曹仁単語

ソウジン

2.3千文字の記事
掲示板をみる(71)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

曹仁とは、中国・三時代のの武将である。

概要

字は子孝(しこう)。州沛譙県の人。生年は建寧元年(168年)。曹操とは曹洪と同じく血の繋がりの従兄弟同士。

巾族討伐に曹操が旗揚げした際、1000人あまりの若者を引き連れ、曹洪と共に配下に加わった曹古参の将の一人。若い頃はいわゆるDQNであったが、各地で転戦を重ねる中で成長。厳格に軍規を守る名将へと進化を遂げ、晩年は大将軍、大司馬にまで昇った。

没年は223年、忠侯と諡された。死因は不明。

歴戦の武勇

各地を転戦し、数多の戦功を残している。

  • 袁術討伐戦では多数の敵兵を討ち取り、捕縛した。
  • 徐州侵攻に置いては先鋒を務め、陶謙の立てた守兵を次々と薙ぎ倒していった。
  • 呂布戦では配下の何を捕えるなどの活躍を残す。
  • 繡戦では諸県を定などに努め、曹操鄒氏とギシアンしてるところを突かれての逃走劇では追撃する繡軍を果敢に防ぎ退けた。
  • 官渡の戦いでは、袁紹営に寝返った劉備軍を軽く撃破し、呼応した諸県もめて鎮圧・定した。更に返す西方の交通の遮断を企む袁紹軍の荀を破り、更には逆に袁紹の輜重隊(輸送部隊)を襲い兵糧を焼き払った。
  • 赤壁の戦い敗北後、曹仁は江陵に駐屯し、周瑜率いる軍数万を迎撃に当たる。軍先鋒6000騎に対し曹仁は部下:牛金300の兵で挑ませるという無茶振りを行うが、当然牛金の軍はフルボッコにされ全滅必至というところまで陥ってしまう。長吏の陳稜の静止を逆ギレで振り切った曹仁は10騎程度の精鋭兵を従えて突撃し、見事に牛金を救い出しているマッチポンプとか言わない)。陳稜はその曹仁の姿を見て「将軍はまさしく天界世界のお方です」と感嘆したという。結局江陵は失ったものの、周瑜に重症を負わせるなど善戦し、曹操も曹仁の功績を大きく評価した。  
  • 馬超の反乱(関の戦い)では守将を任され、関中軍閥の軍団の掃討などを行う。その後は荊州の情勢の不安定化に伴い樊に駐屯し、そして関羽を迎え撃つことになる。
  • 関羽との戦いでは悪に見舞われ氾濫。援軍の于禁もそれにより壊滅し、樊自体も半ば没しかけ、更に兵は人合わせて数千しか残っておらず、四方は荊州の軍に囲まれるという、どうあがいても絶望の状況に陥る。しかし曹仁はその中でも軍規を底し、満寵と共に兵を鼓舞してよく守らせた。そしてが引き、徐晃の援軍が到着するまで、関羽軍の猛攻から樊を守り切ることに成功。関羽は樊を攻めあぐねている間に留守中の江陵を呂蒙に落とされてしまい退却。この樊攻略失敗が関羽の死の遠因にもなっている。

・・・と並べ立てた武勇・戦功はかなりのもので、『子』では曹仁の武勇はあの張遼をもぐとされている。流石に言い過ぎな気はするが、軍の将軍の中ではトップクラスに入ることは間違いい。

曹仁の子孫 

曹仁の子孫については、正史三国志で曹泰(そうたい)・曹楷(そうかい)・曹範(そうはん)という息子がいることが確認できる。曹泰は、後に、鎮東将軍となり、陵侯(ねいりょうこう)までなった。曹泰の死後は、その子の曹初が後を継いだ。また、曹楷と曹範は、列侯となっている。 

各メディアにおける曹仁

三国志演義

徐庶趙雲に八門鎖のを破られたり、孔明の火攻めにあったりと演義では全にの引き立て役になっている。横三国志では細で四顔の武将。ヒゲを剃ったら趙雲

蒼天航路

夏侯惇夏侯淵曹洪と共に「曹操四天王」を名乗る。四天王の中のお笑い担当で夏侯惇に次いで出番は多い。最序盤(少年期)は曹操に振り回される美少年であったが、青年期になった頃にはハゲヒゲという厳つい容貌となった。中盤でも立った武勇がく、夏侯惇からは弄られ劉備からは「ヘボ将」とまで言われる。官渡の戦い劉備戦を任された辺りから「絶好調」になり、終盤には脳筋曹彰を叱り飛ばしたり関羽に対し怖じることく堂々と挑む等、史実通りの名将として成長を遂げていく。

一騎当千

貧乳で抜けたところの多いドジっ娘として描かれている。部下に秘部を見られたのに部下が萎えるなど、性的魅に乏しいらしい。

三國無双

今でこそ、小柄だが堅実で守りに長けた好人物として描かれている彼だが、プレイヤーキャラに昇格する無双3以前ではモブ武将なのに(下手をすれば今以上に)出番が多く、呂布等にボコボコにやられる散々な役回りであった。八頭身武将スレでは当時の彼をモデルにした触覚曹仁君がアイドル扱いされる程、ある方面では存在感抜群だったようだ。
ちなみに、そののごつさ(特に無双5以降)からガンダムと掛けて「仁ダム」と呼ばれていたりもする。

関連動画

三極姫(ゲーム)

ルートにおいて、曹操に気に入られた、主人公銀河に与えられた名前。そのため、元々は傭兵であり身分も曹操に与えられたものなので、曹操とはなんの関連性もない人物。なお、このゲームにおいての曹操女性であり、上と呼ぶように言われている。なんとも羨ましい。

面では、他ルート銀河孫策趙雲といったチート武将と化すので、それらとべたら見劣りする。その分強な全体スキルを保有してたが、PSP版でスキルも統一されてしまったため、純劣化キャラとなってしまった。その分、は人材が豊富なので問題ないし、追加シナリオでは活躍の場がある。

関連商品

関連コミュニティ

曹仁に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

 

この記事を編集する

掲示板

  • 69ななしのよっしん

    2021/04/17(土) 23:34:27 ID: RcM9BxFA2Y

    >>66
    孫策より下だろ

  • 70ななしのよっしん

    2021/05/09(日) 03:41:38 ID: hne4nKMKt4

    の苦にはとりあえず曹仁、って感じの曹操の酷使っぷりが信用の現れ
    々しい勝利や功績だけに囚われず、例え負け戦たろうと大局的な勝利を見据えて戦い続けられる曹仁って相当使える得難い人材だよなあ
    特に思慮せず即断で投入できるクラスって思い付く限りだと(夷陵以後の)陸遜や(曹叡の代までの)司馬懿くらいか。渋いとこでゲンあたり
    夏侯惇は将に将たる器で曹操の代行としての存在感素晴らしいけど戦闘指揮官としてはイマイチだし
    関羽のように良くも悪くも人格の自己が強くて周囲との調整が困難タイプは扱いづらい
    周瑜は忠心は疑いようはなくとも暴走というか独走しがち
    扱う君をキリキリさせるような各国司クラスが居並ぶなか、曹仁の安定っぷりは際だってる
    自分が曹仁だったら「またかよ!」と口の一つも言いたくなるわ

  • 71ななしのよっしん

    2022/01/29(土) 18:14:00 ID: s7QcMkNcS4

    >>70
    対馬戦線の先鋒で使い倒したと思ったら論功行賞もそこそこに叛乱鎮圧の為に東進させ、終わったらそのまま火庫情勢確定の荊州に再赴任
    使う方も使われる方もようやるわ(いい意味で

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/25(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/25(土) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP