発信にはツイートリンクを設置しています。

博士と助手のキャラクターについて ボイスチェンジャーで変成したです。 博士キャラクタージョークを、助手キャラクターツッコミを担当させています。 2人で動画制作を行っているので、それぞれのキャラクターをふくらませたものとなっております。

YouTube のチャンネル収益化ポリシーについて この動画は、実際に私達が出演し、実演し、ナレーションの原稿作成や読み上げも、全て1人で行っているオリジナルコンテンツです。 また、頻繁にカットや編集を行い、BGM効果音での演出も駆使し、単調な、繰り返しの多いコンテンツにならないように創意工夫して制作しております。

youtube動画概要欄より引用

『認知プロファイリング探偵暇空茜』(博士)とは、Youtube動画Twitterアイコン等で使用されている女性キャラクターのことである。アイコンに利用しているのもTwitter投稿されているツイートは「暇空茜というキャラクターのツイート(ジョーク)exit」であると過去ツイートしており、またツイートに関しても自身の意見とは異なることを明かしていた。ただし、後にジョーク発言が話の流れに合わせたジョークとも説明しているexit為、現在暇空茜(キャラクター)及びツイートがどのような立ち位置なのかは不明。

そんな博士キャラクターの容姿は『長いピンク』『探偵帽子及び探偵装』『赤色の組紐の胸飾り』『深緑色と水色市松模様の布の飾り』なのだか、動画の音として用いている『A.I.VOICE 琴葉茜』(助手(なるこ)は音として用いている『A.I.VOICE 紲星あかり』)を彷彿とさせられるデザインである為、2022年11月エーアイ社のガイドラインキャラクターガイドライン第2条2.①②)を守っているのか、という質問が行われる。それに対して「暇空茜というオリジナルキャラで、こふじさんに特注で描いていただいたイラストexit」「(ブラック★ロックシューター亞北ネルを例に上げた上で)無関係ではないがオリジナルキャラクターexit」「容姿は明らかに似てないexit」等の返答が行われた。
また、その後も摘されることがあった為、デザイン担当のツイート引用RTする形で「(暇空茜・なるこというキャラクター琴葉茜紲星あかりを)パロディ、引用して作成されたオリジナルキャラexitであることも説明が行われた。(パロディ概念については「パロディ=取り入れて残す、オマージュ=匂わせる、インスパイア=パクってるけど隠してない、パクリ=隠そうとしてるけど隠せてないexit」と認識していることを明らかにしている。)

加えて、動画編集担当のなる氏よると、YouTubeのスパム検知用のAIによる削除を防止するために動画説明ではボイスチェンジャーとされているexitA.I.VOICE 琴葉茜』及び『A.I.VOICE 紲星あかり』に関しても、A.I.VOICEの使用許諾契約書にわる摘が行われているが、動画編集担当が「元々幅広く使ってもらうためにガイドラインが緩いことexit」「政治利用ではないことexit」を理由に問題ないと説明している。

上記の経緯及び説明もあり、今なお本キャラクターに関しては様々な議論・意見・摘が出ており、エーアイ現在A.I.VOICE違反報告フォーム)に問い合わせをしていた人も少なくない。
ちなみにこれに関してはニコニコ大百科上でも行われており、実際本記事『暇空茜』ができたのも2022年10月頃から音及びキャラクター規約やオリジナルキャラクター宣言等の論争が琴葉茜記事掲示板で行われていたことが原因。

なお、この話に関しては現在に至るまで)紲星あかり株式会社バンピーファクトリーからのアナウンスガイドラインの変更は行われておらず、また問い合わせが行われている上で変更及び通達が行われていないことを理由に同氏らは問題ないと認識している模様exit。(A.I.VOICEのは明を出しているが名しではない為暇空氏らのことをしているかは断言できない。)

余談だが、質疑応答が最初に行われた時期にDMCAによりアイコン削除が行われている。これに対して氏は虚偽の報告であると主張した上で訴える意志を明らかにしているexit

また、2023年4月20日に暇空氏も権利はキャラクターイラストを書いた人物が権利を持っていると考えを示していたexitが、当人から「意思決定者が権利を持っている方が良いと考えますので『暇空茜、助手なる子』のデザインに関する全ての権利を空白さんに譲渡します。exit」と権利の譲渡が行われた。

第三者によるファンアートの選挙利用、A.I.VOICE声明発表

2023年4月半ばに新宿区議選にて暇空茜の活動を広める目的でskebで依頼、後に依頼人の要望通りフリー素材として配布された暇空茜のイラストexitを用いたポスターが張り出されたことexitもあってか、A.I.VOICE公式サイト及び公式Twitterにて問い合わせに対するアナウンスが行われ、アナウンスにて『当社及び当社キャラクターは、特定の思想や特定の出来事への賛否、及び政治信条等には、一切関知するものではございません。exit』という一文が添えられた。
これに対して動画編集担当のなる氏は「問い合わせして迷惑をかけてる人たちがウザがられているexit」「(自分たちを指しているなら)公式がNG出すならアクションが遅すぎるexit」と発言し、キャラクターデザイン担当者exit暇空氏exitも同調するように引用RTや発言を行った。また、ガイドラインめて確認したなる氏は自身らの使用方法には問題がないexitと宣言した。

一方で前述のポスターが原因と指摘exit明発表前に暇空氏はイラストは作者がフリー素材したもの、使用した人物はブロック済exitと関係がないことをしていたが、明をRTしたあとすぐにイラスト制作者に連絡をし、使用した人物への利用を禁止するよう促し制作者から意向と中止の旨を使用した人物へ伝えたexit。が、使用した人物はこれに対してイラスト制作者から許可を得た上で琴葉茜として使用しており、暇空茜には関係ないexitと暇空氏の要を拒絶した。担当する弁護士が暇空氏と同じであることを明らかにした上で弁護士を経由して暇空氏に確認を取ったとの宣言をしていた為確認、虚偽の事実であったとの確認が取れたことexitを宣言した上で暇空氏は自身が区議選ポスター利用者を支持してないことexitnote動画にて明らかにし、拡散めた。
結局選挙が終わるまで撤去は行われることはなく、以下のような状況へと進展した

▲目次へ

問題行動・発言

虚偽情報を避けるため暇空氏等のツイートにはツイートリンクを設置しています。

セクハラされた元自衛隊員への誹謗中傷

セクハラされ辞職に追い込まれた元自衛隊員五ノ井氏へ、裁判において不特定多数の政党から党(の宣伝のため)として協しようと多数のが呼びかけられていたが彼女Twitter上で拒否。2023年1月31日に「私の裁判についてはどこの党とも連帯しません。exit」という文言を投稿する。

しかし暇空は開された文書に対して、本人のツイート引用RTする形で「なんでセクハラ賠償訴訟で「党」「連帯」いやあ、偽装が下手くそ。exit」と単が使われてるという理由だけで党と関りがあると批判、更にはセクハラされた女性に対して「これは一般論ですが出世したらスパイ、しなかったらハニトラ?exit」「これは一般論を申し上げますが、自衛隊にスパイを僕がもし入れるとしたら、出世したらスパイとして使うし、出世しなかったらハニートラップに使いますexit」と性を悪用したような発言を行う。
その後も「(公開された手紙に対して)小狡いなあ、信じられんわexit」「それでガチギレしてるのもあっちの人まるだしで文字通り「お里が知れる」ってやつexit」などの発言を繰り返し行った。

なお、五ノ井氏はTwitterにて2023年2月4日文面に対する説明exitツイート。全く面識がいのに一方的に裁判で協すると他所で言った共産党の議員の言葉を引用して「連帯」という言葉を使い否定したと再三説明が行われた。

東野学者や関係者への誹謗中傷

東野学者への唐突なリプ

ウクライナ戦争関係で情勢共有やTVラジオ新聞ネット番組で分析解説を行う第一人者である筑波大学教授東野篤子女史(専門は国際政治EU欧州政治ウクライナ研究副会長)や東野氏を擁護した安全保障の学術関係者への中傷を行ったために批判が起こる。

2023年3月4日東野氏が朝日新聞へ寄稿した記事内容に関して朝日新聞記者Twitter上で議論が行われていたが、外野かつ一切面識のない暇空氏が東野氏のツイート引用RTで「メスの青識exit」と発言。(識はこれ以前から暇空氏と対立、Twitterで活動する人物)

一切面識のない暇空氏からの文面に対して「なにがおっしゃりたいのか、きちんと説明してください。exit」と東野氏が訪ね「議論が手段ではなく目的となっている男性が性転換したような存在exit」と返答。その後、ミリタリー記者JSF氏も加わりTwitter上でやり取りが行われる。

暇空氏は「朝日新聞の人間が議論は無駄って言ってる、どう考えても説得できないのに、議論は大事わよ!!!!とそこにレスしてるのが青識亜論そっくりだと思いました。exit」と何故か東野氏を朝日新聞社の人間思い込むなど、会話にならない会話が続く。
※後に東野氏を「メスの青識ってことと朝日新聞に国のために国民が戦うことの議論についての記事を寄せた人exit」という認識を持っていることを説明している。
※暇空氏は「メス」という言葉に対して「バカの性別なんてオスとメスで十分exit」「メス呼ばわりが失礼だってのはわかるexit」と対を見下す意味であり、失礼な物言いであることを理解した上で使用している。

ピーチクキャンキャン吠えるのは議論じゃねえexit」「へー議論って喧嘩に例えて、ケンカのためのケンカがあるようなもんなんですね。朝日新聞の記者に議論は大事だろンダオラッて喚くことがまさにそれですか?exit」などの暇空氏による批判が続く中、東野氏は会話が成り立たないと判断して直接返信を中断。

東野氏がその後にフォロワーや送られてくる意見、togetterにてまとめられたことexitに触れるなどするが、何故か暇空氏からフォローされ、2023年3月5日に「議論は無駄だと声を枯らして明けがたまで訴えてきた人が、今度はフォローして議論を吹きかけ付きまとうのはどう考えても異常exit」と東野氏が判断を下し、東野氏からブロックをする。(暇空氏からも後にブロックする)

ほぼ同時刻にスペースを開きexit、さらには約2時間後に暇空氏はnoteでブロックしたことを取り上げるexitなどして、東野氏のを否定する。余談ではあるが、過去に暇空氏は自身を「戦争戦略天才」と称しており専門並みの才が自身があることを明かしている。後のnoteexitゲームの話であると言い訳を行うが、それまでの東野氏への言動で知識には自信があった事が分かる。)
noteでは東野氏が執筆した記事において「ロシアウクライナにやってるようなこと(ロシアによるウクライナ侵攻)が日本でも起こるかもしれない(日本仮想敵はもちろん中国)」というのを「ロシアからの侵略に備えろ!」と文言そのまま読み取り「侵攻してくるとしたら中国でしょ(笑)」と摘。東野氏の伝えたいことと同じ事を言って批判という間抜けな文章を書く。しかも東野氏をよくある「防衛戦争だろうが戦争反対論者」と勘違いし批判東野氏の普段の逆であり全くの誤解である。

ミリタリー関連有識者を巻き込む

ミリタリー関連の有識者が前述のnoteに苦言を呈すも、今度は東野氏への女性差別的発言やJSF氏の的外れな人格批判Twitter上で始める。同時に暇空の一部賛同者(ほぼ信者)や動画制作担当のなるも軍事専門ミリオタに対し誹謗中傷を繰り返すようになる。

ミリタリー界隈に喧嘩売ったって人ら、でんちゃと同じ匂いするexit」という双方を貶す発言をし、「ゲーマーは考えて手を動かすから「手に付く」、スキルがでんちゃとミリオタは「資料を暗記する」しかない趣味。考察とかもない、歴史とか数学は覚えられないexit」「電車オタク(撮り鉄)=でんちゃ、ミリタリーオタク=自衛隊演習とかしかないから一般人に迷惑かけてないだけでイキリ具合とかアホさ具合が完全に電車オタクと同レベル=せんちゃexit」などの貶す発言をしたり、ツイッターにおいてミリオタ凸待ちするスペースを開いたりする。なお、そのスペースでの凸者とのやり取りが本記事掲示板等に掲載されるが「あれそもそもせんちゃに改竄されてたように思うしexit」と録音があるにも関わらず文面とやり取りが異なることを摘している。
なお、その後も3日連続でスペースを開催していたのだが、一部の凸者に対しては暇空氏から一方的に切断を行っている。

2回目のnoteを投稿。exit一番最初に東野氏へ「メスの識」と引用RTを送った時に「彼女にむかついたから、中を立てたに過ぎず」と明確に中傷したという立場を示した。3回目のnoteexitで当初から東野氏への発言に対応しようとしていた軍事関連記者JSF氏、noteに苦言を呈した航空軍事記者ぐり(関賢太郎)氏、さらに国際政治chで共演し東野氏の発言の意味を解説し擁護した東京大学教授池内恵氏に対しても攻撃している。
同時期になる氏が唐突に動物虐待動画を転載したツイートを行うexit後にRTに切り替えexit)。理由として「最近すっごく感情的になりやすいストーカーが来てるから、感動をおすそ分けしてるexit」とっている。
この件に関して暇空氏は「1人からの通報がセーフで複数つまれるとアウトとか ルールはありえるんだから、それでセーフ判定はぬるいよexit」と凍結される可性のみを摘している。

3月10日に暇空氏が野球観戦を目的に開かれたミリタリークラスタが集まるTwitterスペースexit予告なく通話接続を行い、趣旨を遮ってスペースに暇空氏にわる批判的なツイートを行ったことを理由に直接謝罪要を行った。ちなみにこの乱入に関して「適当に目についたせんちゃスペースに乗り込んだだけexit」とっている。
その後も国際女性デー企画でインタビューを受けた東野氏exitフェミデビューとネタにしたブログを引っ張ってexitせんちゃはその場その場の旗色で意見を変えてフェミのような嫌がらせをする奴等、せんちゃの崇めるがくちゃ様はフェミデビュー、これを偶然メス識で暴いた僕すごくね?exit」など自画自賛を行っている。

▲目次へ

のりこえねっととの裁判

暇空茜がYouTubeで上げた動画に対し、のりこえねっとが動画内で使用されている仁藤夢乃の画像の著作権YouTube著作権申し立てを行い2022年12月19日に受理された。
これに対し暇空茜がのりこえねっとは著作権を所持していないとし裁判所に訴えた。
のりこえねっとは撮した写真である島崎でぃーの陳述書などを提出し反論した。
これに対し暇空茜は特に反論もせず、裁判所から提案された和解案に応じず、exit
そのまま裁判は進み暇空茜の請求は棄却され訴訟費用は暇空茜の負担とされた。exit

▲目次へ

人物・団体・用語集

  • 認知プロファイリング
    暇空茜の造語「相手の文章から読み取れる相手の認知から、相手の背景情報読み取る」。相手の言い回し、その情報は正しいか、間違ってるなら何故間違いをするのか、などの読み取った情報から答えを導く手法とのこと。なる「推測の域を出ないが合理的に判断するとその可性が最も高いと感じる行動背景を予測するので全く合理的に判断して動いてない相手にはけっこう弱い」らしい。暇空茜は「認知プロファイリング探偵」を自称している。

▲目次へ

Q&A

Q:暇空茜はミソジニスト女性蔑視義者)だから仁さんやColaboと争っているの?
A:仁さんの前にシュナムルさんという男性ターゲットにしていた為、仁さんが女性で暇空茜がミソジニズトだからというわけではないだろう。暇空茜はTwitter上で女性に関する様々な発言をしているが、まずは暇な空白noteに『女性には生理というハンデがある」は全に本当』という記事があるのでそれを読んでから各個人で判断するのが良いのではないだろうか。

Q:なんで7000万円以上(2023年1月時点)ものカンパが集まるの?
A:突っ込み所の多い伝説記者会見話題になったこともあるが、仁さん、Colabo、弁護団、フェミニスト東京都への反発といった面が大きいと推測される。また暇空茜が名誉毀損攻撃訴訟や行政訴訟などを和解をせず、底的に最高裁までやる」と強い宣言をしている点も大きいのではないか。

▲目次へ

関連動画

ニコニコ上では現在活動していないが動画作成を担当しているなる氏により一部動画投稿されている

関連リンク

関連項目

▲目次へ

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP