曹昂 単語

98件

ソウコウ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「曹昂」ソウコウ ? ~ 197)とは、三国志に登場する曹操長男坊であり、未亡人に現を抜かして失態をやらかしたって若い命を散らした武将である。

字(あざな)は「子脩」

よく間違えられるが、名前の字は 「昂」(たかぶる)であってすばる)ではない。

正史では

曹操夫人の間に長男として誕生したが、実夫人がの曹鑠を産んだ後に世してしまった為、夫人に代わって曹操の正室になった丁夫人により養育された。

20歳の頃には、「孝廉(郷挙里選)」と言う優秀な人物を地方政治家や有者が推薦する官吏登用制度にて推挙されており、曹操も将来を嘱望していた。

曹丕からは「生きていても限界があった」と評価されている。

張繍の降を受け入れた曹操が、軍を外に駐屯させて典韋ら身辺警護の者のみ率いて張繍の居である宛に入った際に、張繍の族にあたる張済未亡人の美貌に心奪われた曹操未亡人との密通を重ねた為、密通を知った張繍激怒した際に、曹操張繍を殺そうとしたものの先手をとられて内にいたところを張繍軍の攻撃をうけてしまい、典韋曹安民らが戦死し、張繍軍の追手からを逃がそうとした曹昂は、自らの曹操に差し出し自身は戦死した。

曹昂の戦死を知った養丁夫人は、未亡人に現を抜かして遅れをとった事や、実の息子よりも典韋の死の方がショックっぽい旦那激怒して実家に戻り、弁解の余地がい程の失態にもかかわらず曹操が謝罪しても、怒りが収まらない丁夫人は、二度と曹操の元に戻る事はなかった。

この離婚曹操には相当堪えたようで、晩年死に臨んで、「死んだ子脩の霊に『私のはどこにいますか?』と問われたら、なんと応えれば良いのか」と嘆息したという。

▼宛の戦いを描いたhistory-reproduction「宛の戦い」

演義では

正史同様に曹操長男として登場し、曹操張済未亡人鄒氏」の美貌に抜きにされたところで張繍の攻撃を受けた際に、史実同様に戦死した。

そして史実同様に、全ての原因である曹操にとっては典韋の戦死の方が上と見なされた。

その他「曹昂」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照exit 

関連動画

如月千早担当Pとして登場するiM@S架空戦記シリーズim@s演義


担当P的ポジションながらタイムスリップしてきた千早と仲を深めあって作中のカップル状態となったが、死を乗り越えるかわりに記憶喪失となり、記憶を取り戻しても歴史の表舞台から消えることを選んで、笑顔千早を見送った。

関連データ

コーエー三國志シリーズにおける曹昂の力一覧。

統率 政治 身体 運勢
三國志 61 59 92 61 16
三國志II 59 52 60
三國志III 60 54 50 67 58 19
三國志IV 54 60 53 49 68
三國志V 67 52 43 74
三國志VI 44 65 62 45 84
三國志VII 64 59 46 58
三國志VIII 64 56 53 77
三國志IX 72 60 65 73
三國志X 74 62 68 74 77
三國志11 74 67 66 68 77

関連コミュニティ

関連項目

関連人物
父・母
同母妹
兄弟
  • 曹上
  • 曹勤
  • 曹玹(曹ケン
  • 曹峻
  • 曹幹
  • 曹乗
  • 曹整
  • 曹均
  • 曹徽
  • 曹茂
この記事を編集する

掲示板

  • 41 ななしのよっしん

    2023/12/31(日) 18:41:18 ID: 1tR3HVzZ5S

    >>38
    また、才覚や発展を重要視するなら曹丕を初めとした他の兄弟との事ですが、事績がいので曹昂は不明です
    優れていたかもしれない、劣っていたかもしれない

    ただ曹操曹昂が死ぬ数年前の時点、20歳の時には孝廉で推挙して他の子よりも高い社会的地位を持たせ実績を作らせていました

    子がハタチになるまで見れば、少なくとも曹昂が死んだ時に10歳の子供だった曹丕曹昂評よりも曹操は正確に曹昂の才覚を把握していたでしょうし、その上で後継者として問題ないと考える程度の能力があったという事ではないでしょうか?
    少なくとも正室の子を嫡しの子を後継者にしよう、と考えるほど劣っていたわけではないと思います

  • 👍
    1
    👎
    0
  • 42 ななしのよっしん

    2023/12/31(日) 18:56:06 ID: 1tR3HVzZ5S

    >>40
    どうなんでしょうねぇ
    に忠実なイメージがあるので曹操路線を継承して、同族に権を集中させて族に中枢を担わせていたのではないでしょうか
    その結果、史実より栄えたか、それとも司馬氏の普の様に皇族同士が血で血を洗う争いとなっていたのかは想像がつきません

    曹丕が言う限界に、族を切り捨て自分の皇帝としての立場を安定させる事が出来ないというのがもしあったのだとしたら、族にを持たせる体制になっていたかもしれませんね

  • 👍
    1
    👎
    0
  • 43 名無しさんお腹いっぱい

    2024/01/03(水) 03:41:00 ID: wxJACa5SCm

    >>42
    曹丕の言う限界がどういった物をすのかという事で変わっては来るでしょうね
    それ以前に曹昂自身の事績や評価が少ないというのがありますが。
    ただ>>42さんの仰る通り、ある程度は見えるとは思います。
    外戚排除して自分の元に権を集中して兄弟達は才覚に応じて用いる
    外戚も族も中枢には関わらせずに、自身と直系(男系のみ)に権集中。
    番外的にはなりますがである曹操が考えてた路線またはイメージを踏襲でしょうか

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
山口剛央[単語]

提供: セナヘル

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/19(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/19(金) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP