今注目のニュース
台風21号 父島で最大瞬間風速50メートル超え
作家も需要がわからないと語る「謎需要アクセサリー」が刺さる人には刺さりまくってる
バナナマン・設楽が浴槽で取った行動に衝撃 「ヤバいやつじゃん」

暗号通貨単語

アンゴウツウカ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

暗号通貨暗号資産)とは、仮想通貨の一種である。

概要

暗号通貨とは「crypto currency」の和訳であり、に"Satoshi Nakamoto"と名乗る人物が投稿した論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System[1]を元に作られ2009年に初めて発行された「Bitcoin」とそれを良して作られたコイン群、さらにはそれらに影を受けつつ新たに開発された仮想通貨群の事をす。

これら通貨の最大の特徴は「この通貨の価値を保障したり自由には新規発行したりできる絶対権限者が存在しない」ということである。通貨の価値を保するのは利用者である。

暗号通貨のウォレット(財布)にはAPIが用意されており、これを使って銀行などのサービスを作ることも出来る。

Bitcoinはその登場以後徐々に信頼性を得て価値は上昇していき、さらに追随する新規コインも次々に登場していった。2018年2月現在な暗号通貨にはBitcoinビットコイン)の他、Ethereum(イーサリアム)やRipple(リップル)などがある。[2]

Bitcoinが「大幅に価値が上昇した」ことが有名になると暗号通貨全体に注が集まり投資・投機資が流入。2017年頃から一種のバブル状態となっている。Bitcoin、Ethereum、Ripple各々の時価総額は2018年2月現在時点でそれぞれ数兆円から十数兆円に到達しており、暗号通貨全体でいうと数十兆円規模に膨れ上がっている。

この現17世紀のオランダで起きた「チューリップバブル」や1999年2000年に起きた「ドットコム・バブル」に喩えて崩壊を懸念する悲観的なも少なくない。もし前者の轍を踏めば全ての暗号通貨が価値の大半を永久に失い、後者の運命を辿った場合はごく少数の成功例を除いてどの暗号通貨が淘汰される。

「さほど通貨としては使用されておらず、金属のように投機の対や保有資産として扱われている」という摘もある。その現状を反映して、融に関する会議などでは「crypto-asset(s)」すなわち「暗号資産」と呼称されることも多くなった。それを受けて、日本では2019年5月31日に成立した法律情報通信技術の進展に伴う融取引の多様化に対応するための資決済に関する法律等の一部を正する法律」によって、法的な呼称がそれまでの「仮想通貨」から「暗号資産」に変更された。

マイニング

Bitcoinを含む多くの暗号通貨では、通貨を保する者達は電気代などを代償にしてコインを得る「マイニング」という行為を行うことが出来る。

取引を行うには「マイニング」が不可欠であり、これしで通貨のやり取りをすることは出来ない。マイニングは取引の整合性を確認するものであり、マイニングを終えた取引はブロックという塊にまとめられてブロックチェーンというブロック情報が連なっている物の最後尾に追加されていく。このチェーンは不正などによってたまに分岐するが、そういったものは不正を行ったPCの採掘速度を上回るスピードで他の正常なPC全体が採掘を行えば自然と正しい分岐の方に誘導される。

マイニングで得たコインかに配るも良し、換するも良し、物を買うも良し。現と同じように使うことが出来る。だが日本仮想通貨規制するか否かを検討中であるので、同じように使えるからといって違法行為に使ってはいけない。

ただしその後の暗号通貨の多様化によって、設計が全く異なりマイニングという行為が不要な暗号通貨も登場している。

クリプトジャッキング[3]

ウェブサイト訪問者の端末を利用し、許可で暗号通貨の採掘(マイニング)を行う手法。

ウェブサイトJavaScriptのコンポーネントを埋め込んでおき、閲覧に使われているデバイスの処理を暗号通貨の採掘に利用する。個々のデバイスの貢献が僅かであっても、も積もればで、最終的にはけられる。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *Bitcoin公式サイト内で英語原文がPDFファイルで読めるexit。また、和訳版を公開しているブログexitもある
  2. *ただし正確には「Ethereum」はプラットフォーム名であり通貨名は「ether」、「Ripple」は社名/システム名であり通貨名は「XRP」である。
  3. *https://wired.jp/2018/01/20/cryptojacking-out-of-control/

掲示板

  • 21ななしのよっしん

    2019/07/22(月) 12:41:20 ID: 4sPZgzazie

    もし暗号通貨が法定通貨になったらデフレが頻発したり急に価値になったり頻繁にデノミしないといけなさそう
    構造的に本位制的にならざるを得ないし通貨を発行するなら大な電と時間が必要だし時間がたって発行上限に近づいたら発行が難しくなるしとめんどくさすぎる
    世界恐慌は本位制だったから起きたという説もあるから通貨にするのは止めておいた方がいいと思うけど実際はどうなるかわからんから北朝鮮みたいな潰れても困らない小国実験してほしい

  • 22ななしのよっしん

    2019/07/22(月) 12:52:04 ID: 4sPZgzazie

    埋蔵量が減ると価値が上がるから貯蓄思考になりやすく使おうとする人は少なくなると思う
    デフレを避けるにはやはり定期的に新貨幣を出さざるを得ないだろうな
    全体的に商品貨幣論に従うものだから経済学者的には嬉しいことかもしれない

  • 23ななしのよっしん

    2019/10/09(水) 03:48:02 ID: zeAw2CiX3G

    暗号資産規制の対外=政治家個人への寄付禁止で-高総務相
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2019100800363exit

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/24(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/24(木) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP